12345 (評価: 4.12 / 5、票数: 17 票)
Loading...

 

 

イオンJMBカードは、結論から言うと、イオングループのお店でよく買い物をする方のうち、JALの飛行機に「たまに」乗る方や、「ラクしてタダで海外旅行できたりしちゃったらいいなー」なんて考えている不届き者夢のある方にピッタリな、ハイパーおトク メチャ使い心地のいいクレジットカードです。

イオンJMBカードは一言でいうと、お得カードの代名詞であるイオンカードセレクトにJALマイレージバンク(JMB)の機能が合体した構造になっています。

ですから、イオンJMBカードのことをきちんとお伝えするためには、ベースになるイオンカードセレクト自身が持つメリットについてのお話と、それに上乗せされたJALマイレージバンクのメリットについてのお話の両方を、しっかりとしなければなりません。

ところが、ベースになるイオンカードセレクトのメリットだけでもすさまじく多彩なので、それに加えてJALマイレージバンクのおトクと便利がどのように上乗せされているのかまでを同時にお話しようとすると、えらく複雑になってしまいます。

そこで、このページでは、イオンJMBカードにおいて、イオンカードセレクトの上に上乗せされたJALマイレージバンクのおトクとメリットの部分に集中してお話しすることにし、その基礎となるイオンカードセレクトについての詳しいお話は、イオンカードセレクトの解説ページに譲りたいと思います。

ですから、イオンカードセレクトについて、まだあまりよくご存じでないという方は、まずはイオンカードセレクトのすさまじいおトクと便利についてじっくりと解説した、以下のページを先にお読みいただくことを強くオススメします。

てゆーか、読んでね♡

(関連記事)↓↓↓イオンカードセレクトの解説ページはこちら↓↓↓

イオンJMBカード独自のおトクと便利がスゴい

先ほどお話ししたとおり、イオンJMBカードはイオンカードセレクトの上にJALマイレージバンク(JMB)のおトクと便利が上乗せされたところに独自性があるわけなんですが、その独自の「おトク」と「便利」がこれまた素晴らしいんです。

まずは「おトク」の部分から見てみましょう。

イオンJMBカードに搭載されたJALマイレージバンクの「おトク」度が素晴らしく高い

イオンJMBカードは、日常生活のあちこちで、知らないうちにどんどんJALマイルが貯まっていくシステムが採用されています。

この点、イオンJMBカードのベースであるイオンカードセレクトでは、クレジットカード払いをするたびに「ときめきポイント」というイオンカード独自のポイントが貯まるんですが、イオンJMBカードではときめきポイントの代わりにJALマイルが貯まるということです。

そして、このJALマイルは、以下のようにいたるところでザクザクと貯まっていきます。

JALの飛行機に乗るとJALのフライトマイルが貯まる

まず、イオンJMBカードを使ってJAL便のチケットを購入すると、JALのフライトマイルが貯まります。

どれだけ貯まるかはどの便にどのチケットで乗るかによって全く異なってくるので一概には言えないんですが、カンタンに言えば、より遠くに、より高い席で行けば、よりたくさんのマイルが貯まります。

これは普通のJALカードと同じですね。

提携している航空会社の飛行機に乗ってもJALマイルが貯まる

フライトマイルが貯まるのは、JALの飛行機に乗ったときばかりではありません。

世界の航空会社は大きく3つの陣営に分かれて激しい競争を繰り広げていますが、その中でJALは「ワンワールド」陣営に属しています。

ですから、海外旅行や出張などでワンワールド陣営の航空機に乗ったときにも、もちろんJALのマイルが貯まります。

ちなみにワンワールド陣営に属している航空会社は、日本航空のほか、ジェットスター航空(日本)、アメリカン航空(アメリカ)、ブリティッシュ・エアウェイズ(イギリス)、エールフランス(フランス)、キャセイパシフィック航空(香港)、ハワイアン航空(アメリカ)、フィンエアー(フィンランド)、イベリア航空(スペイン)、LATAM航空(チリ)、アラスカ航空(アメリカ)、マレーシア航空(マレーシア)、カンタス航空(オーストラリア)、カタール航空(カタール)、エミレーツ航空(アラブ首長国連邦)、ロイヤルヨルダン航空(ヨルダン)、S7航空(ロシア)、スリランカ航空(スリランカ)です。

どれも乗客からの評価が高い一流の航空会社です。

だから、快適な旅行をすること自体でJALマイルをザクザクと貯めることができますし、貯まったマイルを使ってさらにもう一回、海外旅行するなんていう、夢のマイラー生活もできてしまいます。

恐るべし。

旅行先のホテルや温泉、旅の準備でもJALマイルが貯まる

イオンJMBカードのJALマイレージバンク機能は、もちろん、飛行機に乗ったときにだけJALマイルをもらえるというようなショボいものじゃないですよ。

旅行をするときには素敵なホテルや旅館に泊まったり、温泉に入ってポカポカくつろいだりしますよね。

また、旅行に行く前にもその準備のためにいろんなものを買ったりもします。

そうすれば、当然それなりの額のお金も使うことになりますが、どうせお金を使うならおトクに使いたいですよね。

その点、イオンJMBカードではクレジットカードで支払いをするだけで、JALマイルがドンドン増えていきます

だから、旅行の準備や旅行の途中であれこれ快適に楽しんでいる間に、次の旅行のためのJALマイルが着々と貯まっていくわけです。

日々の買い物でクレジットカード払いをしてもJALマイルが貯まる

もちろん、旅行の準備や旅行中以外の日常生活でも、イオンJMBカードを使って支払いをすれば、もうそれだけで、JALマイルが貯まっていきます。

200円のお買い物で1マイル貯まりますから、標準的な特典航空券利用での価値をとらえて1マイル=2円で換算すると、おおむね1%もの高い還元率で、JALマイルが貯まり続けます

あなたがするべきことは、お金を払うときに、できるだけクレジットカード払いをすることを心掛けるだけ

そうするだけで、今日も、明日も、あさっても、あなたのJALマイレージバンク口座には、JALマイルが次から次へと泉が湧き出るかのごとく貯まり続けるんです。

電子マネーのWAONを使って支払ってもJALマイルが貯まる

それからもう一つ、大切なことがあります。

イオンJMBカードには、電子マネーのWAONの機能がついているんですが、クレジットカード払いの代わりに、WAONで支払ったときにも、クレジットカード払いのときと同じように、200円の支払いにつき1マイルのJALマイルが貯まるんです。

考えてみれば、せっかくWAONの機能がついているのに、クレジットカード払いをしたときにしかJALマイルがつかないんじゃ、WAONなんて使いたくないと思っちゃいますよね。

その辺りへの配慮が細かいところは、さすがイオンカードというところです。

ですから、WAONが使えるお店では、どんどんワンタッチ支払いをして、ラクして下さいね。

ラクできる上に、JALマイルもきっちり貯まっていきますからね。

マイルパートナーのお店、eマイルパートナーのショッピングサイトでJALマイルの還元率が大幅アップ

おっと、大事なことをいい忘れるところでした。

さっきワタシは、日常の生活で、200円のお買い物をするたびに、1マイルのJALマイルが貯まるっていいましたよね。

ところが、JALが提携する実店舗であるマイルパートナーのお店や、ネット上のお店であるeマイルパートナーのお店では、もらえるマイル数がドドンとアップするんです。

って、マイルパートナーとかeマイルパートナーなんてどこにあるんだよ、少なかったら意味なくない?なーんて思いませんでした?

でも、心配はご無用。

マイルパートナーも、eマイルパートナーも、やたらとたくさんあるんです。

その数、実にマイルパートナーは8,220件、eマイルパートナーは525件。

もう、どのお店がマイルパートナーか、どのショッピングサイトがeマイルパートナーかをいちいち挙げることすら無意味なほど、そこら中にあるという感じです。

有名な大企業から中小企業まで、実にさまざま。

ですから、あなたはふだん、どこがマイルパートナーやeマイルパートナーかを特に意識する必要がありません

普通に生活して、何も考えずにイオンJMBカードで支払っていると、あちらこちらで知らない間にJALマイルパートナーのお店やeマイルパートナーのショッピングサイトに行き当たり、当たり前のように支払額の2%3%などという高い還元率でJALマイルを受け取ることができるでしょう。

これ、とても重要なところです。

ラクしてトクできるのが、一番ですからね。

マスターカードブランドを選べば、海外での利用でさらにマイルが増える

次に、国際ブランドについてもひとつ大事なことを。

イオンJMBカードを検討しておられるあなたなら、海外旅行に行く機会もそれなりにあるんじゃないでしょうか。

それなら、イオンJMBカードを作るときには、マスターカードブランドで作ることをおすすめしますよ。

というのも、イオンJMBカードはVISA、マスターカード、JCBのうち、お好きな国際ブランドで作ることができるんですが、マスターカードブランドで作った方に限り海外旅行でイオンJMBカードを使ったときに、普段のお買い物でもらえるJALマイルに加えて、ボーナスマイルがもらえます

ボーナスマイルは現地通貨を円に換算して200円の利用相当額ごとに1マイルももらえます。

海外旅行では飲食や観光施設でのお買い物などでたくさんのお金を使いますから、マスターカードという世界中にすさまじい数の加盟店をもつマスターカードでお買い物をするたびにマイルを増量してもらえるのは、まるで「おせんべつ」をもらっているようなものですよね。

本当にありがたいことですよ、これは。

貯まったJALマイルはかなり「使える」

どっさり貯まったJALマイルは、いろんなところでリッチに使えますよ。

ざっとおさらいしておきましょう。

JALマイルを使って飛行機に乗れる

JALマイルの使い方でまず最初に思い出すのは、タダで飛行機に乗ることですよね。

特典航空券に交換してタダで飛行機に乗る

JALマイルで一番おトクなのは、なんと言ってもJALマイルを特典航空券に交換することです。

JALマイルから特典航空券への交換比率はざっくり大まかに言って1マイル=2円くらいと考えておけばいいんですが、この比率もどんな時期のどんな座席を選ぶかで、かなり変わってきます。

つまり、JALマイルが何円ぶんの価値を持つかについては多くの要素がからんでいて、一言で表せるようなものではありません。

ですから、ほとんどオタクの域に達しているプロのマイラーの方以外は、大体の感覚で覚えておけば十分です。

具体的には、

  • お盆や正月、ゴールデンウィーク等の繁忙期の便では交換比率が悪くなり、オフシーズンの便では良くなる
  • エコノミークラスの座席を取れば交換比率が悪くなり、ファーストクラスやビジネスクラスの座席を取れば良くなる

ということです。

2つ目については意外かもしれませんが、本当にそうなんですよ。

例えば、オフシーズンに、JALマイルをビジネスクラスの特典航空券に交換すると、1マイルあたり5円~10円くらいの価値になることだってあります。

逆に、繁忙期に、JALマイルをエコノミークラスの特典航空券に交換すると、1マイルあたり1円程度になったりもします。

ですから、JALマイルを特典航空券に交換するなら、時期と座席をよく考えてGETするといいですよ。

もちろん海外旅行にもタダで行ける

もちろん、JALマイルは国際線の特典航空券にも交換することができます。

それもJALの国際線の航空券ばかりでなく、さっきお話ししたワンワールド陣営の他の航空会社の特典航空券にも交換できます。

ですから、憧れのあの国にも、ほとんどお金をかけずに旅行できたりします。

実際、そうしている方もたくさんいますよね。

海外旅行にタダで行く

なんて素敵な響きだろうと思いませんか?

eJALポイントに交換して有効期限を延ばすテク

JALマイルを旅行のために使うにはもう一つ、方法があります。

それは、JALマイルを一旦、eJALポイントというJALマイルとは別の、インターネットで使えるポイントに交換してから、それを特典航空券やツアー代金の購入に充てるというものです。

でも、なぜそんな面倒なことを?

JALマイルから特典航空券に直接交換したらいいじゃん!って思いませんか?

実は、こうすることで、JALマイルの有効期限を1年先延ばしにできるという大きなメリットがあるんです。

つまり、JALマイルには36ヶ月間の有効期限があるんですが、その有効期限が来る前に特典航空券に交換して旅行に行くことが難しいことだってありますよね。

例えば、仕事が忙しすぎたり、体調が悪かったり、行きたい旅行に必要なだけのJALマイル数に少し届いていなかったり・・・

そんなときは、36ヶ月間のJALマイルの有効期限を過ぎる直前に、JALマイルをeJALポイントに交換してください。

そうすれば、eJALポイントはその時点から12ヶ月間の有効期限を得ますから、実際の感覚としては、JALマイルの有効期限を1年延ばすことができたということになるんです。

このテクニックを知っているのと知らないのとでは、大違いですよ。

eJALポイントへの交換をうまく活用して、じっくり多くのJALマイルやeJALポイントを貯めた上で、ドカンと豪華な旅行を楽しんで下さいね。

座席をアップグレードしてセレブ風な旅行を優雅に体験できる

そうそう、JALマイルの使いみちとしては、ただ特典航空券やツアーに交換するだけでなく、すでに予約している国際線の座席をアップグレードすることもできますよ。

長距離路線にいざ乗るときになって少し疲れていたり、旅行中に気が変わってもっと豪華なフライトを楽しみたいと思ったならば、JALのウェブサイトや電話の問い合わせ窓口、空港のカウンターなどで、アップグレードの申請をしてみて下さいね。

飛行機に乗る以外の特典に交換できる

イオンJMBカードを使って毎日お買い物をし、JALマイルをたんまり貯めたけど、飛行機に乗ること以外でも使いたいなあという方には、ほかにもいろんな使いみちが用意されていますよ。

JALの商品交換サイトから、素敵な商品に交換できる

まず、JALマイルを直接使う方法として、「JALとっておきの逸品」や「JALふるさとからの贈り物」というマイル交換用ギフトサイトで、グルメや期間限定で販売している商品、全国にゆかりのあるさまざまな商品やサービスと交換することができます。

これだと貯まったJALマイルを無駄なく使うことができますね。

JALクーポンに交換して旅行代金の足しにできる

次に、JALマイルはJALクーポンという紙の金券に交換することで、これまた航空券、ツアー、ホテルの宿泊代金、レストランでの食事の支払いに使うことができます。

これもeJALポイントと同じく、引き換え申し込み受付日の翌月から数え、その月を含めて13カ月後の月末に有効期限が設けられますので、実質的にはJALマイルの有効期限を約1年、延長する効果があります。

JALクーポンはJALマイルやeJALポイントと違って実店舗で使える紙の金券ですから、特典航空券に交換するばかりでなく、よりたくさんのJALの提携店で利用することができ、便利です。

これもうまく利用して、タダで楽しい旅行や食事をしたいですね。

WAONに交換して現金と同じように使える

以上のように、JALマイルは、eJALポイントやJALクーポンに交換して利用できることまで考えると、すでに相当いろいろな場所で使える便利なものです。

でも、特典航空券への交換、マイルパートナーのお店、eマイルパートナーのショッピングサイト、マイル交換用ギフトサイトなどだけでは、まだ使いみちを見いだせないことが、ときにはあるかもしれません。

旅行に行きたいわけでもないし、JALとっておきの逸品やJALふるさとからの贈り物でも好みの商品が見つからないぞ!うーん・・・ということだって考えられますからね。

でも、そんなときでも大丈夫。

イオンJMBカードを持っていれば、JALマイルを、イオンの電子マネーであるWAONに交換することができます。

交換レートは1万JALマイル=1万WAONです。

1万マイルを1万1000マイルに交換することができるキャンペーンをやっていることもよくありますから、タイミングを見計らって交換するとおトクですよ。

ちなみに、これとは反対にWAONをJALマイルに交換することもできますが、こちらは交換レートがかなり悪くなるのでワタシはオススメいたしません。

チャリティ・マイルに参加できる

ここまでは、JALマイルを何かしら楽しいことのために使うことについて説明してきましたが、実は貯まったマイルを使って世の中に貢献することだってできるんです。

というのも、JALでは、企業による社会的な責任(CSR=Corporate Social Responsibility)を果たすための活動として、マイルを利用したチャリティ企画を常に行っています。

たとえば近いところでは、東北や熊本、北海道などの震災における被災者への支援、フランスのノートルダム大聖堂の火災における再建支援、インドネシアの震災・津波被害への支援、乳がん早期発見・早期治療啓発のためのピンクリボンなどのように、社会的に大きな意味のある問題に対して、あなたが貯めたマイルで寄付をすることができるんです。

JALマイルが貯まっちゃったけど、自分が無理に遊ぶ必要もないな~という方は、こういう形で負担なく世の中の役に立つことができるので、これもまた素敵なJALマイルの使い方として覚えておいて頂けたらいいなと思います。

年会費が無料なので、JALカードよりも確実におトク

これだけJALマイルが貯まり、あちこちで使いやすいイオンJMBカードですが、なんと年会費まで無料です。

実はこれ、イオンJMBカードが、イオングループによって企画・発行されているイオンカードのファミリーだからこそできることなんです。

イオンカードは原則として年会費が無料ですからね。

これに対し、JALが中心となって企画されているJALカードのファミリーであれば、ほとんど確実に、2000円以上の年会費がかかってきます

もちろん、JALの飛行機にガンガン乗るヘビーユーザーの方であればJALカードを作ったほうが、速くマイルを貯めることができますが、たまの旅行でJAL便に乗るだけであって、かつ、イオングループのお店をよく利用する方であれば、年会費無料のイオンJMBカードほうが圧倒的にメリットが大きいのは間違いありません。

イオンJMBカードに搭載されたJALマイレージバンクの機能は、おトクなだけでなく悶絶するほど「便利」でもある

ここまで、イオンJMBカードに付されたJALマイレージバンク(JMB)のおトクさについてずっとお話してきましたが、イオンJMBカードはおトクというばかりではなく、実はすさまじく便利なんです。

一度体験するともう離れられないくらい便利で、悶絶するレベルです。

すでにJALマイレージバンクのカードを持っていれば、イオンJMBカードに統合できる

イオンJMBカードを作ろうかと考えている方であれば、もともとJALの飛行機にはときどき乗るということで、すでにJALマイレージバンクのカードを持っていらっしゃることも多いんじゃないでしょうか。

そんな方なら、イオンJMBカードをもう一枚作ることでまたJALマイレージバンクのカードが増えちゃうよ!って思われるかもしれません。

でも大丈夫。

イオンJMBカードを申し込むときに、今まで使っていたJALマイレージバンクカードの「お得意様番号」を入力しておけば、新しくできたイオンJMBカードにはこれまで使っていたJALマイレージバンクのお得意様番号が登録され、引き継がれますから、頑張って貯めてきたJALマイルだって、一切ムダになりません。

だから、イオンのお店でJALマイルを貯め、JALの飛行機に乗ってまたJALマイルを貯めるというJALマイルおトク生活が、イオンJMBカード一枚を持っているだけで、いともカンタンに実現できてしまうんです。

ちょいとタッチするだけで飛行機の中までゴーできる、タッチアンドゴー

それから、JALマイレージバンクの便利な機能として特に忘れてはいけないのがタッチアンドゴー

タッチアンドゴーとはなんぞや?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これがまたすこぶる便利で快適な機能なんです。

というのも、イオンJMBカードを持っていれば、紙のチケットを用意する必要がなく空港でチェックインのための手続きもいらず手荷物検査のときも、実際に飛行機に乗るときもカードをかざすだけでよく、まるで電車に乗るときにICカードでピッと改札を抜けるのと同じように、飛行機に乗れてしまうんです。

チェックイン手続きって、面倒ですよね。

大荷物をかかえて行列に並んでチマチマ機械を操作して・・・

時間にゆとりのあるときならまだしも、空港に到着するのがギリギリの時刻になってしまったときなんかは、特に焦ります。

でも、タッチアンドゴーが使えるイオンJMBカードのユーザーなら、空港についたらすぐ、保安検査場にツカツカと歩いていき、端末にカードをピッとかざし、保安検査の機械に荷物を通して自分もX線検査機のゲートをくぐったら、あとは微笑みをたたえながらゆったりと飛行機に乗り込むだけ。

飛行機に乗り込むときだって、もちろん同じカードを端末にかざすだけですよ。

感動的ですらあります。

一度タッチアンドゴー体験をしてしまったあなたは、決してもとには戻れないでしょう。

あ、もう一つ大事なことを。

イオンJMBカードは、Apple Payにも対応していますから、iPhone7以降のユーザーの方なら、そもそもカードを出さずとも、iPhoneひとつあれば、飛行機に乗れちゃいますよ。

衝撃的ですよね。

少しだけ変更されたイオンカードセレクトの機能

イオンJMBカードのベースになるのはイオンカードセレクトだとお話ししましたが、JALマイレージバンクの機能をそれに上乗せするにあたり、いくつか必要な変更がなされています。

クレジットカード機能の変更点

貯まるのはときめきポイントではなく、JALマイル

これまでにもずっとお話してきましたが、イオンカードセレクトではクレジットカード払いをしたときに貯まるポイントはイオンカード独自の「ときめきポイント」ですが、イオンJMBカードですが、イオンJMBカードで貯まるポイントはJALマイルです。

そもそも、これがイオンJMBカードの目的の一つなわけですから、当然ですよね。

ただ、イオンカードセレクトの場合、イオングループのお店でクレジットカード払いをしたときに、ときめきポイントが2倍になるサービスがあるんですが、イオンJMBカードではそもそもときめきポイントが発行されないので、このサービスは適用されません。

でも、その代わりに、さっきお話したマイルパートナーのお店やeマイルパートナーのショッピングサイトでのマイル還元率のアップがあるというわけですね!

ただ、やっぱり私はJAL便に乗るときやJALと提携したお店でのメリットよりもイオングループのお店でのメリットを最大化するほうがいいわ、という方は、イオングループのお店でのときめきポイント2倍のメリットを得られるイオンカードセレクトを選んだ方がいいでしょう。

その上で、JALマイルは普通のJALマイレージバンクカードで貯めればよいことですからね。

イオンゴールドカードの招待状は来ない

それから、イオンカードセレクトの場合、しっかりとクレジットカードを使い、よい利用履歴を積み上げていけば、やがて無料のゴールドカードとして人気の高い「イオンゴールドカード」をつくるための招待状(=インビテーション)が送られてきます。

でも、残念ながらイオンJMBカードではこの招待状は送られてきません。

クレジットカードの機能や構造が異なりますからね。

これは仕方がないでしょう。

ですから、どうしてもイオンゴールドカードが欲しいんだ!という方は、イオンJMBカードではなく、イオンカードセレクトを作り、これとは別にJALマイレージバンクカードを作ってJALマイルを貯めていくことをおすすめします。

WAON機能の変更点

また、イオンJMBカードにはイオンカードセレクトと同じく、電子マネーWAONの機能がついていて、らくらくワンタッチ支払いができたり、オートチャージができたりしてとても便利です。

イオンカードセレクトでは、WAONにクレジットカードを使ってチャージしたときにときめきポイントが貯まっていきますが、イオンJMBカードでは残念ながら貯まりません。

イオンJMBカードで貯まるのは、ときめきポイントではなく、JALマイルですからね。

ちなみに、WAONにチャージやオートチャージしたときには、ときめきポイントだけでなく、JALマイルも付かないことになっていますから、イオンJMBカードでは、基本的にはWAONではなく、後払い式の電子マネーであるiDを使ったほうがいいですね。

イオンJMBカードでiDを使うためにはイオンiDというiD専用カードを発行してもらい、イオンJMBカードにひも付けて使うことになりますから、イオンJMBカードを申し込むときの画面で、同時に申し込んでおくといいですね。

これなら、電子マネーのラクさを楽しみながら、JALマイルまでしっかり貯まっていくので、一番ラクでおトクな方法と言えるでしょう。

なお、電子マネーのiDを使ったときにJALマイルが貯まるクレジットカードは、実は、あらゆるクレジットカードの中でこのイオンJMBカードだけですから、この点でもとても価値があると思いますよ。

大切なことなのでもう一回言いますが、ここまで話したのは上乗せ部分についてだけです

いやー、結構あれこれとお話ししてきましたが、最初にもいいましたように、このページでお話したことは、ベースであるイオンカードセレクトの上に、さらに上乗せされたJALマイレージバンクのおトクで便利な機能の部分のことだけなんです。

ここに書いていないベース部分、つまりイオンカードセレクトのすさまじいメリットについては、ごく一部のやむをえずに変更された部分以外、すべて当然にあなたのものになります。

なんだか大盤振る舞いすぎて、ちょっと頭がおかしくなりそうですが、日本一の流通企業であるイオングループと日本のフラッグシップキャリアである日本航空がタッグを組めば、こんなに凄まじいメリットを持ったクレジットカードができてしまうということです。

このメリットにあやかれる、これに「気づいた」あなたは、本当にラッキーだし、とても賢人だと思いますよ。

世の中にはこんなに素晴らしいものがあっても、「気づき」がない人は、そのメリットにあやかれないんですからね。

最大4000円分のWAONがもらえるキャンペーンを逃すとそりゃ損でしょうに

最後になってしまいましたが、なんと今、イオンJMBカードでは新規の申し込みキャンペーンとして、電子マネーのWAONを最大4000円分ももらえてしまうそうです。

4000円分のWAONといえば、結構なお買い物ができますよ。

イオンのお店やコンビニやまいばすけっとやオリジン弁当なんかで4000円の買い物をするって考えたら、結構なものが買えますもんね。

でも、キャンペーンなんて、かつてのPayPay祭りのときのように、企業の予算が消化されれば途中でもあっさり止まったりしますから、まあ、もらえるときにササッともらっとくのがいいんじゃないでしょうか。

うかうかしてるうちにキャンペーンが終わってもアホらしいですしね。