amazonだけで得するようなカードではなく、いつでもどこでもお得なカードのほうがいい方は、下のランキングから探すのが良いでしょう。

        ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

カードの特徴別のランキングで検討してみると、「良いカード」が見えてきますよ! creditcard7 creditcard2

 

ネット通販の巨人、アマゾンが、日本のクレジットカード界の雄、三井住友カードと提携して発行しているのが、このアマゾンマスターカード。

アマゾンマスターカードがあれば、ただでさえ便利なこと極まりないアマゾンでの買い物がさらにお得で便利になります。

どれだけ便利でオトクなのかって?

とても高いポイント還元率

たとえば、アマゾンでの買い物をするときに、購入代金の1.5%(アマゾンゴールドカードなら2%)もの非常に高いポイント還元をしてもらえる上に、アマゾン以外での支払いのときも、1%もの高い還元率でポイントをもらえます。

アマゾンプライムが無料

また、アマゾンゴールドカードを選択すれば、本来なら年会費が3,900円もかかる「アマゾンプライム」が、なんと無料で提供されます。

今すぐカードを使える!

また、今すぐアマゾンで買い物をしたい!でもこのアマゾンカードの高いポイント還元も、今すぐに受けたい!という方のために、なんと、インターネット上でクレジットカーの番号をすぐに発行してもらえる、「即時審査サービス」まであります。

即時審査は3分ほどで完了します。

即時審査サービスで無事に審査を通過すれば、カード番号がすぐに通知されますので、カードの現物が家に届いていなくても、まさに「今すぐ」、アマゾンで、お得な買い物ができるんです。

秀逸でしょ?

貯まったポイントは現金と同じように使える

このようにお得な買い物を通じて貯まったアマゾンポイントは、アマゾンでのお買い物のときに、1ポイント=1円として使うことができます。

現金と同じです。

アマゾンマスターカードのスゴイところは、普通にアマゾンで買えばアマゾンポイントの対象にならない商品を買ったときでも、しっかりアマゾンポイントが付くというところです。

全くの値引き0なのか、毎回1.5%~2%もだまって値引きしてくれるのか、その差は非常に大きいです。

年会費は実質無料

アマゾンマスターカードクラシックの場合、前年度に1回でもカードを利用すれば、翌年の年会費は無料になります。

アマゾンでの買い物でなくても構いません。

アマゾンゴールドカードについては年会費は10,800円ですが、一定の条件をクリアすれば、最大6,480円も割引してもらえ、年会費は4,320円になります。

その条件も、マイ・ペイすリボに登録して年1回以上カードを利用することと、Web明細書サービス(無料)への登録だけであり、とても簡単。

マイ・ペイすリボというのは自動リボ払い設定のことですが、例えば、その月の支払いが◯◯円以上になったらリボ払いにする、などと登録するものです。えー、リボ払い?金利が高いんじゃないの?などと思われるかもしれませんが、例えば、毎月の支払額を70万円、など高めにに設定しておけば、70万円になるまでは、普通の一括払いと何も変わらず、リボ手数料もかかりません。

よって、全くのノーリスクです。

さらに、アマゾンプライム(3,900円)が無料になることを踏まえれば、実質的な年会費は4,320円-3,900円=420円ということになります。

つまり、ノーリスクで、財布の中でキラリと光るゴールドカードを持つことができ、その年会費も、ゴールドカードとしては破格の、実質420円です。とてもおいしい話です。

アマゾンで、年に1回でも買い物をする方は、ポイント還元率が高いゴールドカードのほうがお得です。絶対。