クレジットカード界を震撼させるヤバいカードがこの世に新しく生まれました。

このページにたどり着いた方が、もうすでにこれをお持ちかどうかは分かりませんが、結論から言うと、それはJCB CARD Wと、その姉妹カードで特に女性向けにパワーアップされたJCB CARD W plus Lです。

JCBの中心ブランドであるJCBオリジナルシリーズの中で、一番ベーシックなカードであるJCB一般カードを基本として、学生さんから39歳以下の若手社会人だけ限定して、大幅に「お得」と「おしゃれ」を付け加えたクレジットカードです。

JCBのオリジナルシリーズには、これまでも若者向けのカードとして29歳以下の方を対象としたJCB CARD EXTAGEというカードがありましたが、ハッキリ言って、今回新しく出たJCB CARD WとJCB CARD W plus Lの方が段違いにお得です。

ですから、あっさり簡単に言ってしまえば、39歳以下の方なら黙ってJCB CARD WJCB CARD W plus Lを申し込んでおけば、全く問題なく超お得でおしゃれなクレジットカードライフができるようになるでしょう。

この私が請け合います。

でも、私がこう言ったところで、JCB CARD WやJCB CARD W plus Lの一体どの辺がお得でオシャレなのか、読者の皆様にはさっぱり分からないでしょう。

そこで、このページでは、JCB CARD W とJCB CARD W plus Lが、ベースとなるJCB一般カードにどんな「お得」と「オシャレ」が付け加えられたものなのかを中心にお話しすることにいたします。

したがって、JCB一般カードについてよくご存じでないという方は、先に下のリンク先の、JCB一般カードについてまとめたページをご覧いただく方が良いと思います。

関連記事:

学生さんや39歳以下の若い方に優しい数々の特典

問答無用でポイントが2倍になる

お買い物の代金や公共料金などを支払うときにクレジットカードを使うと、支払い代金に応じてポイントが還元されることは、賢明な読者の皆さんならもちろんご存じだと思います。

お買い物代金のうち、ざっとならして0.5%程度を還元してもらえるというのが大体の相場でしょうか。

JCB一般カードでも、使う場面によって還元率は大きく変わりますが、ざっとならせば0.5%位です。

この面からすれば、とても標準的なカードと言えるでしょう。

ところが。

JCB CARD WとJCB CARD W plus Lなら、この還元率が問答無用で2倍になります。

ざっとならして1%の還元率。

何も考えなくても1%分のお金を返してもらえるのと同じようなものです。

1年間に10万円使えば1000円、100万円使えば10000円です。

意外と100万円くらいすぐですよ。

何でもかんでもカードで支払えば、月10万円くらいわけもなく超えますからね。

毎年1回、1万円の小遣いをもらえたら嬉しくないですか?

僕なら嬉しいです。

JCB CARD WかJCB CARD W plus Lを普通に使っていれば、黙っていても毎年この小遣いがもらえるようなものなわけです。

勝手に一般カードに切り替わらない

これは29歳以下の方限定のJCB EXTAGEとの違いになりますが、JCB EXTAGEだと30歳になった後のカードの更新時にはJCB一般カードに自動的に切り替わることになっていました。

もちろんこれはこれで、JCBの最もスタンダードなカードに切り替えてもらえるという点でとても素晴らしいものではあります。

でも、「いやいや、ポイントは2倍のままがいいよ!」って方も結構多いのではないかと思います。

そうした声に答えて、JCB CARD WとJCB CARD W plus Lでは、40歳を過ぎた後の更新時にも、勝手にJCB一般カードに切り替わらないことになりました。

だから、現時点で39歳以下の方であれば、このJCB CARD WかJCB CARD W plus Lに今申し込んでおけば、今後もずーっとポイント2倍の特権を受け続けられます。

一般カードが良い方は、そのときにJCBに電話して申し出れば、カンタンに手続きをしてもらえます。

デザインがシャープ&エレガントになり、オシャレになった

デザインは、実際に見てもらったほうが早いでしょう。

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lの公式ページをご覧になってください。

無地のJCB CARD Wも女性向けに華やかかつエレガントにデザインされたJCB CARD W plus Lも素敵でしょ?

年会費はなんと無条件で無料

ハッキリ言って、これだけよくできた機能とステータス性のあるJCBオリジナルシリーズのカードが、ポイント2倍増の特典まで付いているのに無条件で年会費無料になるのは、鼻血が吹き出るレベルのサービスと考えていいと思います。

それも自分だけじゃなくて、家族会員まで無料って・・・

ご結婚しておられる方は、夫婦でお持ちになるのもいいですよね。

夫婦で一生ポイント2倍、毎年お小遣い生活の一丁上がりです。

女性向けのJCB CARD W plus LならさらにLINDAリーグ利用の特典までつく

女性なら(いや、ご希望なら男性でもかまわないのですが)、JCB CARD W plus L を選べば、JCBが提携する「キレイのプロ」集団、LINDAリーグの各企業から様々な優待を受けることができます。

女性特有の不安を解消するための保険に低価格で入ることができる「お守リンダ」も、かなり使えますよ。

もちろん、Apple Pay(アップルペイ)も使えますよ

iPhone7、iPhone7 Plus、Apple Watch Series 2 以降のユーザーなら、Apple Payはぜひ使いたいですよね。

クレジットカードの情報をiPhoneに一回登録しておくだけで、後払い式電子マネーのQUICPayがiPhoneで使えるんですから。iPhoneへのカード情報登録も、とっても簡単。一瞬で終わりますよ、一瞬。

そして、肝心のApple Pay払いなんですが、はっきりいってメチャスマートでかっこいいです。

レジでお金を払うときは、ポケットからiPhoneをサッとだしてかざすだけ。現金もカードもチャージもいらないということで、とても身軽で颯爽としています。

iPhoneユーザーならApple Payはマストアイテムですよ。

私でも、これさえ持ってればモテるかも!って思いましたから(これはウソ)。

ここだけちょっとご注意

JCB一般カードでは旅行障害保険が国内、海外ともに最高3000万円までかかっています。

でも、JCB CARD W/JCB CARD W plus Lでは国内旅行保険はつかず、海外旅行保険だけが最高2000万円までかかるというように少しだけダウングレードされています。

これは、統計的に見て、若い方はあちこち旅行に行ったり出張に行ったりするよりも、家や学校や会社の近くで活動する頻度が高いことから、旅行保険を少しだけ削り、それによって浮いたコストで、年会費を無条件で無料にし、お買い物などでつくポイントを2倍に増やしたということです。

そうすることで、より多くの方に「お得」が行き渡るようにしたわけですね。

考えてみれば、まったくそのとおりという場合が多いのではないでしょうか。

つまり、この設計はとてもよく考えられたものであり、現実に、若い方の多くはこれによって、ポイント倍増の恩恵を受けられるようになっていると思います。

というのも、ポイント2倍増の恩恵は全員がダイレクトに必ず受けられるものである反面、損害保険によって得られるのはめったに起きない場合に備えることができているという「安心」と実際にたまたま起こったときの補償だけですからね。

もちろん、その安心や補償はとても重要なものではありますが、ほとんどの方が求めているのは目の前のポイント還元だったりするわけで・・・

この点、本当にユーザー目線でよく考えられているなあと思います。

もちろん、「いや、私は国内、海外を問わずあちこち旅行によく行くんです。だから、ポイント増量よりも、3000万円の国内旅行傷害保険がついている方がいいんですよ」という方は、39歳以下の方でもJCB 一般カードの方が良いでしょう。

下にまとめておきますので、主に旅行保険がどれだけ必要か、また、それに対してかかる年会費をどこまで許容できるかで、どれにするかを決めるとよいでしょう。

JCB CARD W/W plus L JCB一般カード
年会費 無条件で無料 初年度無料
次年度より
条件付きで無料
ポイント 無条件で2倍 このカードが基準
旅行保険 海外 最高2,000万円  MyJチェックに
登録するだけで
国内、海外ともに
最高3,000万円
ショッピング保険 海外 最高100万円 海外 最高 100万円

お得さに目が行きがちだけど、本当の価値は別にある

クレジットカードが表す信頼感は、あなた自身の信頼度

クレジットカードはオトナの経済生活にとって、今や必須の相棒であり、あなた自身の「経済的信用」そのものを表す大切なツールです。

だから、近所のスーパーでちょっと安くなるからとか、ネットショッピングの「あのサイト」でポイントをやたらともらえるから、というだけの理由で、普段使いで用いるメインカードにそれらを安易に採用すべきではありません。

というより、「分かる人」から見ると、メインカードにそういうものを使うこと自体、少し恥ずかしい感じがするものです。

その手のカードは、あくまでも特定のお店や用途だけでリリーフ的に用いるものであり、自分の日常生活のよき伴侶として末永く用いるメインカードには、素性の良い、信頼感の高いカードを選ぶべきでしょう。

その点、JCB CARD WJCB CARD W plus Lは、日本が誇るクレジットカードの国際ブランド、JCBの基幹ブランドであるJCBオリジナルシリーズの中の1枚ですから、堂々と所有し、いかなる場所でも胸を張って用いることができます。

日常の買い物やランチでの支払いに始まり、彼女とのデートや一流ホテルでの支払い、海外旅行にいたるまで、何の心配もありません。

このシリーズのカードを持ち、使えることを静かな喜びとして感じながら、日々、利用することができるでしょう。

もっと上の世界が見えてくる

JCB CARD Wは、JCBの基幹ブランドであるJCBオリジナルシリーズのエントリーカードですから、あなたが希望すれば、JCB一般カードにスムーズに移行することができます。

JCB一般カードでじっくりと長期にわたる利用履歴を蓄積していけば、その次にはJCBゴールドJCBゴールド・ザ・プレミア(こちらは招待制)の可能性も見えてきます。

また、今の段階ではイメージしにくいかもしれませんが、ゆくゆくは収入も信用もどんどん上がっていき、しかるべき時が来れば、JCBの非常に優秀なプラチナクラス以上のカードである、JCB THE CLASS(もちろん招待制)への招待が来るようになるかもしれません。

すべては一足飛びに行けるわけではなく、JCBの信頼できるプラットフォームの上で、一つ一つレンガを積み上げるかのごとく「信用」を築き上げていくことが前提です。信用は崩れるときは一瞬ですが、積み上げるのには長い時間がかかるものです。

だからこそ、時間を大切に考えるべきであり、始めの一歩を正しく踏み出すことがとても大切だということです。

もちろん、長きにわたり築きあげられたあなたの「信用」に、JCBオリジナルシリーズのクレジットカードは、「豊かな人生」というステキなお返しをしてくれるでしょう。

キャンペーン中で、さらにポイントが増えるらしい・・

もうひとつ大事なことを。

若い方に、正直イチオシのJCB CARD W/JCB CARD W plus Lですが、2019年3月31日までならさらに、なんとポイントを4倍にしてもらえる上、キャッシュバックやギフトカードを合わせて最大8,000円分も、もらえるそうです。

このキャンペーン分だけで、カード利用でもらえるポイント分くらいあるんじゃないかって突っ込みたくなりますが、とにかく、くれるというのですからもらっておきましょう。

ただ、やたらとお得なキャンペーンだけあって、やっぱり期間限定です。

キャンペーン期間を忘れててハイおしまい!てなことも、よくあることですので、お早めに。