JCBゴールド法人/JCBビジネスプラスゴールド法人カードは、その名の通り、JCBが発行する法人または個人事業主用のゴールドカードです。

このカードは日本国内でビジネスをしている大企業でないほとんどの会社にとって、とてもコスパが高く人気が高い、JCB一般法人/JCBビジネスプラス法人カードに、より大きな利用限度額や補償、豊かなベネフィットがどっさりと上乗せされた、ワンランク上の法人カードです。

ひとことで言うと、リーズナブルなのに高品質な法人カードの代表選手といったところでしょう。

JCBの法人カードの一般的な良さについてはJCB一般法人/JCBビジネスプラス法人カードのページをまずお読みいただくことにして、このページでは、JCBゴールド法人/JCBビジネスプラスゴールド法人カードには、JCB一法人/JCBビジネスプラス法人カードの上にどのような「プラスα」が上乗せされているのかを中心に考えていきたいと思います。

JCBゴールド法人/JCBビジネスプラスゴールド法人カード独自のメリットが快適

小~中規模ビジネスにちょうどいい利用枠で使いやすい

まず、JCBゴールド法人/JCBビジネスプラスゴールド法人カードの利用可能枠は、JCB一般法人/JCBビジネスプラス法人カードよりも大幅に上がります(具体的な金額は個別設定のため公式サイトをご覧下さい)。

実際、小規模ビジネスでも、例えばウェブ広告などの出稿を積極的に行えば月によってはクレジットカードの支払いが100万円単位に及ぶこともありますし、中規模ビジネスに成長して各営業担当者の出張や接待交際費も直接、従業員用の法人カードで決済する体制を作ればそれなりの利用枠は必要でしょう。

また、会社全体として立て替え経費の事後精算や小口現金からの仮払いを減らし、会社名義の法人クレジットカードで経費の直接決済をするように努めていけば、営業に関係ない事務コストを最小限に抑えることができるようになり、とても好都合です。

なお、150~200万円以上の支払いをカードでしようとお考えの方は、JCBプラチナ法人カードの方が使い勝手がいいと思いますのでそちらをおすすめします。

出張が多いビジネスでも、保険の補償額が大きいので安心

JCBゴールド法人/JCBビジネスプラスゴールド法人カードでは、このカードで旅行代金を支払わなかった場合にもきちんと保険が効く自動付帯の旅行傷害保険がとても充実しており、海外旅行では1億円、国内旅行では5000万円と高額です(※ 死亡後遺障害の5000万円を超える保障についてのみ利用付帯(このカードで旅行代金を支払った場合に限り保険が効く))。

補償の範囲もケガ、病気、携行品の損害にはじまり、国内・国外での航空機遅延に関わるさまざまな費用などまでとても広くカバーしており、業務上の万が一の損失にもしっかり対応できるので安心感が非常に高いです。

この点、JCB一般法人/JCBビジネスプラス法人カードの旅行傷害保険は全て利用付帯ですし、航空機遅延保険もついていませんから、出張が多いビジネスをしておられる経営者の方は、ゴールドを選ばれることを強くおすすめしたいと思います。

空港ラウンジサービスが無料でつくので、出張時の移動も快適

JCBゴールド法人/JCBビジネスプラスゴールド法人カードを持っていれば、国内の空港を中心に、VIPラウンジを年中無休、無料で利用することができますから、出張中の気力も体力も温存でき、ビジネスのパフォーマンスが最大限に上がります。

使えるラウンジはこんなにたくさんあります。

ラウンジ

少しコストをかけても本業の成約率が上がる方がはるかにメリットが大きいことは、経営者である読者のみなさまもよくご存じのとおりです。

それが、カード年会費以上には一切コストがかからずに、ビジネスの成功確率を上げられるのですから、非常に投資効率のよいサービスと断言できます。

なお、海外出張が多い方は、世界の空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが利用できる、JCBプラチナ法人カードがよいでしょう。

購買が多いビジネスではショッピングガード保険がとても助かる

また、JCBゴールド法人/JCBビジネスプラスゴールド法人カードのショッピングガード保険(国内/海外)は、このカードで何かを購入した日から90日間、購入物の破損や盗難の被害について、年間に500万円までしっかり補償してくれます。

ビジネスの過程では消耗品や様々な機材、什器備品を購入しますが、買った直後にうっかり壊してしまったり盗難にあってしまったりすることもあります。

割とよくあることだと思いますが、例えば、そこそこ値の張るパソコンその他の電子機器、割れ物などを壊してしまったときなどはとても困りますよね。

それがカードを利用して購入した後、90日以内なら、その損害を補償してもらえるというのですから、これはとてもありがたいサービスです。

ちなみにJCB一般法人カード/JCBビジネスプラス法人カードであれば補償額は年間100万円までですから、この500万円の補償がいかに手厚いものであるか、よくご理解いただけると思います。

JCBゴールドグルメ優待 ・ゴルフエントリーサービスはツカえる

さらに、JCBゴールド法人/JCBビジネスプラスゴールド法人には数多くの一流料理店で用いることのできる割引サービス、「JCBゴールドグルメ優待」や、有名コースでのゴルフコンペへの参加や、全国約1200ヵ所のゴルフ場の手配をしてもらえるサービスがついてきますので、接待にも大活躍です。

ビジネスを側面からアシストするこの手のサービスにも抜かりがないと感じます。

でも安い

もちろんビジネス形態や規模にもよるとは思いますが、JCBゴールド法人/JCBビジネスプラスゴールド法人カードを導入するだけでこれだけのメリットがあれば、営業上のプラス効果や経費の節減効果はそれなりの金額分あるんじゃないでしょうか。

なのに、年会費は初年度無料

2年目以降もたったの1万円(税別)。

従業員分のカードを増やしても1枚3000円(税別)。

激安でしょ?

これぞ、良い投資というものです。

キャンペーンで7000円分のギフト券などをもらえるとか

JCBゴールド法人/JCBビジネスプラスゴールド法人カードの公式ページによれば、2017年3月31日までなら入会時にJCBギフトカードやキャッシュバックで最大7000円分のプレゼントをしてくれるそうです。

まあ、ちょっとしたお小遣いです。

せっかくですから、もらっときましょう。

(関連記事)