毎日の生活のすみずみの支払いにまで、ドンドン使い込んでいく「メインカード」。

このページでは、メインカードとして優秀なクレジットカードのベスト3を選んだ上で、ランキングしました。

なが~く使い込んでいくメインカードですから、当研究室ではその選定にあたり、良いメインカードの条件として、以下の3点を特に重視し、10点満点で採点しました。

  1. 決済性(配点3点):日常生活や旅先でのどんな場面でもきちんとカードを使って決済ができること
  2. 拡張性(配点3点):生活、家庭、仕事の全てわたり、柔軟に変化に対応できること
  3. 信頼性と安定性(配点4点):そのカードを持てば、永きにわたり、保有者の「信用」がそこに蓄積され、将来において蓄積された信用が花開き、保有者の人生が豊かになること

この3つを兼ね備えるカードであれば、永きにわたり、あなたの経済生活のよき伴侶として、大きな力になってくれるでしょう。

以下にランキングされているカードは、いずれも高いレベルでこれらの条件を満たしていますので、安心してメインカードに選んで頂けるカードです。

自信を持ってオススメいたします。

第1位 JCBカード オリジナルシリーズ(10点)

JCBカードは日本を代表する国際ブランドであり、「多くの日本人が最も使いやすい」と考えられる設計のクレジットカードを多く発行しています。

特に、基幹ブランドであるJCBオリジナルシリーズの一連のカードはとても細やかなサポート体制を持ち、国内外で、親切な対応を受けることができます。

決済性(3/3点)

まず、決済性についてはその長い歴史から、国内であれば都市部で困ることはまずなく、地方でも最強ですし、海外でも、特に日本人がよく訪れるような世界中の観光地で幅広く使用でき、高い決済性を持ちます。

また、特に優れているのは、日本人にとって人気の高い世界の60か国の観光地にJCBプラザ・JCBプラザラウンジを用意しており、日本語で対応できるスタッフが、旅行の強い味方になってくれるなど、単なる支払いの決済を超えた親切な支援を、無料で提供してもらえます。

拡張性(3点/3点)

次に、拡張性についてですが、これもとても優れています。

クレジットカードの本体的な機能である決済機能、保障機能はシッカリ作りこまれており、その上で、付加的な機能である家族カードやETCカード、電子マネーなどを幅広く後付けしたり、廃止したりできますので、その時どきの状況の変化に応じ、柔軟に、カードの利用体制をカンタンに整えられます。

信頼性、安定性(4点/4点)

さらに、最も重要な信頼性と安定性については、非の打ち所がありません。

オリジナルシリーズには、学生さんや29歳以下の若い方向けのJCB CARD EXTAGEに始まり、最も人気のあるJCB一般カード、ワンランク上のサービスを安心して受けたい方のためのJCBゴールドカード(29歳以下の若い方向けにはJCB GOLD EXTAGE)、さらに信用の高い方向けにある招待制のJCB THE CLASS(プラチナカード相当)がラインナップされていますが、長期間にわたり、JCBのオリジナルシリーズの利用をこつこつと積み重ねていくことで、あなたの信用もまた、JCBという強固な土台の上に、確実に積み重ねられていくでしょう。

そして、そうしているうちに、あなたはより上位のカードを持ち、より高いサービスとベネフィットを受けるにふさわしい状況に身を置いていることに気づくことでしょう。

出張や旅行によく行かれる方は

一つ忘れていました。

オリジナルシリーズには、航空機を利用する方にとって、とても利便性が高く、快適な旅を約束してくれる、JCBカード/プラスANAマイレージクラブもラインナップされていますので、メインカードにふさわしいマイレージカードが必要だという方は、こちらを選ばれるのが良いと思います。

総評

以上、日本人が、もっとも快適に、誇りを持って、メインカードとして用いることができるのは、JCBのオリジナルシリーズであると、断言します。

JCBカード オリジナルシリーズについての、より詳しい記事はこちら

第2位 三井住友VISAカード(9.5点)

メインカードにふさわしいクレジットカードの2位は、CMでもよく耳にする、三井住友VISAカードシリーズの一連のカードです。

このシリーズ内にはデビュープラスカードクラシックカード/クラシックカードAアミティエカードプライムゴールドカードゴールドカードの5種類ものバリエーションがあり、カードを作る方の年齢、性別や好みによって、豊富なラインナップを持っています。

三井住友VISAカードは、三井住友カード株式会社の発行するクレジットカードですが、そもそも日本のVISAカードはこの会社の前身の一つである住友カードによって日本に紹介されたものあり、現在、これだけVISAカードが国内で普及しているのは、まさに三井住友カードの功績だと言っても過言ではないでしょう。もちろん、現在でも三井住友カードは国内の最大手カード会社の一つです。

「三井住友VISAカード」の各種カードは、その三井住友カードの屋台骨をなす中心的な商品だけあって、それを構成する各カードはいずれも非常に優秀なカードとして人気があります。

決済性(2.5/3点)

まず、決済性については非常に優れていると断言でき、安心して利用することができるでしょう。

国内では、特に地方の加盟店舗数でJCBに少し及びませんが、ふだんの生活でVISAカードが使えないような店はまずありませんので、実際には決済性について気になることはないと思います。

また、海外では、VISAが世界中で最も多くの加盟店を持っている(つまりカードが使える)国際ブランドであることのメリットが最大に活き、支払いができない事態におちいる可能性は最も少ないです。

したがって、日本人にとってややマイナー目の海外を含めて海外によく行く方で、カードは1枚しか持ちたくないのであれば、1位のJCBよりも、三井住友VISAカードがおすすめです。

拡張性(3点/3点)

三井住友VISAカードは、拡張性についても非常に高いレベルで確保されています。

そもそも、クレジットカードで一番たいせつな基本機能は、「支払いがきちんと決済できること」と「カードの紛失、盗難に遭ったときに素早く対応し、補償してもらえること」といえます。

三井住友VISAカードではこの基本機能がとても高いレベルに設計されおり、日常生活において、安心して「空気のように」カードを使い続けられます。

その上で、電子マネーや家族カード、ETCカードのような、付随的な機能後からカンタンに追加したり廃止したりできる設計になっていますので、長い人生における環境の変化があるたびに、気軽に手持ちカードの構成を整えることができます。

手続きの煩雑さでストレスを受けなくて済む設計になっているのは、とてもうれしい配慮だと思います。

以上のように、三井住友VISAカードは、カードの基本部分はガッチリと、付随的な部分は柔軟に出し入れできる仕組みが非常に良くできています。

このため、このカードのユーザーは環境の変化に応じて手続き関係で面倒な事態にあうこともなく、長きにわたり、安心してカードを利用し続けることができるでしょう。

信頼性、安定性(4点/4点)

信頼性と安定性についても、三井住友VISAカードはとても高い水準です。

はじめに少し述べたとおり、三井住友カードは日本におけるVISAカードの先駆けであり、もっともシェアの高い発行会社です。

特に、このシリーズの中で最も人気のある三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードAはその汎用性と洗練度から、非常に多くのユーザーに支持されており、実績から見ても安心できます。

また、三井住友VISAカードは一生にわたっての利用に耐える、懐の深い設計になっていますので、このシリーズのプラットフォーム上で適切にカードの利用を積み重ねていきさえすれば、いつの間にか、あなたの「信用」が、三井住友カードという確実な土台の上に高く積み重なっていきます。

信用が積み重なれば、いずれはゴールドカードプラチナカードといった、高いステータス性とそれに付随するベネフィットを受けられる道が開けてきます。なんだか夢のある話ですよね。

もちろん、前述のように、クラシックカード/クラシックカードA以外にも、学生向けの学生用カード、若い方用のデビュープラスカード、女性向けのアミティエカードなど幅広いラインナップが用意されています。アミティエカードには女子学生にピッタリのアミティエカード(学生)まで用意されているのが、心憎いところです。また、20代でゴールドカードを持ちたいという方にはプライムゴールドカードがあります。

まずは、このシリーズの中で、ご自身の年齢、性別、好みなどを考え、ぴったり合うカードを一枚選んでおけば、それがあなたの人生に大きな影響をおよぼす「良い選択」になるでしょう。

三井住友VISAカードのような素性の良いクレジットカードのシリーズから今のあなたにとってちょうどよい一枚を選び、そこから一歩ずつ、適切なカード利用をすることで「信用」を積み上げていってください。

そうして積みあがった「信用」は、あなたにより豊かな実り多き人生をもたらしてくれるでしょう。

総評

今回、当研究室では、メインカードとして国内や身近な海外で最も使いやすいカードであるか否かを重視したため、僅差で三井住友VISAカードを2位に位置づけました。

しかし、1位のJCBオリジナルシリーズ三井住友VISAカードの実力は拮抗しており、どちらを選ぶかは、好みの問題ともいえるかもしれません。

あえて言うなら、日本人旅行者が少ないような海外にも時々行くなら三井住友VISAカードを、国内や身近な海外で使うことが多いのなら1位のJCBカード オリジナルシリーズが良いと思います。

いずれにせよ、日本のクレジットカード界の2傑ともいえるこの2つのシリーズの中から今のあなたの状況の沿った選択をすれば、それがあなたの人生にとってベストの選択である可能性が、とても高いと断言します。

三井住友VISAカードについての、より詳しい記事はこちら

第3位 セゾンカードインターナショナル(9点)

セゾンカードインターナショナルは、2800万人もの会員を擁する大手クレジットカード会社、クレディ・セゾンの中心をなすカードです。

セゾンカードインターナショナルは、ブランド力ではJCBや三井住友VISAカードに一歩譲りますが、その実力はなかなかのもので、特に「おトク」路線においては他の追随を許しません。

メインカード向きのバランスの良さ、オールマイティさはそのままに、カード利用で得られるポイントの有効期限を「永久不滅」にし、西友などのスーパーでの割引を充実させ、年会費を無料にするなど、ユーザー視点での使い勝手の向上に力を入れる、ユニークな運営方針であるといえるでしょう。

そのためか、「おトク」に敏感な若い女性や主婦層からの支持が圧倒的に高く、保有者の7割が女性です。

決済性(3/3点)

そんなカラーを持った、セゾンカードインターナショナルですが、国際ブランドとしてはJCB、VISA、マスターの中から好きなものを選べます

ですから、国内や日本人がよくいくような外国くらいでしか利用しない方はJCBを、マイナーな海外まで行かれる方はVISAを、ヨーロッパにもちょくちょく行くよ、という方はマスターを選んでおけば、何の心配もありません。

拡張性(3点/3点)

もちろん、拡張性にも十分な配慮がされています。

お得感のあるクレジットカードの本体機能に加え、ETCカードや家族カードまで年会費無料で自由に作れ、必要なくなればそれらだけを廃止できますので、生活環境や家庭環境の変化に柔軟に対応できます。

信頼性、安定性(3/4点)

メインカードとして重要な、信頼性、安定性についても、大手クレジットカードの一角を占めるクレディ・セゾンの基幹カードですから全く心配ありません。

ここで信頼を積み上げておき、将来ランクアップしたいという方には、ゴールドカードセゾンもありますので、長きにわたって使いこんでいく楽しみもあります。

総評

クレジットカードの使用目的が、日々のスーパーでの買い物や洋服、化粧品などの買い物の支払いだという方には、メインカードとして、とても向いているカードです。

じっくり長期にわたってポイントを貯め、よりよい景品に交換することもできますので、気長にゆったりとカードを使っていくスタイルの方におすすめしたいカードです。

セゾンカードインターナショナルについての、より詳しい記事はこちら

以上、いずれのカードでも、メインカードとして実力に不足はありませんので、お好みのカードを選んでみてください。

メインカードランキング上位の各公式ページはこちら

第1位:JCBカード オリジナルシリーズ

第2位:三井住友VISAカード

第3位:セゾンカードインターナショナル