12345 (評価: 4.43 / 5、票数: 30 票)
Loading...

 

 

JCBカード/プラスANAマイレージクラブというクレジットカードがJCBから発行されています。

JCBで最もベーシックなクレジットカードであるJCB一般カードの上に、ANAマイレージクラブの機能が合体した便利なクレジットカードです。

ベースになるJCB一般カードは、日本国内でメインカードとして使うには、おそらく最も総合力が高いカードであると、ワタシは考えています。

知り合いから、日常使いに一番いいクレジットカードはどれ?って聞かれたら、迷うことなく、JCB一般カードにしておきなさいと答えるくらいです(39歳以下の方ならJCB CARD Wの方がよいでしょう)。

だから、そのJCB一般カードに、さらにANAマイレージクラブの機能がついたこのカードは、特にANAユーザーにとっては文句なしに便利でおトクなクレジットカードであるということができるわけです。

ベースのJCB一般カードが持つすごい実力は、すべてあなたのものになる

JCBカード/プラスANAマイレージクラブは、はじめに言いましたとおり、ベースにはJCBオリジナルシリーズのJCB一般カードが採用されています。

したがって、JCBカード/プラスANAマイレージクラブのユーザーは、その極めて優秀なJCB一般カードの性能を当たり前のように使うことができます。

ANAカードの便利さとお得さももちろん大切ですが、JCB一般カードについてあまりよく知らない方は、まずは基本となるJCB一般カードの性能について先にお読みになることを強くオススメします。

(関連記事)

もちろんベースをJCBゴールドにすることもできる

ベースのJCB一般カードが優秀なことは分かったんだけど、僕はもうちょっと良いサービスを受けたいから、ベースはJCBゴールドにしたいんだよね、っていう方もいらっしゃるでしょう。

そういう方はにはもちろん、ベースをJCBゴールドにした、JCBゴールドカード/プラスANAマイレージクラブが用意されています。

JCBゴールドも、日本のゴールドカードを代表する素晴らしいクレジットカードですから、ANAカードの機能を確認する前に、まずはJCBゴールドの性能についてご確認されることを、これまた強力にオススメします。

(関連記事)

JCB一般カードやJCBゴールドに上乗せされたANAマイレージバンクの機能が便利でおトク

さて、JCBカード/プラスANAマイレージクラブは、JCB一般カードにANAマイレージクラブの機能がプラスされたクレジットカードだといいましたが、一体、どんな便利とおトクがプラスされたのでしょうか。

マイルが貯まる

まず、JCBカード/プラスANAマイレージクラブには、ANAマイレージクラブの機能がついているわけですから、飛行機に乗ったときにはマイルがしっかり貯まります。

また、JCBカード/プラスANAマイレージクラブは、JCBの基幹ブランドであるJCBオリジナルシリーズの一員ですから、JCB一般カードのページで見ていただいたとおり、当然、日常生活のあらゆる場面でJCBのOki Dokiポイントがザクザク貯まっていきます。

このOki DokiポイントはANAマイルに交換することができますから、フライトで貯まったマイルとOki Dokiポイントから交換したマイルを合算することで、さらにたくさんのANAマイルを貯めることができます

特に、スターバックスやアマゾン、セブンイレブン、たいていのガソリンスタンドなどでは通常の2倍~10倍という、すさまじいOki Dokiポイントが貯まりますし、ネットショッピングで「Oki Dokiランド」というサイトを経由してショッピングサイトに行けば、最大20倍という、めまいがしそうなくらいのポイントが貯まります。

ここで貯まったOki DokiポイントをANAマイルに交換してフライトマイルに合算すれば、とてもたくさんのANAマイルを貯め続けることができ、フツーに生活しているだけで、毎年1回はタダで海外旅行に行けるようになったりします

タダで海外旅行・・・ああ、なんていい響きでしょう!

スキップサービスがメチャ楽

次に、JCBカード/プラスANAマイレージクラブを持つ大きなメリットとして、そのカードだけでANAのスキップサービスを利用することができるということが挙げられます。

クレジットカード搭載のスキップサービスを使える人は、飛行機にのるときにプリントアウトしたチケットなんかをモタモタ出したりしませんよ。

カード一つでチェックインから搭乗までピッとカードをかざしてサッと通り抜けられる。

さわやかですねー。

ApplePayが使える方ならiPhoneやApple Watchでピッ。

これだけです。

スマートすぎるっ!

便利でかっこいいANA QUICKPay+nanacoがもらえる

さらに見逃せないのは、JCBカード/プラスANAマイレージクラブは便利でかっこいい、ANA QUICKPay+nanacoというICキーホルダーがもらえることです。

下の公式ページ内にある写真でご覧の通り、このキーホルダーには電子マネーのQUICKPayとnanacoおよび、スキップサービス用のICチップが組み込まれてています。

だから、かばんのひもに吊るしておいたキーホルダーを引っ張り出すだけで、ピッと支払いを済ませたり、スキップサービスで飛行機に乗れたりしちゃいます。

小さいので、カードホルダーを使うより、よっぽど楽ちんです。

電子マネーも全国のセブンイレブンで使える前払い式のnanacoと、最近ではもう至るところで使える後払い式のQUICKPayの組み合わせというところがニクいですよね。

マイル集め中心のクレジットカード保有体制にしたいなら

本格的にがっつりマイルを貯めたい方には向かない

このように、JCBカード/プラスANAマイレージクラブはJCBオリジナルシリーズの非常に高い基本機能と、ANAマイレージクラブの基本機能が合体した、とても高機能なクレジットカードです。

これをメインカードにして、日常生活の隅々にまで利用していけば、正直言ってこれだけで一生、何も不自由することはないでしょう。

このワタシが断言します。

もっとがっつりマイルを貯めたいなら

ただ、一点だけ注意点があります。

これだけ素晴らしいクレジットカードであるJCBカード/プラスANAマイレージクラブですが、「ANAマイルを最高の効率で集める」ということに特化している、いわゆる「ANAマイラー」の方にとっては、これがベストの選択とは言えません。

どうしてかというと、このJCBカード/プラスANAマイレージクラブは、「JCB一般カード」という、あくまでも「(飛行機での旅行とはあまり関係ない)日常生活を豊かに暮らす」という目的に沿って、極めて高い総合力を持つように設計されたクレジットカードがベースになっているからです。

つまり、これに上乗せされたANAマイレージクラブの「お得」と「便利」は、わりとライト目なものだけに限られており、マイルを加速度的に増やすことを目的とした「ANAカード」特有の機能までは乗っていないのです。

ですから、自分は「総合力の高いクレジットカードを1枚作りたいんだけど、そういえば、ANAの飛行機にはたまに(年に1~2回程度)乗るなぁという方には、JCBカード/プラスANAマイレージクラブはまさにベストチョイスになります。

そのままこれを作ってください。

でも、「オレは超効率的に、がっつりANAマイルを集めてタダ旅行するんだー!」という風に気合いの入っている方や、「ワタシは陸マイラーとして毎日コツコツANAマイルを貯めて、憧れのファーストクラスに乗るのよ!」っていう崇高な目標に向けてメラメラ燃えている方は、素直にANA主導で企画され、各カード会社から発行されている「ANAカード」を作ってくださいね。

ANAカードであれば、飛行機に乗ったときのマイル付与率のアップや、ANAカードマイルプラス特約店でのマイルの割増し、家族間でのマイル合算などの特典が付きますので、ANAマイルが貯まるスピードは格段に上がるでしょう。

ただし、この場合は「JCBのオリジナルシリーズ」ではなくなりますので、JCBオリジナルシリーズにある特典は全てなくなります。

ご注意ください。

ちなみに、「ANAカード」のうちでも絶対にJCBブランドじゃなければヤダ!という方にはANA JCBカードをおすすめしますが、特にこだわりがないという方には、三井住友ANA VISA/Masterワイドゴールドが、最も効率よくスピーディにANAマイルを貯めることができるのでおすすめです。

上手にANAマイルをがっぽり貯めて、楽しいタダ旅行ライフをしちゃってください。

(関連記事)