毎年タダで海外旅行できるって、一体どーゆーことよ!

まぁまぁ、ちょっとお待ちください(笑)。

毎日、仕事や家事を一生懸命がんばっていると、ふと思いませんか?

あー、旅行にでも行きたい!

のんびり観光して、おいしいもの食べて、ゆったり過ごしたい~。

そうですよね。

やっぱり、ちょくちょくご褒美があってこそ、日々の活動にも精が出るというものです。

ところで、そんなささやかな望みをカンタンに叶えてくれる方法があるって、ご存じでしょうか。

じつは、ジャックスカードから出ている、エクストリームカードがあれば、毎年、海外旅行に行けるんです。

それもタダで。

ウソみたいでしょ?でもホントです。

それも、ムズカシイことなんか、何ひとつしなくていいんです。

ただ、いつもどおりに淡々と生活するだけ。

でも、ほんの少しだけ、コツがあります。

そのコツを、このページにたどり着いたあなたに、こっそり教えちゃいます。

タダで海外旅行にいける理由

ここ、島国ニッポンから海外旅行に行くには、飛行機に乗らなければいけません。

船だとちょっと時間がかかりますしね。

ところが、この飛行機には大きな問題があります。

そう、飛行機は、運賃が高いのです。

たとえば近場でいうと、JALの羽田-仁川(韓国)のエコノミーですら、片道で26,000円もします。

片道ですよ、片道。

往復だと、52,000円!高いですよねー。

ところが、この航空運賃、「ある方法」を使えば、タダになります。

その方法とは…………

……………………………………………………

………………………………もったいぶるなって?失礼。

その方法とはズバリ、航空会社が運営するマイレージクラブのマイルを貯めて「特典航空券」に交換することです。

なーんだ、知ってるよ、と思われましたか?

でも、これはご存じでしょうか。

マイルは特典航空券に交換したときだけ、価値が2倍以上になる

ということを。その上、

マイルは飛行機に乗らなくても、普段の生活だけでドンドン貯められる

ということを。さらに、

マイルが貯まっていくスピードは、ほんの少しのコツを知っているだけで、飛躍的に速くなる

ということを。

マイルが普段の生活で貯まっていくことや、貯まるスピードを速くするコツについては後から説明するとして、まず、特典航空券にしたときにマイルの価値が2倍以上になるというのはどういうことでしょうか。

まず、マイルというのは、飛行機に乗るたびに貯まっていくポイントのことをいいます。

JALやANAなどの航空会社は、それぞれ独自にこのポイントシステムを運営しています。JALマイレージバンクや、ANAマイレージクラブというアレのことですね。

そしてこのマイルを貯めていくと、貯めたマイル数に応じて色々な景品やサービス、飛行機のチケット(=特典航空券)などと交換することができます。

交換できる「景品」としては、たとえば、こんなもの(ANAマイレージクラブの場合)があります。

でも、あまり知られていませんが、マイルは、何に交換するかによって、1マイルあたりの価値が大きく違ってきます

少し例を見てみましょう。

まず、一般に、航空会社のマイレージクラブのマイルには1マイル=2円の価値があります。

色々な種類のポイントからマイルへの交換レートも、おおむねこれが基準です。

ところが、このマイルを、たとえば先ほどの「ANAマイレージクラブ」コーナーの「景品」と交換してもらうと、たいてい、マイルの価値がかなり減ってしまいます。

たとえば、せいぜい3,000円くらいで買えるような飛騨牛(焼肉用)300gと交換するために、20,000マイル(40,000円相当のマイル)が必要だとか、

飛騨牛

実勢価格で20,000円弱程度の西川リビングのジェルトロン枕と交換するために、20,000マイル(40,000円相当のマイル)が必要、などなど。

西川の枕

ほかの景品でも、おおむね似たような感じです。

このように、何も考えずにマイルを景品に交換すると、知らないうちに、かなり損することになります。持っているお金の価値がいきなり半分やら1/4やらになってしまったのと同じようなものです。

ところが、持っているマイルを特典航空券に交換したときは、どうでしょうか。

上の例で挙げた、羽田-仁川(韓国)の便だと、4~6月や年末年始を除く12月~2月など、繁忙期でない時期を選べば、往復チケットが、たったの12,000マイル(1マイル=2円とすると24,000円相当)で交換できます。もちろん、土日でも祝日でもかまいません

52,000円もしたはずの往復チケットが、なんと、24,000円相当になるワケです。サイフの中のお金が、何もしないのに2.16倍に増えたのと同じですね。これはかなり嬉しいです。

それも現金による購入ではなく、元手はタダの「マイル」からの交換で、この高額チケットが手に入ってしまうのです。

冷静に考えて、すごくないですか?

もちろん、海外ではなく沖縄や北海道への旅行でもいいですし、毎年の帰省に使ってもいいわけです。自分のお金を全く使わずに、毎年このチケットが得られるというのはすごいメリットです。

必要なのは、たった2つのアイテムだけ

とても長い前フリでしたが(汗)、ここでようやく登場するのが、さきほど少しだけ触れた、エクストリームカードです。

エクストリームカードというのは、おトクカードを次々にリリースしているジャックスカードが発行するクレジットカードです。

そしてもう一つは、ソラチカカード。

JCBが、ANAや東京メトロとタッグを組んで出しているクレジットカードですね。

このエクストリームカードとソラチカカードを合わせて、ほんの少し工夫するだけで、あれよあれよというまに、とんでもない還元率で、ANAマイルをGETすることができるんです。

まさに裏ワザとはこのことです。

詳しくは、↓↓↓↓↓の記事にくわしく書いておきましたので、このノウハウを使って、どんどん無料の海外旅行に行っちゃってくださいね!

エクストリームカードは陸マイラーにとって最強すぎる裏口カードだ