ANAの飛行機によく乗るからANAカードが欲しいんだけど、マイルが一番貯まるヤツがいいし、空港ラウンジも使いたいし、旅行保険も一般カードレベルじゃちょっとねー、と思っていらっしゃる方は結構多いのでは?

そんな方がまず選択肢として考えるべきなのは、ANAカードの上級版であるANAゴールドカードでしょう。

もっとも、ANAカードというのは、ANAと提携したいろんなクレジットカード会社がそれぞれに発行しているANA提携カード(例えばANA JCBカードやANA VISAカード、ANAアメックスカードなど)の総称なので、ANAゴールドカードにもいろんな種類があります。

でも結論から言ってしまうと、ANAマイラーにとって一番コスパが高いのは、三井住友カードから出ている、三井住友ANA VISA/Masterワイドゴールドカードです。

というより、ズバリ言ってしまえば、「ANAマイルを効率よく貯める」という目的を一番に考えたとき、あらゆるクレジットカードの中で最強なのが、この三井住友ANA VISA/Masterワイドゴールドカード(VISAかMasterかはどちらを選んでも同じ)と言っていいです。

それも圧倒的に。

あ、でも、ANAカードのゴールドカードを作ることはすでに決めていて、国際ブランドだってすでにJCB、アメックス、ダイナースのどれかに決めてるんだよ、って方はそちらで作ってくださいね。好みもありますし。

ただ、お得なクレジットカードの追求をすることが目的の当サイトでは、ANAマイルを貯めるのに最強のカードである、三井住友ANA VISA/Masterワイドゴールドカードのことを中心に解説していくことにしますね。

マイルを貯めるなら効率よく貯めたくない?

このページに来た方は、みなさん一応ANAのゴールドカードに興味があるんだと思いますが、今までに使ってたカードってどんなのでしたか?

やっぱりANAカードの一般カードの方が多いんでしょうか。

それでアップグレードしようと思って検索したんじゃないでしょうか。

もしそうだとしたら、ANAカードの一般カードって、ちょっとだけ不満がありませんでしたか?

そう、実は私もそうだったんです。

私は三井住友ANA VISA一般カードを以前使ってたんですが、カードを使って貯めたポイント(三井住友カードなのでワールドポイントですね!)をANAマイルに交換するとき、やっぱりレートのいいワールドポイント1ポイント→ANAマイル10マイルのコースを選びたかったんです。でも、それを選ぶとマイル交換手数料として、税込で6480円も取られちゃうんですよね。

ところが、それがイヤだからって手数料を払わなくてもいいコースを選ぶと、なんとマイル交換レートが半減して、ワールドポイント1ポイント→ANAマイル5マイルになってしまう、と。

ワールドポイント1ポイントでANAマイルを5マイルしかGETできないのは納得できないし、かといって10マイルコースを選んでマイルに交換するだけで毎年6480円も取られちゃイヤですよね。やっぱり。

それで、悩ましいので、私はいろいろ研究しました。

なんとか最高の効率でANAマイルをゲットしながら、マイルを獲得するための実質的なコストを最小にする方法はないか、と。

・・・・・そして、とうとう見つけました。

三井住友ANA VISA/Masterワイドゴールドカードを使えば、カード利用額の3.4%という超高還元率でANAマイルをGETできるということを。(※1マイル=2円換算で計算した場合)

どうやって3.4%の最強マイル還元率をGETする?

実は、3.4%の超高還元率でマイルをGETするのはそれほど難しくなく、以下の3つの手順を踏むだけでした。

手順1:マイ・ペイすリボを使って、10円程度の手数料を払う

おい、マイ・ペイすリボってなんだよって思われたかもしれませんが、要するに三井住友カードのリボ払いサービスの名前です。

リボ払いというと、毎月のカード利用額がいくらでも、支払い額は毎月同じになるという定額払いサービスですね。

毎月の負担が一定になるので、月々の負担感はとても小さく便利なんですが、支払いがどんどん後に繰り延べされていって、金利がとても高くなるというリスクもあります。

こんな内容のマイ・ペイすリボですが、三井住友カードではマイ・ペイすリボ登録をしてほんの少しでも手数料が発生すれば、もらえるポイントが2倍になって、年会費も安くなるという特典がついてきます。

まず、これは必須です。必ず登録してください

なに、手数料は心配ありません。

毎月ほんの2~3分だけ使って、以下の手続きをするだけで手数料は10円程度で収まります。

マイ・ペイすリボの手数料を極小化するテク

  1. マイ・ペイすリボでは毎月の支払い額を予め決めておきますが、これを毎月自分が使う額の7割くらいの金額に設定してください。
  2. 毎月の請求額確定の連絡メールが来たら、三井住友カードのウェブサイトにログインして、マイ・ペイすリボの支払い金額変更コーナーで実際に確定した額よりもほんの少し下に支払い金額を臨時で増減してください。

ほら、カンタンでしょ?

1.で毎月利用する予定額の7割程度にしておくのは、もし2.の臨時増減をうっかり忘れてしまったときに、高すぎる手数料を支払う羽目にならないようにするための保険です。

そんな保険なんていらないよ、って方は、毎月の支払い額を最低額にしておき、毎月の支払額の臨時増額を確実にしさえすればそれでOK。

請求額の確定はメールで通知が来るようにできるので忘れることはないし、手続き自体も2~3分あれば十分なので、トイレに座っている間にスマホをチョイチョイッといじればそれでOK。楽勝です。

たったこれだけで、ポイントが2倍になって、年会費まで安くなるのだから、お安い御用でしょう。

手順2:ワールドポイントをANAマイルに交換する

ANAマイルへの交換は、原則として「10マイルコース」で

三井住友ANA VISA/MasterワイドゴールドカードでANAマイルを貯めるときは、原則として、貯まったワールドポイントをそのまま「10マイルコース」でANAマイルに交換します。このコースだとワールドポイント1ポイントにつき、ANAマイルが10マイル獲得できます。

これにより、ポイント還元率はまず2%になります。

もしこれがゴールドカードでなく、一般カードなら、10マイルコースを利用するのに税込6480円もの手数料が取られてしまいますが、三井住友ANA VISA/Master ワイドゴールドカードなら手数料はなんと無料です。これ、メチャ大きいですよ。

ボーナスポイントのANAマイルへの交換は例外的にソラチカ迂回ルートで

実は、三井住友ANA VISA/MASTER ワイドゴールドカードでもらえるワールドポイントには、カード利用をするたびにもらえる通常のワールドポイントのほかにボーナスポイントというのがあります。ボーナスポイントというのは、年間の利用額に応じて臨時でもらえたり、キャンペーンでもらえたりするポイントです。

このボーナスポイントなんですが、ANAマイルに交換するときには10マイルコースを用いることができず、1ポイント=3マイルという低いレートにされてしまいます。

そこで、少しでも高い交換レートでANAマイルをGETするために、このボーナスポイントをGポイントという共通ポイントを経由させた上でメトロポイントに移行し、ソラチカカードという別のもう一枚のカードを使ってメトロポイントからANAマイルに交換するという迂回ルートをとります。

こうすることで、ボーナスポイント1ポイントあたり、4.455マイルに交換レートを上げることができます。計算は少しややこしいですが、これは1マイル=2円で換算すると、ボーナスポイントはおよそ0.9%の還元率になります。

したがって、通常のワールドポイントからANAマイルに交換したものと、ボーナスポイントをANAマイルに交換したものを合わせると、この時点で2%+0.9%=2.9%の超高還元率になりますね!

なお、三井住友ANA VISA/Masterワイドゴールドカードを使い始めてから1~2年後くらいからマイル交換の手続きを始めることになりますので、その時期までに、ソラチカカードも作っておいてください。

また、ソラチカカードは支払いには使わず、ボーナスポイントのマイル交換のときにだけ使うカードになりますので、カードを発行した後は、机の引き出しにでも放っておいてくださいね。

手順3:年間300万以上のカード利用

ごめんなさい。

さっき私は、3.4%の還元率をGETするのはさして難しくないと言いましたが、さすがに年間300万円(月間25万円)のカード利用はちょっとハードルが高いかもしれませんね。

個人事業主さんで事業経費なんかも混ぜ込まれちゃってる場合は結構いけるかもしれませんが、普通の生活費決済だとなかなか難しいかもしれません。

まあ、それでもちょっと頑張ってあちこち旅行に行くとか、値の張る耐久消費財をカードで払うなどして年間300万円以上の決済ができれば、ステージが上がってボーナスポイントをたんまりもらえるようになりますので、これをGポイント→メトロポイント→ANAマイルのソラチカカード迂回ルートに乗せてあげればさらに還元率が上がります。

300万円の決済をしたときにはボーナスポイントで最大0.5%程度の還元率を上乗せできますので、最終的にはおよそ2.9%+0.5%=3.4%のウルトラ高還元率になります。

でも、そんなに使わなくても、例えば50万円程度の年間決済額でもボーナスポイントで0.17%程度の還元率を上乗せでき、最終的には2.9%+0.17%=3.07%にもなるんです。

そんなカードはほかに存在しないんだし、十分すぎじゃないですか?

え、そんなことない?

もう、欲張りなんだから(笑)。

実はコストも大したことがない

ここであなたはふと思ったんじゃないでしょうか。

そりゃ3%以上の還元率ってメチャすげーんだけど、ゴールドカードって年会費とか高いんじゃねーの?って。

ですよね。

確かに、三井住友ANA VISA/Masterワイドゴールドカードの年会費は、何もしなければ税別1万4000円とナカナカの金額です。

ところが。

三井住友カードの「マイ・ペイすリボ」の利用をしてほんのわずかでもリボ手数料を支払えば、年会費は1万1340円(税込)にまで一気に下がります。

さらに、紙の明細書を停止して、カード利用代金WEB明細サービスに登録すればさらに1080円(税込)下がります。

ここまでで年会費は1万260円(税込)

その上、もしこれが三井住友ANA VISA/Master 一般カードだったら、上の10マイルコースを使うために6480円(税込)も払わなければならないところが、ワイドゴールドカードであれば全くの無料になるわけですから、実質的には年会費が6480円下がっているのと同じです。

つまり、ワイドゴールドカードの年会費は、1万260円-6480円=3780円でしかないってことです。

あれ、三井住友ANA VISA/Master 一般カードの年会費って、2160円(税込)でしたよね。

ってことは、実際はワイドゴールドカードと一般カードの年会費の差って、3780円-2160円=1620円の差でしかないってことなんです。

そうなんです。実質的な年会費は1年で、たったの1620円しか違わないんです。ワイドゴールドカードと一般カードって。

意外と安いでしょ?

なのにゴールドカードのメリットまである

三井住友ANA VISA/Master ワイドゴールドカードの年会費が一般カードと比べて1年に1620円しか実質的に高くないにも関わらず、カードの性能差は圧倒的です。

ワイドゴールドカードでショッピングしたときのワールドポイントやそれをANAマイルに交換する場面以外でのメリットを軽く列挙してみましょう。

飛行機に乗ったら2.5倍の速さでマイルが貯まる

そう、ワイドゴールドカードは、ANAカードで最も大切な、「飛行機に乗ったときにもらえるマイル」の付与率が一般カードに比べて格段に高く、区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%もあるんです。

一般カードのマイル付与率は、区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%ですから、ワイドゴールド保有者は一般カード保有者の2.5倍のスピードでマイルがガンガン貯まっていくってことですね。

旅行傷害保険もかなり充実しているので安心

ANAカードを持つくらいなんだから、あなたは旅行に結構行く方ですよね?

まだ行っていなくても、行く気満々ですよね?

旅行をするときは、普段と異なる環境に身を置くわけですから、どうしてもケガや病気になる確率がグーンと高まります。

そんなとき、保険に入っていないととんでもない出費になる可能性だってあります。

海外の医療システムなんて、日本とは全く違いますからね。

でもご安心を。

三井住友ANA VISA/Masterワイドゴールドカードなら旅行傷害保険がとても充実しているので安心です。

海外旅行なら5000万円、国内旅行でも5000万円の最高補償額が設定されていますから、万一のときでもしっかり治療に専念することができますね。

CLUB ANA(ビジネスクラス)専用カウンターで余裕のチェックイン

チェックインのためにみんなが並んでいるところで、ワイドゴールド保有者は、並ばずにサーッと通り抜けることができます

特に混んでいる時期にはありがたいですよね。

ちょっといい気分です。

空港内カードラウンジを利用できる

チェックインしたら、もちろんあなたはカードラウンジで出発までの時間をゆったりと過ごすことができます。

これが使えると、旅の疲れ具合が全然違うんですよ。

ぜひ利用してくださいね。

IHG・ANA・ホテルズグループジャパン朝食無料&ウェルカムドリンクサービス

朝食だってこのグレードのホテルで食べると結構な代金かかりますからね。

それが無料だなんて、とてもありがたいサービスです。

美味しいですし。

三井住友ANA VISA/Masterカード共通の使い勝手も素晴らしい

もちろん、VISA/Masterという世界最強の国際ブランドのANAカードで、かつ三井住友カードの優秀なサービス体制が敷かれているわけですから、ベースの機能だって当然素晴らしいものがあります。

ざっと列挙しちゃいますが、かなりの実力です。

  • ANAカードファミリーマイル家族でばらけていたマイルの合算ができるので、「あ、ちょっと足りない!」なんて事態が激減します。これ、必須ですよ。 ※法人カードは対象外です。
  • ANAカード・マイルプラス:ANAカードと提携している一般のお店でカード払いすると、100円毎に1マイル、または 200円毎に1マイルが、ワールドポイントとは別に追加で加算されます。提携店舗はカナリたくさんあるんですよ。スタバもマツキヨも全国の相当多数の飲食店もENEOSもコナカも。こんなのほんの一例に過ぎません。なので、知らないうちにドンドン・ザクザクANAマイルがたまってますよ。 ※法人用一般カードおよびワイドカードは対象外です。
  • ANAマイレージモール:ANAマイレージモール経由でいつものネットショッピングをするだけで、ポイントやマイルが何倍にもなったり、大幅な割引サービスを受けられます。これ、絶対にやらないと損です。
  • ANAカード専用「ビジネスきっぷ」最大40%割引の同一路線2枚つづりの航空券を購入できます。もちろん、搭乗当日の予約・変更可能なので、仕事で抜群に使いやすいです。
  • ANAグループでの優待特典:ANAホテルズ(国内)での宿泊が5%OFF、空港内免税店ANA HOUSEで10%OFF、ANAグループ便の機内販売で10%OFF、空港内店舗ANA FESTAで10%OFF、マイルがたまるANAのWebショッピング「ANAショッピングastyle」で7%OFF、ANAスカイホリデー・ANAハローツアーの商品5%OFFなど、盛りだくさんです。
  • 電子マネーのEdyとiDのデュアル搭載:2種類の電子マネーが搭載されているから相当多くの場所でワンタッチのラクラク支払いができる上、Edy払いなら200円につき1マイル加算されます。これ、地味に効きますよ。特にEdyマイルプラス提携店でEdy払いすれば、ワールドポイント、提携店でのANAマイル、EdyでのANAマイルの3重取りができますからね。
  • チェックイン不要の国内線「SKiPサービス」対応:使ったことがある方ならお分かりかと思いますが、一度使うと、これなしではもう、辛くて辛くて…っていう状態になるほど便利ですよね!空港にサッと行って、ピッと入って、スッと乗る。快適です。

マジか!最大3万3000マイルもくれるキャンペーン中らしい

これだけ圧倒的な性能とコスパをもつ三井住友ANA VISA/Masterワイドゴールドカードですが、なんと、いま作れば、最大で3万3000マイルももらえるキャンペーンをやってるらしいです。

1マイル=2円換算だと、なんと6万6000円分ももらえるってことじゃないですか!

えええええぇぇぇぇ?!ろくまんろくせんえん?って感じですよね。

でも、キャンペーンは期限付きらしいので、みすみす6万6000円分のマイルをとり損ねないでくださいね。

期限は2017年4月30日だそうですよ。