JCB CARD WはAmazonでトクなんですか?という質問を、ここのところ何人かの方から立て続けにいただきましたので、ここでお答えしたいと思います。

まず、結論から先にいうと、YESです。

それも、いまのところ、Amazonで買い物をする方にとって最もおトクなカードが、このJCB CARD Wだと言って良いでしょう。

ですから、ご質問者の方はみなさん、鋭い!ということになりますね。

それでは、以下に、JCB CARD WがAmazonでなぜおトクと言えるのか、どんな人におトクなのか、どれだけおトクなのか、どうすればおトクになるのかについて、順番にお話ししていきましょう。

JCB CARD WがAmazonでおトクってどういうことよ?

JCB CARD WがAmazonでおトクというのは、Amazonで買い物をしたときにたくさんのポイントが貯まるという意味と、そのポイントのとても使い勝手が良いという2つの意味があります。

むちゃくちゃポイントが貯まる

まず、1つ目のAmazonで買い物をしたときのポイントですが、JCB CARD Wを使ってAmazonでの買い物の支払いをしたとき、このあとに説明する一定の条件を満たしておけば、1000円につき4ポイントものOki Dokiポイントがもらえます。

Oki DokiポイントというのはJCBのポイントシステムで、1ポイントにつき5~6円の価値をもたせて使うこともできます。

1ポイント5円とすれば、1000円の買い物に付き20円の還元をしてもらえるのと同じですから、還元率は2%です。

2%の還元率というのは、あらゆるクレジットカードの中で最高水準の還元率です。

ですから、JCB CARD WをAmazonでのお買い物で使えば、ポイント還元率の面からみて、間違いなくおトクです。

貯まったポイントが使いやすい

次に、JCB CARD Wがおトクだというのは、貯まったポイントが使いやすいという面からいうこともできます。

Amazonを始めとする様々な支払いごとにザクザク貯まっていくOki Dokiポイントは、Okidoki ポイントの専用サイトから素敵な商品と交換できるばかりでなく、とても多彩な他社のポイントや電子マネー、マイルなどに交換できるため、使いみちがなくて困るということがほぼありえません。

そういう意味でも、Amazonの支払いをJCB CARD Wですると、すさまじくおトクであると言えるでしょう。

なぜこんなにおトクなのか

それでは、なぜ、JCB CARD WをAmazonで使うと、こんなにおトクな待遇を受けられるんでしょうか。

理由は3つあります。

JCB CARD Wだから、Oki Dokiポイントをプラス1倍分上乗せ

まず、1つ目の理由はズバリ、これがJCB CARD Wだからです。

つまり、JCBは若いユーザーに自社カードを利用してもらいたいと考えているため、39歳以下の若い方に、最もスタンダードな「JCB一般カード」の2倍のポイントをお買い物のたびにいつも付与する、という大きなメリットを提供してJCB CARD Wの会員募集をしています。

それだけ大きなメリットを提供しても、若い方が長くJCBカードを使ってくれるのであれば、長い目で見れば、JCBの利益になるという判断をしているわけです。

ですから、まだ39歳になっていない若い皆さんは、その特権を存分に活かし、これからずっと、Amazonを始めとする買い物のたびに、他の方の2倍のOki Dokiポイントを受け取っていけばいいんです。

オリジナルシリーズパートナーだから、Oki Dokiポイントをプラス1倍分上乗せ

次に、JCB CARD WがAmazonで段違いにおトクな2つ目の理由は、AmazonがJCBオリジナルシリーズパートナーだからです。

JCBオリジナルシリーズパートナーというのは、JCBの基幹ブランドであるJCBオリジナルシリーズのユーザーがいろいろな場面で優待を受けられるようにするために、JCBが提携しているさまざまな企業の一群です。

ですから、あなたがJCBオリジナルシリーズパートナーの企業が提供する様々なサービスでJCBオリジナルシリーズのクレジットカードを利用すれば、それぞれの企業から、特別な優待を受けることができます。

JCBオリジナルシリーズパートナーには、セブンイレブン、スターバックス、ENEOS、ビックカメラ、高島屋、洋服の青山などを始め、多くの一流企業が名を連ねますが、Amazonもその一員です。

JCB CARD WのユーザーがAmazonを利用したときには、JCBオリジナルシリーズパートナーの特典として、無条件にOki Dokiポイントが「JCB 一般カード」の基本ポイント分、さらに上乗せしてもらえます。

つまり、基本となるJCB一般カードのポイント還元率を基準とすると、1倍分の上乗せをしてもらえるということです。

こうすることで、あなたに永くサービスを利用してもらいたいというJCBやAmazon側のニーズが満たされますし、あなたもより多くのポイント還元を受けられてトクすることができます。

まさにWIN-WINの関係ですね!

OKI DOKIポイントモールを経由するから、Oki Dokiポイントをプラス1倍分上乗せ

さらに、JCB CARD WがAmazonで段違いにおトクな3つ目の理由は、JCB CARD Wのユーザーは、ポイント還元サイトのOki Dokiポイントモールを利用できますから、これによってOki Dokiポイントをさらに上乗せしてもらうことができます。

Oki Dokiポイントモールというのは、要するに、ショッピングサイトの利用者が、JCBが運営するこのサイトを経由してから各ショッピングサイトに移動することで、「JCBが各ショッピングサイトに顧客を紹介する」という建前をつくるためのサイトです。

こうすることでJCBはOki Dokiポイントモールに掲載されている各ショッピングサイトの運営会社から、お買い物のたびに、顧客の紹介料を受け取ることができます。

そして、ここからがスバラシイところですが、JCBは、あなたがお買い物をするたびに受け取る紹介料を、あなたに還元してくれるということなんです。

だから、あなたは様々なショッピングサイトで買い物をするときに、そのショッピングサイトにOki Dokiポイントモールを経由しさえすれば、毎回、お買い物額の一部をOki Dokiポイントとして受け取ることができるわけです。

ちなみに、Oki Dokiポイントを経由してからAmazonで買い物をした場合、JCB一般カードで支払った場合のポイント分だけOki Dokiポイントを還元してもらえます。

つまり、またもや、基本となるJCB一般カードのポイント還元率を基準とすると、1倍分の上乗せをしてもらえるということです。

トータルすれば3倍分の上乗せ

JCB CARD Wであることゆえの1倍分上乗せ、AmazonがJCBオリジナルシリーズパートナーであることゆえの1倍分上乗せ、Oki Dokiポイントモールを経由してからAmazonで買い物をしたことゆえの1倍分還元。

ほら、これらを合わせると、基本となるJCB一般カードのポイントの3倍分をさらに上乗せすることになるでしょう。

つまり1倍+3倍でもとのポイントの4倍になるわけです。

ちなみに、JCB一般カードのポイント還元は1000円の買い物ごとにOki Dokiポイントが1ポイント還元されることになっており、Oki Dokiポイントはおおむね1ポイント=5円の価値で使えますから、基本の還元率は5円÷1000円で0.5%です。

JCB CARD Wならこの4倍の、0.5%×4=2%の還元率が得られるということです。

2%の還元率って言われてもピンとこないかもしれませんが、クレジットカード界の平均的なポイント還元率は0.5%程度ですから、これはメチャメチャすごいんですよ。

特に、Amazonでのポイント還元率としては、全クレジットカードの中でも最高水準です。

安心して、AmazonでJCB CARD Wを使って下さいね。

どのようにすれば最高の還元率を得られる?

OKI DOKI ポイントモールを使う

貯まったOki Dokiポイントの交換先に注意する

Oki DokiポイントはAmazonで使うと1ポイントあたり3.5円。

つまり目減りしてしまうので、やめたほうがいい。

1ポイント6円の価値で交換できる交換先
  • ニッセンお買い物券(200ポイントを1200ポイントに)
1ポイント5円の価値で交換できる交換先
  • nanacoポイント
  • Tポイントのらくらく自動移行コース ※自動にしなければ500ポイント→2000Tポイント
  • JCBプレモカードへのチャージ
  • ビックポイント(ビックカメラ) コジマでも使える
  • ジョーシンポイント
  • ベルメゾン・ポイント
  • セシールスマイルポイント
  • JTBトラベルポイント
  • ちょコムポイント

JCB CARD WのAmazon特典はどんな人におトク?

Amazonでたまに買い物をする人

Amazonでしょっちゅう買い物をする人

Amazonプライムに加入している人

Amazon定期便では・・・

初回のみ。

Amazon 定期便は申し込み時の初回配送分は、okidokiポイントモールのポイント対象になりますが、2回目以降の配送は対象になりません。通常のポイント1.0%が付与されるだけです。

ORICO THE POINTや楽天カードよりもAmazonでおトク?

さすがにAmazonマスターカードには負けるんじゃ?

※ときどきAmazonマスターカードの公式ページでスペックを再確認すること

Amazonマスターカードクラシック→プライムなしで1.5%、プライムありで2.0%、年1回の利用で年会費無料:基本還元率1.0%、Amazon還元率1.5% or 2.0%(プライム会員の場合)

Amazonマスターカードゴールド→2.5%、年会費は4,320円で維持可能、Amazonプライムが無料で実質420円:基本還元率1.0%、Amazon還元率2.5%

Amazonの方が良い場面もあるが、Amazonでしか使えない。他のポイントにも交換できないところは致命的。

2%の還元率にするために年会費もかかるが、JCB CARD Wはタダ。この店でJCB CARD Wの圧勝。

2.5%にしたい場合はゴールドの年会費を自分の中で正当化できるかどうかがポイント。

もっとも、ゴールドで年会費を払っていても、Amazon以外では還元率1%。

さらに、JCB CARD WはAmazonにない特典がわんさかついており、この点ではAmazonマスターカードゴールドは比較の対象にすらならない。

JCB CARD WはAmazonだけでおトクなワケじゃなく、むしろ他のメリットがさらにすさまじい

大切なことなので、もう一度いいます

Amazonで最高のおトクをGetするには

必ずOKI DOKIポイントモールを経由する

nanacoかTポイント(自動移行)その他の高還元率な交換先へ

 

さらに得するキャンペーンまでやっててほっこりする