JCBのETCカードはとてもよくできたETCカードですが、いま現在、JCBが発行したクレジットカードをお持ちの方と、まだJCBが発行したクレジットカードをお持ちでない方では、すこし状況が異なってきますので、順番に説明していきますね。

JCB発行のクレジットカードをすでに持ってるなら

JCBのETCカードの発行は、すでにJCBが発行したクレジットカードを持っている方であれば、会員用サイトの「My JCB」にログインして申し込むだけです。

特に問題がなければ、申し込んで数日後にはカードが送られてくるので、そのままドライブを存分に楽しんでくださいね。

クレジットカード自体をまだ持っていない方ならJCBカード+ETCスルーカードの「分離型」がイチオシ!そのワケは?

一方、JCB以外の会社が発行したカードをお持ちの方や、そもそもETCカードの親カードになるクレジットカード自体をお持ちでない方は、たまたまこのページにたどり着いてラッキーだと思いますよ(笑)。

JCBのETCカードは、とても優秀ですからね。

コストもパフォーマンスも優秀

どのETCカードでも得られる共通のメリット

まず、ETCカードは高速道路でキャッシュレス&スムーズな料金所の通過ができて、とても便利なものです。

それに、ETCカードを用いた高速道路の通行料に応じて「ETCマイレージ」というポイントが貯まります。

貯まったポイントは次回以降の高速道路の利用で、通行料金の支払いに使えます。

つまり、ETCカードを使うことで、無条件に通行料金が割引されるのと同じことになります。

また、ETCマイレージサービスに登録していれば、ETCマイレージがつく上に「平日朝夕割引」の対象にもなりますので、平日朝夕の高速道路の料金そのものがダイレクトに割引してもらえます

結構大きいんですよね。この割引額って。

ですから、ETCカード自体は、できるだけ早く用意して、当たり前のように使いたいですよね。

では早速、JCBのETCカードがイチオシの理由を3つ、行ってみましょう。

理由1:ETCカード自体が無料

こんなに便利でオトクなETCカードですが、実は、ETCカード自体の発行と毎年の年会費が「有料」のETCカードと「無料」のETCカードがあるってご存じでしたか?

ETCカードそのものの性能はどの発行会社のカードでも同じですが、ETCカードを発行するクレジットカード会社のスタンスによって、発行費用や年会費がかかったり、かからなかったりするんです。

クレジットカード会社にとっても年会費のような固定収入はおいしいですから、課金するところは課金してくるわけですね。

それなら、もちろん「無料」の方がいいですよね。当然です。私もそう思います。

この点、JCBのETCカードは発行費用も年会費もかからない、「完全無料」のETCカードです。

嬉しいですね。

理由2:親カードが優秀

そもそもETCカードを作るには、ETCカードの親カードになるクレジットカードをあらかじめ作っておく必要があります(もちろんクレジットカードの発行と同時にETCカードの発行を申し込むこともできます)。

そして、ETCカード自体の機能がどのETCカードでも同じだということは、結局、ETCカードの優劣は親となるクレジットカードの優劣そのものということになります。

この点、JCBのETCカードの親カードとして最もポピュラーなJCBオリジナルシリーズの各カードはとても優秀なので、JCBのETCカードは安心して使うことのできる優秀なETCカードだと言ってよいと思います。

ちなみに、親カードとして最適なJCBオリジナルシリーズには代表的な4種類のクレジットカードがありますが、通常は、JCB一般カードか、JCBゴールドを選ぶのが良いと思います。もっとも、29歳以下の若い方であれば、若い方向けの一般カードであるJCB CARD EXTAGEか、若い方向けのゴールドカードであるJCB GOLD EXTAGEの方がよいでしょう。

というのも・・・・・とそれぞれのカードの優秀な点を挙げていこうかと思いましたが、あまりにも多いのでこの記事では割愛します。でも、それぞれのカードの優秀さについては、この記事の末尾にも各カードをレビューした記事へのリンクを記載しておきますので、ご興味のあるカードの記事を、後からぜひ読んでおいていただきたいと思います。

なお、親カードがどのクレジットカードであっても、ETCカード自体には違いがないわけですから、親カードの選択はあなたのお好みで大丈夫です。

どれを選んだとしても、このJCBのオリジナルシリーズは現在、国内で発行されているクレジットカードの中でもっとも人気があり、とても実力の高いカードがそろっていますので、あなたは何の心配もなく、ETCカードを用いた快適でお得なドライブに加え、日常の便利でここち良いクレジットカードライフまで手に入れることになるでしょう。

理由3:キャンペーンまでやっている

ETCカードはタダだし、親カードは優秀だしということで、とても良いETCカードに出会えたあなたですが、実はいま、さらにお得なキャンペーンをやっているそうです。

なんでも、2017年3月31日(金)までではありますが、入会の記念に最大で1万2500円分ももらえるそうです。

お得なうちに作っておいた方がよいでしょう。

ETCカード一体型はやめておいた方がいい

なお、クレジットカードとETCカードが一体になったカードも発行されていますが、よほどの強い理由がなければやめておいたほうが良いですよ。

というのも、ETCカードって、とーーーっても車の中に忘れやすいんです。

そして、ETCカードとクレジットカードが一体だということは、ETCカードを車内に忘れる=クレジットカードを車内に放置するということですから、メチャ困ったことになる危険性が跳ね上がるのは明らかでしょう。

最近の車上荒らしの技術はものすごいですからね。あっという間ですよ。

そうすると、もしあなたがクレジットカード/ETCカード一体型カードを使うとなれば、長時間車を停めておく場合だけでなく、ちょっとコンビニに寄るとか、サービスエリアに寄るときなども含めて、いちいちETC車載器からカードを抜き差しする必要が出てきます。

そりゃたまには忘れますよ。

それなら最初から、ETCカードとクレジットカードは分けて発行し、(高速道路をよく利用するときには)ETCカードだけを車に挿しっぱなしにする使い方の方がラクだし安全です。

リスクを自分の身に招き入れない仕組みを作っておくことって、とても大切です。

え、わたし?

もちろん、何度もありますよ。ETCカードを車内に忘れたことは(苦笑)。

JCB以外のクレジットカードを持っている方も…

それから、いまJCB以外のクレジットカードを使っている方も、これをよい機会としてJCBのオリジナルシリーズをメインカードに切り替え、それにETCカードをぶら下げて新規発行しておくのは「大アリ」な選択だと思いますよ。

それをするだけの価値のある、よくできたカードです。

申し込みの際の注意

さて、JCBのETCカードについては大体お分かりいただけたと思いますが、親カードとETCカードを同時に発行したい方は、申し込みページの下の方にある「緑のボタン」から申し込んでくださいね。

オレンジのボタンだと、ETCカードは同時発行できませんので、お気を付けください。

 

親カードをどれにするか検討したい方はこちらから: