12345 (評価: 4.48 / 5、票数: 25 票)
Loading...

 

 

ANA JCBカードの本題に入る前に、大切なことをひとつ。

ANA JCBカードを作ってチョイと使うだけでハワイ往復をもらえるらしい

ANA JCBカードで、すさまじいキャンペーンをやってます。

キャンペーン対象になっているANA JCBカードに入会し、いくつかの条件を満たすと、最大で56,500マイル相当のOki Dokiポイントをポンともらえるそうです。

これって航空券に交換すると、ハワイ往復と同等だそうで。

ハワイにタダで行けるやーん!

そりゃー、これを見逃す手はないですよね。

キャンペーンなんて、予算があるときだけの水物ですから、とりあえず権利だけでも確保しておくべきだと思われます。

ANA JCBカードは、キャンペーンがなくても、そもそも極めて優秀

それはさておき。

そんなキャンペーンをやっていなくても、ANA JCBカードは極めて優秀なANAカードであることは間違いありません。

ANA JCBカードにはANAカード共通のメリットと、JCBカード独自のメリットの両方があるんですが、ANAカード共通のメリットについてはANAカード全体についての解説ページにゆずり、このページではANA JCBカード独自の共通メリットについて解説していきますね。

ANAカード共通のメリットについてまだ詳しくないという方は、まずはANAカード全体についての解説ページをご覧になることをオススメします。

(関連記事)

ANA JCBカード独自のメリットが素晴らしい

さて、ANAカード独自のメリットや特典だけでも相当に素晴らしいとものだということについてはご理解いただいていると思いますが、ANA JCBカードでは、さらにJCBカード独自の素晴らしい特典が、これに上乗せされるんです。

メリット1:JCBのOki Dokiポイントも、当然、いつでも貯まり続ける

まず、JCBカードでは、何かを買ったときの支払いにJCBカードを使うと、JCB独自のポイントであるOki Dokiポイントというポイントが、おおむね0.5%の還元率でもらえます。

ANA JCBカードでは、お買い物をしたときにANAマイルがもらえる機会がよくありますが、だからといってOki Dokiポイントがもらえなくなるわけではありません。

Oki DokiポイントはJCBカードが使えるお店ならどこででももらえるポイントですから、ANA提携店でないお店でお買い物をしたり、飲食をしたときでもしっかりと貯まっていきます。

当然、ANAマイルの上への上乗せです。

そうすると、たとえばANAマイルがもらえるお店でお買い物をした場合、0.5%~2%程度の還元率でもらったANAマイルと、0.5%の還元率でもらったOki Dokiポイントで、合わせて1%~2.5%という高還元率でお買い物ができることになります。

特に値切ったりもしてないのに、だまって2.5%も値引きしてもらったら、嬉しいですよね。

メリット2:Oki Dokiランドでポイントが数倍に

また、JCBカードのすごいところは、ネットを利用したお買い物で、Oki Dokiポイントが爆発的に増えるとというところです。

爆発的にってどれくらいだよって思われるかもしれませんが、なんと2倍~20倍(!)に増えます。

むちゃくちゃでしょ?

で、どうやったらそんなに爆発的にOki Dokiポイントをもらえるかというと、JCBが運営するOki Dokiランドというウェブサイトを一度訪れてから、そこにあるリンクを経由して、各ショッピングサイトやホテル・レストランなどの予約サイトに行き、お買い物をするだけです。

ANAカードの特典としてついていた、ANAマイレージモールの利用方法と同じですね。

ただ、Oki DokiランドはANAマイレージモールよりもはるかにたくさんのショッピングサイトと提携しており、ANAマイレージモールにはないアマゾンなども含まれるので、とても便利です。

おそらく普通の方が思いつくようなショッピングサイトはすべて網羅していると思われますので、お買い物をするときにはANAマイレージモールとOki Dokiランドの両方を探してみて、ポイントの倍率が大きい方を経由してお買い物をするのが上手な買い物のやり方だと思いますよ。

メリット3:ANAマイルに交換できる

さらに嬉しいのは、Oki Dokiポイントは、ANAマイルに交換できるんです。

飛行機に乗って直接貯めたり、ANAカードマイルプラス加盟店やANAマイレージモール経由でのネットショッピングで貯めたり、ボーナスポイントをもらったりしてたんまり貯め込んだANAマイルに、さらにOki Dokiポイントから交換したANAマイルを上乗せすることができるってことです。

そりゃ、ANAマイルがむちゃくちゃ貯まるよって、思いません?

メリット4:ANA QUICPay+nanacoを使ってラクした上に、さらに貯まる

ANA JCBカードはそれだけで便利かつおトクなんですが、ANA JCBカードの保有者に限りさらに便利な上に、ポイントがドンと増えるアイテムをもらえます。

その名も、ANA QUICPay+nanaco

下の公式ページの写真を見てのとおり、ANAの飛行機の翼をかたどった、かっこいいICキーホルダーです。

 

このキーホルダーには全国の津々浦々にあるセブンイレブンで使えるnanacoと、今では日本中のいたるところで使える後払い式電子マネーのQUICPay、ANAスキップサービスの3機能が搭載されいています。

日常のお買い物のときにも、飛行機に乗るときも、いちいち財布やパスケースを出す必要などなくなります。

キーホルダーをかばんのひもにつけて内側に垂らしておけば、それを引っ張ってピッとかざすだけで、支払いも飛行機への搭乗も完了します。

やたらとスマートです。

スマートなばかりじゃありませんよ。

nanacoで支払えばnanacoポイントがどんどん貯まるし、QUICPayで支払えば、JCBのOki Dokiポイントが貯まります。

nanacoポイントもOki Dokiポイントも、ANAマイルに交換できますから、さらにおトクになるわけです。

ラクな上にトク。

最高です。

メリット5:付いてる保険が素晴らしい

旅行といえば、ケガをしたり、病気になったり、盗難にあったり、大切なものをなくしたりする確率がグーンと上がるのは周知の事実。

不慮のトラブルで航空機が動かなって予想外の出費がかさむことだってよくあります。

やはり、いつもと違う環境に身をおくわけですから、それ自体は致し方ない側面もあります。

そこで大切なのは、それを見越した保険をきちんとかけておくこと。

ただ、保険は結構高い金融商品ですから、できれば改めて買いたくないですよね。

その点、ANA JCBカードでは、カードのグレードに応じて内容は異なりますが、それぞれのグレードにおいて、極めてコストパフォーマンスに優れた傷害保険や盗難保険がつけられています。

詳しくは各ANA JCBカードごとの解説ページに委ねますが、結論だけ言えば、ANA JCBカードを選んでおけば、「支払った価格以上の安心と補償」を得られることは間違いありません。

そこはさすがに、日本を代表する国際ブランドJCBの面目躍如と言ったところです。

メリット6:Apple Payも、Google Payも

近年、急速にスマホを用いた支払い方法が普及していますよね。

これまでも交通系の電子マネーなどで、その便利さを実感してきたところです。

特に、AppleやGoogleが出してきた、Apple PayやGoogle Payの勢いはすさまじいものがあります。

電子マネーはもちろんのこと、普通のクレジットカードでの支払いまで、ケータイをかざすだけで完了してしまうという、驚愕の便利さで、一気に支払い市場を席巻しつつあります。

一度使うともう、戻れないレベルの便利さです。

クレジットカード情報も、ケータイで写真を取るだけのカンタン操作。

まさに、快適。

ANA JCBカードは、もちろんApple PayにもGoogle Payにも対応済みですから、iPhoneの方もAndroidの方も、あっという間に使い始めることができます。

もちろん、電子マネーばかりでなく、スキップサービスもケータイ一つでOKですよ。

他の人が財布からクレジットカードをモタモタ出している間に、あなたはいつものケータイで、ピッ。

アッという間に支払いもチェックインも、搭乗もおしまいです。

かっこよし。

どの種類のANA JCBカードを選べばよいかは、あなたがいま持っているニーズ次第

まず、あなたが学生さんなら、迷わずANA JCBカード(学生用を選んで下さい。

次に、あなたが29歳以下で旅行好きという方であれば、ANA JCBカード ZEROがお得でしょう。

30歳をすぎれば、ANA JCB一般カードがあらゆる場所で活躍してくれるでしょう。

もっとも、あなたが関東の私鉄沿線や地下鉄が最寄り駅という場所にお住まいであったり、ご勤務しておられるなら、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)はやたら便利だし、ちょっと電車で移動するだけで、知らない間にポイントがザクザク貯まりますし、当然、そのポイントはANAマイルにもう交換できます。

もっと積極的に旅行するからなら、ANA JCBワイドカードがいいですね。

さらに良い待遇を受けたり、ANAマイルをたんまり貯めて、安くあちこち旅行したいというコタであれば、ANA JCBワイドゴールドカードがふさわしいと思います。

ANA JCB ワイドゴールドカードでみっちりANAカードを使い込んだら、目指すはANA JCBカードプレミアムです。

旅のあちらこちらで素晴らしいホスピタリティを得ながら、素敵な旅人生をあゆみ続けたいですね。