JCBゴールドは、日本人が使うゴールドカードとして、もっとも堅実な安定感があり、コスパが高いクレジットカードの筆頭格です。

JCBのゴールドカードには、個人用のゴールドカードであるJCBゴールド、29歳以下の方のために一部のサービスを簡略化する代わりに「お得」が割増しされたJCB GOLD EXTAGE、会社の経営者や個人事業主向けのJCBゴールド法人カードの3種類があります。

このページでは、特に個人向けゴールドカードの定番中の定番である、JCBゴールドについて解説しますので、ゴールドカードを作ろうかとお考えの29歳以下の方はJCB GOLD EXTAGEのページを、会社の経営者や事業主の方はJCBゴールド法人カードのページをそれぞれご覧下さい(但し、JCBゴールド ザ・プレミアやJCB THE CLASSを目指す方は、そのまま下に進んで下さい)。

JCBゴールドのベースになるJCB一般カードからしてデキがいい

JCBゴールドは、JCB自身が自社発行するいわゆる「プロパーカード」のゴールドカードですが、JCBのラインナップの中では、基幹シリーズであるJCBオリジナルシリーズの上級カードとして位置づけられています。

つまりJCBゴールドは、JCBオリジナルシリーズの中心でありデキの良い人気カードでもあるJCB一般カードをベースに、各種の利益やサービス(=ベネフィット)を贅沢に上乗せした設計になっています。

このページでは、JCBゴールドにはもともとデキのよいJCB一般カードをベースとして更にどのようなベネフィットが上乗せされているのかを中心にお話しますので、JCB一般カードのデキの良さについてあまりご存じでない方は、先にJCB一般カードについて詳しく解説したこちらの記事をご覧になったほうがよいかもしれません。

関連記事:

落ち着いた大人のステータスが奥ゆかしい

JCBゴールドの審査は、数あるゴールドカードの中でも厳しい方です。

申し込んでも審査に落ちることが結構あります。

それにもかかわらず、JCBゴールドは、日本のゴールドカードとしては最大規模の会員数を誇っています。

これが何を意味するかというと、ゴールドカードを選ぶ方のうち、相当の割合がこのJCBゴールドを選んでいるということです。

審査によって絞り込まれているのに数が多いということが、「良いものが分かる大人」から「圧倒的に」支持されていることの証といえるでしょう。

JCBゴールドは、自動車におけるレクサスや腕時計におけるグランドセイコーと同じく、日本におけるゴールドカードの代名詞であり、実質を重んじる落ち着いた大人だけに許される、奥ゆかしいステータス感をまとっているゴールドカードです。

華やかだけれど実直、正直だけれど艶がある、そんな表現がぴったり似合います。

利用限度額が大きく成長していくのが嬉しい

JCBゴールドは堅実な会社による実直なゴールドカードであり、はじめは少々堅めに設定された限度額を、その後の利用履歴の着実な積み重ねで大きく育てていくタイプのカードです。

個々のケースによって異なりますが、おおむね50万円前後のスタートで、最高300万円あたりまで増枠できるといわれています。

きちんとした審査をして利用履歴を見ながら大きく与信するという、JCBの堅実な企業姿勢が表れているところです。

そして、これを裏返して言えば、JCBゴールドを持っていて、かつ大きく増枠をされているということは、とりもなおさずそのカードの保有者はJCBという堅い会社から大きく「信用」されているということを暗示します。

JCBゴールドが、現在の高いステータス性を獲得した理由は、このような堅実な与信と良き利用者に対する誠実な対応を長年にわたって続けてきたところにあるのでしょう。

真の「ブランド」やそこから生まれる「ステータス」は、一朝一夕に生まれるものではないということです。

ときに、最初からいきなり高い限度額を与えてしまうカード会社もありますが、ある意味これは見栄を張るために博打を打っているのと同じであり、企業姿勢としてはやや荒っぽいきらいがあります。

JCBが目指すところはそこではなく、利用者との間の堅実なお付き合いとそれに応じた丁寧なサービスの展開、そして、それに基づく地に足のついたブランド力とステータス性の維持であろうことは容易に想像できるところです。

旅行傷害保険やその他の保険の充実ぶりが素晴らしい

ゴールドカードを持つ方は、国内外を問わず、アクティブに活動領域を広げておられる方も多いでしょう。

しかし、活動領域が広がれば広がるほど、けがや病気、盗難などの被害に遭うリスクも高まります。

そこで大切なのは、活動領域の広がりに伴うリスクをいつも静かに引き受けてくれる、クレジットカードの各種保険です。

JCBゴールドは、付帯する保険も破格の充実ぶりです。

旅行傷害保険が、破格

のちにも述べますが、JCBゴールドの年会費は1万円(税別)です。

そして、旅行傷害保険は、海外が最高1億円国内は最高5000万円のものがかかっています。

はっきり言って、年会費が1万円のゴールドカードで、この内容の旅行傷害保険をつけてくれるのは、破格です。

例えば、JCBゴールドの直接のライバルである三井住友VISAゴールドカードは、同じく年会費が1万円で海外旅行傷害保険が最高5000万円(国内は5000万円で同じ)にすぎないことや、年会費が29000円もするアメックス・ゴールドの海外旅行傷害保険がJCBゴールドと同じ1億円(国内も5000万円で同じ)であることを考えると、JCBゴールドがいかにカード利用者のことを考えた誠実な設計であるかが分かるというものです。

ショッピングガードも、破格

買い物をしたときの補償も、とても充実しています。

JCBゴールドでは、国内、海外を問わず、カードで購入したほとんどの商品について、購入日から90日以内に生じた破損や盗難等の損害を、1年間に最高500万円まで補償してもらえます。

この補償は、高額の商品を購入したときにはとても助かります。また、特に海外旅行では搬送中の荷物の扱いが手荒なことが多いので、この補償がないと危なっかしくて仕方がありません。

この補償についても、年会費が同じ三井住友VISAゴールドでは最高300万円の補償にすぎませんし、年会費が3倍近くもするアメックスゴールドは、JCBゴールドと同額の最高500万円の補償になります。

この点でも、JCBゴールドのコストパフォーマンスが突出しています。

航空機遅延保険まで、破格

ビジネスや旅行で国内外を行き来する過程で避けられないのが、航空機の利用。

確かに航空機は快適に、短時間で目的地に到着できる素晴らしい移動手段です。

しかし、航空機は厳格なセキュリティ方針に基づく施設運用、安全管理上の要請から、ときに大幅に出発や到着が遅れたり、突然、目的地の変更が行われたりします。

また、大量の貨物の管理をする間に何らかのミスが生じ、預けた荷物が全く別の飛行機に乗せられて、はるか遠くに運ばれてしまうことも、ままあります。さらに、もっとひどい場合は、手荷物が完全に紛失してしまうこともあるでしょう。

そうなると、乗客は出発地や目的地と異なる場所で長時間の待機や宿泊を強いられたり、代替物を購入したりする必要が生じ、予定外の出費が発生することになります。

JCBゴールドでは、このような様々な事態が発生した時のために、きめ細かな補償を用意しています。

これについては分かりやすく表にまとめましたのでご覧いただきたいと思います。

JCB
ゴールド
三井住友VISA
ゴールド
アメックス
ゴールド
年会費 10,000円 10,000円 29,000円
補償の対象 国内、海外 国内、海外 海外のみ
乗継の遅延
生じた場合に
かかった客室料や
食事代
の補償
2万円まで 2万円まで 2万円まで
出航の遅延
生じた場合に
かかった
食事代
の補償
2万円まで 1万円まで 2万円まで
預けた手荷物が
遅延
したために
購入した代替物の
代金
の補償
2万円まで 1万円まで 2万円まで
預けた手荷物が
紛失
したために
購入した代替物の
代金
の補償
4万円まで 2万円まで 4万円まで

 

ほら、ここでもダントツのコスパでしょ?

以上に見たように、ゴールドカードの各種の機能の中で重要度が特に高い「補償機能」について、JCBゴールドがいかに破格の充実ぶりを誇っているかをご理解頂けたと思います。

それに引きかえ……いや、やめておきます。

細やかに心配りされたゴールド専用サービスが心地いい

JCBゴールドのステータス感やしっかりとした与信枠の設定、各種保険などの基本機能がとても優れたものであることはすでに述べたとおりですが、その他、JCBゴールド専用に用意されたサービスが、とても利用しやすく、心地よいものに仕上がっています。

空港のラウンジサービスや手荷物の無料宅配でゆったり

まず、旅行や出張で空港を利用するときは、ホッと一息つける場所の確保をしたいものです。

これがあるかどうかで出発までや乗り換えまでの待ち時間を快適に過ごせるかどうか、ひいては旅行全体の快適さまでが大きく左右されます。

この点、JCBゴールドを持っていれば、国内の主要空港内のラウンジに加えハワイ・ホノルル国際空港内の空港ラウンジまで年中無休・無料で利用できます。

ドリンクサービスはもちろん、雑誌・新聞の閲覧など、気の利いた空間とサービスで、快適な時間を過ごすことができます。

ちなみに無料で利用できるラウンジは、以下のとおりです。

北海道・東北

  • 新千歳空港「スーパーラウンジ」
  • 新千歳空港「ロイヤルラウンジ」
  • 函館空港「ビジネスラウンジA Spring.」
  • 青森空港「エアポートラウンジ」
  • 秋田空港「ロイヤルスカイ」
  • 仙台空港「ビジネスラウンジEAST SIDE」
  • 仙台空港「ビジネスラウンジWEST SIDE」

関東

  • 成田国際空港第1ターミナル「IASS EXECUTIVE LOUNGE1」
  • 成田国際空港第2ターミナル「IASS EXECUTIVE LOUNGE2」
  • 羽田空港 第1旅客ターミナル「エアポートラウンジ(中央)」
  • 羽田空港 第1旅客ターミナル「エアポートラウンジ(北・南)」
  • 羽田空港 第2旅客ターミナル「エアポートラウンジ(南)」
  • 羽田空港 第2旅客ターミナル「エアポートラウンジ(北)」
  • 羽田空港 第2旅客ターミナル「エアポートラウンジ(北ピア)」
  • 羽田空港 国際線旅客ターミナル「SKY LOUNGE」
  • 羽田空港 国際線旅客ターミナル「SKY LOUNGE ANNEX」

中部・北陸

  • 中部国際空港「プレミアム ラウンジ セントレア」
  • 新潟空港「エアリウムラウンジ」
  • 富山空港「ラウンジらいちょう」
  • 小松空港「スカイラウンジ白山」

近畿

  • 伊丹空港「ラウンジオーサカ」
  • 関西国際空港「KIXエアポートラウンジ」
  • 関西国際空港カードメンバーズラウンジ「六甲」「アネックス六甲」「金剛」
  • 関西国際空港カードメンバーズラウンジ「比叡」
  • 神戸空港「ラウンジ神戸」

中国・四国

  • 岡山空港「ラウンジ マスカット」
  • 広島空港「ビジネスラウンジ もみじ」
  • 米子空港「ラウンジ DAISEN」
  • 山口宇部空港「ラウンジきらら」
  • 高松空港「ラウンジ讃岐」
  • 徳島空港「エアポートラウンジ ヴォルティス」
  • 松山空港「ビジネスラウンジ」

九州・沖縄

  • 福岡空港「くつろぎのラウンジTIME」
  • 北九州空港「ラウンジ ひまわり」
  • 大分空港「ラウンジ くにさき」
  • 長崎空港「ビジネスラウンジ アザレア」
  • 熊本空港「ラウンジ ASO」
  • 鹿児島空港「スカイラウンジ 菜の花」
  • 那覇空港「ラウンジ華~hana~」

海外

  • ハワイ・ホノルル「アイ・エー・エス・エス ハワイ ラウンジ」

なかなかでしょ?

また、海外旅行から帰国したときには、空港からの手荷物はなるだけ少なくして家まで帰りたいものですが、JCBトラベルデスクをJCBゴールドで利用すれば、手荷物の無料宅配券をプレゼントしてもらえます。

実に気の利いたサービスです。

旅行代金の支払いをすれば、Oki Dokiポイントがドーンと貯まる

旅行代金の支払いは高額になりがちなので、そこでもらえるポイントが多いのはとてもありがたいことです。

ポイントを貯めて、また新しい旅行にもいけますしね。

JCBゴールドでは、旅行関連の支払いをJCBトラベル提携のオンライン予約サービスを通じてすれば、ものすごい勢いで、ポイントが貯まっていきます。

具体的には、国内の宿泊予約であればポイントが5倍に、海外ホテルの予約であれば12倍に、東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテル(6施設)に宿泊するJCBのパッケージプランに申しこめばポイントが10倍にと、太っ腹な還元をしてもらえます。

なにか特別なことをせずに割引きをしてもらえるのは、とても嬉しいことです。

グルメ優待サービスがとてもお得で、おいしい

もともとJCBカードの保有者だけは、JCB優待ガイドを用いて、全国の様々なお店で大きな割引きを受けたり、優待サービスとして色々おまけしてもらったりしてもらえます。

これだけでもかなりお得なのですが、JCBゴールド以上のプレミアムカードの会員は、専用のサイトで、更に大きな優待をナイショで受けることができます。

この専用のサイトには、一般のJCB優待ガイドには入っていない250以上もの名店があったり、一般のJCB優待ガイドを利用するユーザーには10%割引が提示されるところ、プレミアムカードの会員だけには20%割引の料金を提示されていたりします。

専用サイトの検索結果で、「グルメ優待」という金色のラベルが付いているのがプレミアムカード保有者だけの優待内容で、「JCB優待」というピンクのラベルが付いているのがJCB一般カード保有者用の優待内容ですね。

いいお店で外食したときの10%の差って大きいですよ。

年に何回かこのサービスを利用するだけで、ゴールド年会費を軽く超えてしまうんじゃないかっていうくらいのインパクトがあると思います。

大切な人と素敵な時間を過ごすときも、特別にリーズナブルな価格が提供されるこのサービスは、まさに「特権」とでも呼ぶべき豊かな内容だと思います。

とっておきの優待サービスと評価できる水準でしょう。

ぜひ、どんどん利用してください。

ゴルフサービスを使えば、あの有名コースでプレーできる

ゴルフ好きな方にはとてもうれしいサービスもついています。

有名コースでのゴルフコンペの開催や、全国で約1200ヵ所のゴルフ場の手配をしてもらえます。

なかなか予約ができなかったあのコースでも、カンタンにプレーすることができるでしょう。

エンタメのプレミアムチケットだってラクラク

演劇、コンサート、歌舞伎などの良席を保証してもらえたり、特典付チケットを優先的に案内してもらえたります。

観劇好きな方や音楽ファンにはたまらないサービスです。

税理士やFPにお金のことを無料で相談できて安心

お金のことを誰かに聞きたくても、個人レベルではなかなか適切な相手がいないものです。

この点、JCBゴールドがあれば、税務・年金・資産運用その他、お金の心配事について、プロに気軽に電話で相談することができます。

健康サービスも充実!健やかな心身でさらに人生を楽しめる

夜中に体の具合が悪くなったときや、病院に行く前に少し予備知識を得たいとき、子供の突発的な発熱など、医療の正確な知識が欲しいことがありますよね。

そんなときにJCBゴールドがあれば、医療・健康・介護・育児などに関する相談や、医療機関の案内など、経験豊かな医師や看護師が24時間・年中無休で応えてくれるうれしいサービスを無料で受けることができます。

その上、痰などの検体を郵送するだけで、自宅にいながら専門の技師・医師によるアドバイスや病院の紹介が受けられるサービスを優待料金で利用でき、さらには人間ドックサービスの優待まで受けられます。

これらのサービスを活用して得られた健康な肉体と精神は、あなたにより豊かな人生をもたらしてくれるでしょう。

JCBゴールドが提供してくれる多くのベネフィットも、健康な肉体と精神があって初めて楽しめるものですからね。

会員情報誌「THE GOLD」

これまでに説明してきたように、JCBゴールドには様々な優待サービスや素敵な企画が目白押しですが、そのような豊富なサービスなども、その存在を知ることができなければ宝の持ち腐れです。

そこで、JCBでは、JCBゴールドの会員に対し、旅行やイベント、演劇やコンサート、ゴルフなどの優待情報を随時、専門の情報誌でお知らせしています。

これらをチェックするだけで、人生を彩る多くの楽しみがあなたの下に舞い込んでくるでしょう。

ゴールド会員専用デスク

JCBゴールドの会員の方には、通話料が無料の専用インフォメーションデスクが用意されています。

カードに関する全般的な問い合わせなどについて、とても丁寧に対応してもらえますので、JCBゴールドの細かいサービスにいたるまで安心して使いこなすことができます。

デザインが高品質

もう一つ、JCBゴールドの良いところは、デザインが上質でとても高級感があるところです。通常デザインのゴールド版と、上質だけどかわいいディズニーデザインから好きな方を選ぶことができます。

さらに上の世界が見えてくる

また、うれしいことにJCBゴールドには、招待制のJCBゴールド ザ・プレミア、および、JCB THE CLASSという、より上級のプレミアムカードが用意されています。

JCBゴールドで適切な利用を積み重ねていけば、そのうち、あこがれの両カードへの招待状があなたのもとに届くかもしれません。

とても楽しみですね。

家族カードが無料だから、素晴らしさを分かち合える

これだけ素晴らしく作りこまれたJCBゴールドですが、なんと年会費無料で家族カードを作ることができます(2枚目以降の家族カードは1000円/年)。

本会員の方と同等の充実したサービスを、ご家族の方も利用できますので、大変コストパフォーマンスが良いと思います。

ぜひご家族でこの素晴らしいサービスを分かち合われると良いと思います。

家族でのよい思い出がたくさん増えるのではないでしょうか。

得られる利益に対し、年会費がとても安い

なかなかいいと思いませんか?

JCB一般カードも大変よくできたベーシックなカードですが、そのよくできたカードに、さらにこんなにたくさんのメリットが上乗せされているんです。

そこで、じゃあコストはどうなんだというのが気になるところですが、これがたったの年会費1万円。つまり、月あたり833円なんです。

上のサービスのどれか一つを年に1回でも使うと、元を取れてしまえるレベルです。

いや、サービスなど使うまでもなく、付帯している保険だけで初めから年会費程度のコストはペイしてしまっていると言っていいでしょう。

いわば、その上に、タダで色んなサービスが上乗せされているようなものです。

もちろん、今ならキャンペーンが適用されておトク

JCB一般カードのページでも言いましたが、JCBゴールドを含むJCBオリジナルシリーズでは現在、大変お得なキャンペーンをやっています。

カンタンにおさらいすると、まず2017年3月31日(金)までの期間限定で、最大1万2500円分のギフトカード&キャッシュバックしてをしてもらえます。

さりげなく実施されていますが、実はかなりお得なキャンペーンですので、JCBゴールドを検討している方はうっかり期限切れにならにように、お早目のほうがいいですよ(笑)。

(関連記事)