JCBプラチナ法人カードは、非常に高いコストパフォーマンスで人気のJCBゴールド法人カードに、利用枠や旅行保険などの補償額をてんこ盛りした上、多くのベネフィットをどっさりと上乗せしたクレジットカードです。

いわば、法人クレジットカード界のレクサスLSのようなカードといえばいいでしょうか。

当ページでは、JCBプラチナ法人カードにはJCBゴールド法人カードにどのようなメリットやベネフィットが上乗せされているかを中心にお話ししますので、ベースになるJCBゴールド法人カードについてあまりご存じでない方は、先にJCBゴールド法人カードについてのページをご覧になった方がよいかもしれません。

(関連記事)

ゆとりのあるカード利用枠だから使いやすい

JCBプラチナ法人カードでは、利用枠が個別に大きく設定されますのでとても余裕がある利用ができます。

消耗品、ネットで決済のできる仕入れ、広告費、出張交通費など、大きくなりがちなビジネス上の支出がカード決済できるので、資金繰りもよくなり、とても使い勝手が良いです。

おおむね月に150万円以上の支払いをカードで行いたいという方であれば、この価値はきっとご理解頂けると思います。

プラチナ・コンシェルジュデスクが非常にハイレベル

JCBプラチナ法人カードの特典の中でも特にビジネスの役に立つのは、プラチナ・コンシェルジュデスクではないでしょうか。

ビジネスでは商談や会議に伴う食事会、接待の宴席やゴルフなど、本業そのものではないけれど、とても重要で準備にちょっと時間がかかる事柄があります。

もちろん自分で調べて手配しても、従業員に準備を任せてもよいですが、それだって「見えないコスト」になってますよね。だって、それをしなければ別の仕事ができたわけですから。

そんなときに大活躍してくれるのが、このプラチナ・コンシェルジュデスクです。

たとえば…

  • 遠方から見える大切な顧客を、評判が良いけれど予約がとりにくいレストランでおもてなししたいときにシッカリと予約を完了しておいてもらったり
  • 接待の後に渡すための気の利いたおみやげ物を探した上で購入し、会社まで送ってもらう手配をしてもらったり
  • 出張では予定や予算に沿ったホテルや新幹線、飛行機、レンタカーなどを調べ、予約まで済ませてもらったり
  • 上客を観劇やスポーツ観戦などに招待するために、良席のチケットを確保してもらったり
  • アポイントの後に急に顧客と食事を共にすることになったときに、適切な場所を近くで探して席を押さえてもらったり
  • 接待ゴルフのために有名コースを予約してもらったり

こういうのって、大事だけれど、意外に手間も時間もかかりますよね。

社内で行えば軽く1時間くらいはかかりそうなものだってあります。

ところが、こんな面倒な作業でも、プロのコンシェルジュに丸投げして代行してもらえるんですよ。

さらにこのプラチナ・コンシェルジュサービスがすごいのは、この丁寧で気の利いたサービスを、なんと24時間365日体制で提供してくれるのです。

自社の従業員に、こんなことを夜中に頼んだら、「それ、残業代つけていいっすか?」なんて言われてしまいそうです(ウチだけ?)。

でも、プラチナ・コンシェルジュに頼めば、とても高いレベルで、軽やかに良い仕事をしてもらえます。

ナカナカいいでしょ?

もし従業員にこういう雑多な仕事をちょくちょくさせるのであれば、その分だけで、まあ、月に最低3万円以上の給与は見込んでおかなければならないと思いますよ。

とにかく、プラチナ・コンシェルジュデスクに何でもどんどん相談してみてください。

遠慮はいりません。

あなたのビジネス上の選択肢が、とても広がりますよ。

プライオリティ・パスのプレステージプランが無料に

また、JCBプラチナ法人カードでは、プライオリティ・パスの最上級会員資格である、プレステージプランが無料で利用できます。

プライオリティ・パスというのは、世界の空港の850か所以上のVIPラウンジを利用することができるサービスで、世界中の一流ビジネスマンや旅行好きの人々に愛される、贅沢なサービスです。

このプライオリティ・パスに用意されているいくつかのプランのうち、すべてのラウンジを何度でも無料で使える、最も上位の「プレステージプラン」に入会するには、原則として399ドル(1ドル100円としても39900円!)の年会費が必要です。

ところが、JCBプラチナ法人カードには、このプライオリティ・パスのプレステージプランが無料でついてくるんです。

もともとJCBゴールド法人カードでも国内の空港とハワイのホノルル国際空港のラウンジを利用する権利はついていますが、その他の海外の空港ラウンジ利用については手薄でした。

ですが、JCBプラチナ法人カードに付いてくるプライオリティ・パスがあれば、世界中どこでも、快適なVIPラウンジで商談前に英気を養うことができます

特に疲労度の高い海外出張でラウンジが自由に使えるのは、本当にありがたいですよね。

JCBプレミアムステイプランを使うことができる

また、大切な商談を控えた出張では、空港を出た後の宿泊先も、なるだけ「良いホテル」の「良い部屋」に「お得な料金で」泊まりたいものです。

間違って変な宿泊先に泊まってしまい、かえって疲れが増してしまうようなことになれば、商談にも身が入らなくなりかねないですからね。

でもご安心を。

JCBプラチナ法人カードの会員は、JCBのプレミアムカードだけに付帯する極上のホテル優待サービスであるJCBプレミアムステイプランを利用できます。

このプランでは、数多くの一流ホテルや旅館を、JCBのプレミアム会員限定の大変お得な料金で利用できたり、豊かな優待をつけてもらったりできます。

このプランを利用して予約をすれば、あなたはホテルに着いたときから1ランクも2ランクも上の待遇で、気持ちよく過ごすことができるでしょう。

もちろん、ホテルの手配はプラチナ・コンシェルジュに頼んでしまえばさらに快適ですよ。

旅行傷害保険がとても手厚い

もう一つ、忘れてはいけないのが、保険のこと。

出張の多い方は不慮の事故などに備え、カードに付帯する旅行保険にもしっかり配慮しておきたいところですが、JCBプラチナ法人カードの旅行保険はとても手厚い補償内容です。

JCBゴールド法人カードでは海外旅行傷害保険が最高1億円、国内旅行傷害保険が最高5000万円であり、この時点でもかなりハイレベルの補償ですが、JCBプラチナ法人カードでは国外・国内旅行傷害保険ともに最高1億円です。

また、国内、国外航空機の遅延保険だって国内のカードとしては最高の水準で用意されていますので、海外出張だってメチャ安心です。

もちろん、ぜんぶ自動付帯ですよ。

ですから、JCBプラチナ法人カードで旅行代金を支払っていない場合だって、きちんと全ての保険がきいてます。

クレジットカードの旅行保険としては圧倒的に国内最強レベルですから、出張等につきものの不慮のトラブルにも、しっかり対応できるでしょう。

グルメベネフィットで一流のコース料理1名分が無料に

さらに、非常に有用な特典として評判が良いのが、グルメベネフィットです。

これは、日本全国の100以上の著名なレストランで、2人以上でコース料理を頼めば1人分が無料になるサービスです。

例えば、2万5000円以上もするようなコースでも、問題なく1人分無料になります。

ときには値の張るお店で接待したいこともあるでしょう。

それでビジネスがうまく進めば安いものです。

でも、それが更に安くなるというのなら、それはそれでとても嬉しいことです。

年に3~4回でも、そういったお店を利用すれば、一体いくらの経費節減になるでしょうか。

それも、すばらしい接待ができた上での経費節減ですから使わない理由はありません。

JCB Lounge 京都を利用できる

さらに、京都によく出張する方にはとてもいい話があります。

JCBプラチナ法人カードを持っていれば、京都駅内にある、JCBのプレミアムカード会員だけが利用できるラウンジを利用することができるんです。

京都駅で少し時間が空いたときや、京都駅で荷物を置いて市内をあちこち移動したいときなどに、とても重宝する心地よいラウンジです。

このラウンジを利用できるのは、JCBザ・クラス、ANA JCBカード プレミアム、JAL JCBカード プラチナ、JCBプラチナ法人カードと、JCBゴールド ザ・プレミアのホルダーに限られ、JCBゴールド法人カードの保有者でも利用できませんので、相当に限定された方だけが利用できるラウンジと思っていただいて結構です。

京都駅を通るときには、ぜひ活用してみてください。

こんなにすごいのに、年会費はこれっぽっち

ここまででは、JCBプラチナ法人カード独自の特典としてJCBゴールド法人カードに上乗せされたものうち、代表的なものだけを挙げてみましたが、結構すごい内容だと思いませんか?

ためしにざっくりと金額に見積もってみましょう。

  • コンシェルジュサービスを激安に見積もって月1万円と考えると、年間12万円くらいの価値は間違いなくあるでしょう(本音では最低でも月3万円の価値はあると思っています)。
  • プライオリティ・パスは399ドルですから、ざっくり年間4万円にしてしまいましょう。
  • JCBプレミアムステイプランは、使う方にとってはとてつもない価値がありますが、算定が難しいので、もう厳しく0円にしてしまいましょう。
  • 国内旅行傷害保険を5000万円から1億円に上乗せするために必要な保険料は年間5000円くらいでしょうか?
  • 仮に年に2回程度、2万円のコース料理を1名分無料にしてもらったとして、4万円の価値は間違いなくあるでしょう。

かなり厳しく見積もってみましたが、それでも、合計すれば、年間に20万5000円分のメリットを享受することができてしまっています。

ところが!

JCBプラチナ法人カードの年会費は・・・・・3万円(税別)です。

ホンマですか!と突っこみたくなります。

すでに相当コストパフォーマンスの高いJCBゴールド法人/JCBビジネスプラスゴールド法人カードの年会費が1万円ですから、そこにわずか2万円の追加をするだけで、これだけすごいメリットを上乗せしてもらえるわけです。

正直、安すぎると思います。

ちなみに、JCBプラチナ法人カードに結構近い内容の三井住友ビジネスプラチナカードの年会費は5万円、アメックスのプラチナはなんと13万6500円です。

もう一回言ってしまいます。

安すぎです

どうせならキャンペーン中に7000円分の特典をもらっとくのが吉

JCBプラチナ法人カードの公式ページによれば、2017年3月31日までなら入会時にJCBギフトカードやキャッシュバックで最大7000円分のプレゼントをしてくれるそうです。

これまでに挙げてきた数々の特典に比べれば微々たるものですが、そこはしっかり拾っておくのがよいのでは?

と、弱小零細事業主のわたしは思うのです(笑)。