ゴールドカードが欲しい。でもまだ20代だし…

三井住友プライムゴールドカードは、20代専用のゴールドカードです。

まだ20代だし、早いんじゃないか…と思われる向きもあるかもしれません。

でも、いいじゃないですか。

若い人が持ってるゴールドカード、カッコイイですよ。

案外コストも大したことないんですよ。

一般の方はゴールドカードといえば、毎月何万円も会費がかかる…なんて思い込んでいる方も結構おられますが、全然そんなことはないんです。

まず、初年度の年会費は無料。

次年度からも、形式的には年に5,000円+税ですが、紙の明細書をWEB明細書だけにすることに変更して、マイ・ペイすリボの登録をすれば、年会費はなんと1,500円(税別)に割引されます。

安いでしょ?

マイ・ペイすリボはリボ払いのことですが、例えば99万円以上の支払いの時だけリボ払いにする、のように設定しておけば、リボになることもありませんから、金利もかかりません。

裏返していば、年にたったの1,500円、月あたり125円で、羽振りがよく、きっぷの良さそうなイケている若者に見えてしまうんです。

いやー、安い安い。

安いけど、カードの実力はどうなのよ

見てくれだけじゃないですよ。

カードの実力だってナカナカのものです。

空港ラウンジサービスにはじまり、高級旅館・ホテルの宿泊プランが優待価格で利用でき、国内・海外旅行傷害保険に至っては、最高5,000万円もかかっています。

最高300万円のショッピング補償に加え、通常のカードの2倍のボーナスポイントをもらえ、ゴールドカードの更新時には、継続サンクスポイントとしてドカンとまたもらえます。

更にスゴイのは、全国の主要都市にある約80件の一流レストランで2名以上で利用した場合、会員1名分が無料になるクーポンがもらえます。一流レストランの1名分の食事代って、余裕で1,500円は超えると思うんですが…

これだけのためにプライムゴールドカードにしてもいいくらいです。彼女や奥さんを連れて行ったら、あなたの株が上がりますよ。

紛失、盗難時のサポートがすばらしい

失くしたって、盗られたって、24時間365日、サポートデスクが助けてくれます。

これが、サポートの悪い某カード会社だったら…(以下略

驚異の拡張性

三井住友VISA プライムゴールドカードは、カードの決済、補償、保険という基本機能が非常に充実しており、ETCや電子マネー、家族カードを自由自在に付加できる設計になっています。

だから、歳を重ねていくうちに、テクノロジーが進歩し、ETCや電子マネーの流行が買わたり、家族が増えたりしても、付加的な部分だけを加えたり、外したりすればいいだけなので管理が極めてラクです。

これって、実は相当大事なことなんですよ。

オールインワンタイプだと、何か一つの機能を交換したいと思ったら、カード本体ごと変えないといけなくなります。

カード本体を変えればカード番号も変わるので、色んな支払先のカード番号登録をすべて買えなければなりません。

メチャメチャ大変です。

ですから、三井住友カードのプライムゴールドはこの後に続くゴールドカードとともに、末永く使えるゴールドカードとして、最大級の人気があるのです。

一度しかない人生、一度しかない20代。

上の世界を歩きましょうよ。

たったの年間1,500円、月あたり125円ぽっちで歩けるのだから。

オススメできますよ。本当に。