リクルートカード…こりゃまた、むちゃくちゃ凄いカードが誕生したものです。

何が凄いかって、ベースのポイント還元率が1.2%なんです。

フツーのクレジットカードって、還元率はおおむね0.5%位のものですよ。

それが、いきなり2.4倍です。

還元率だけではありません。

旅行傷害保険は海外、国内ともに最高2000万円もついてます。

これって太っ腹ですよね。

ショピング保険は海外、国内共に年間200万円までかかるし、保険関係のコストパフォーマンスも最高です。

おまけに本会員のカードも家族カードもETCカードも、ぜーんぶ年会費無料で作れてしまいます。

素晴らしすぎです。

ただ、1つだけ弱点があります、というか、ありました。

それは、リクルートカードでたまっていたリクルートポイントは、リクルート関連のサービスでしか使いにくかったのです。

例えば、旅行サイトのじゃらんやクーポンサイトのホットペッパー、ショッピングモールのポンパレやポンパレモール、赤すぐ、オイシックスなどなど。

まあ、今まで楽天やamazonで買っていたものをこれらのサイトで買うように変更すればいいだけの話なんですけど、そこは人間、意外と保守的なもの。

行動パターンはあまり変えたくない方だっているでしょう。

そういう方のために、なんと、リクルートポイントがポンタポイントに交換できるようになったんです。

ポインタポイントはTポイントに次ぐ共通ポイントの一大勢力であり、20,000店以上の加盟店で自由に、現金同様に使えます。

また、ポンタポイントはJALマイルにも等価で交換できますので、ポイント交換時のロスなく、お得にJALの特典航空券をGETすることだってカンタンです。

要するに、1.2%の高還元率で貯めたポイントを使ってマイルを貯め、海外旅行することだってラクラク実現することができるってことです。

ね、ポイントの使い道が、カナリ広がったでしょ?

ちなみに私は陸マイラーなので、ひたすらJALマイルに交換して、あちこち旅行に行ったり、帰省に使ったりしています。

正直、使わない理由はないと思います。

だって、日常生活のあらゆる支出が1.2%オフになるわけですからね。

人間、生きていれば、1年間に何百万円か位は使うでしょ?

計算してみれば…急ぐしかないです。ハイ。