まず、本題に入る前に、とても大切なことをひとつ。

セゾンカードは、「お得度の高い」クレジットカードを次々にラインナップしていることで定評がありますが、特に、以下の3つのどれかに当てはまる方は、さらに一段ハイレベルなお得をGETできます。

いずれかに当てはまる方は、それぞれのリンク先で、これから体験できる「お得」を確認してみてください。

まず、

次に、

それ以外の方は、そのままお進み下さい。

 

さて、2800万人以上の会員数を誇る大手カード会社、クレディセゾンのメインブランド、「セゾンカードインターナショナル」は、攻守そろった、とてもバランスの良いクレジットカードとして、20~30代の女性や主婦層を中心に安定して支持されている、評価の高いカードです。

聞けば、セゾンカード・インターナショナルの入会申し込みをした方のうち約70%が女性だそうで、その支持の高さが伺えます。

さて、このド定番カードですが、せっかく使うわけですから、そのメリットを最大限に活かして使いたいところ。そのためにはどのような使い方がよいでしょうか。

答えはズバリ、このカードをメインカードとして用いる、ということです。

メインカードというのは、その名のとおり、日常の買い物から休日のレジャーまで、生活のすみずみで、ずっと永く使っていくクレジットカードをいいます。

これに対し、自分がその時点でよく行くお店などでの特典が大きく、そのお店でだけ集中的に使い込んでいくカードは、「サブカード」などと呼ばれています。

一般的な方の場合、クレジットカードはメインカード1枚、サブカード1~2枚の、合計2~3枚くらいを持つのが、もっとも使い勝手がよく、管理もラクだと言われています。

そして、セゾンカードインターナショナルは、メインカードとして非常に使いやすいカードとして、人気を永くたもっています。

この人気の理由は、

  1. 年会費が完全に無料で、おサイフにとても優しい点
  2. ポイントシステムは使い勝手が良く、ポイントが貯まりやすい「永久不滅ポイント」である点
  3. 家族カードやETCカードは、発行から年会費まで全て無料だから、家族全体でのクレジットカードの維持コストを完全に0円にできる

このほか、メインカードとして永く利用しやすいように6つのお得を組み込んで設計されていることにあります。以下にその6つのお得を、1つずつ見ていくことにしてみましょう。

年会費は永久に無料

まず、メインカードとして永く使うのに一番大切なのは、「持っているだけで費用がかからないこと」です。

セゾンカード インターナショナルは、ほかの多くのクレジットカードで毎年引き落とされる年会費が全くかかりませんので、安心して、いつも財布の中に入れておくことができます。

特に、ここ数年、クレジットカード各社は収益を安定させるため、年会費が有料のカードを中心に発行していく戦略に切り替えつつあります。

というのも、法律が変わり、クレジットカード会社はカード会員に対して多くの貸し付けができなくなったため、キャッシングサービスで大きな利益を出すことが難しくなってしまったからです(年収の1/3までに制限されました)。

そんな中、セゾンカード インターナショナルは良心的な年会費無料カードの草分けとして、今後もずっと、年会費無料で頑張り続けるということです。

だから、カードを使って支払うときに、金利のかからない「1回払い」をいつも選ぶクセをつけておけば、年会費も金利も一切かからず、キャッシュレスの便利さだけを、ずーっと受け続けることができるワケです。

例えるなら、デキるけど控えめな相棒が、いつもそっとそばにいてくれる感じでしょうか。そんなキャラのセゾンカードインターナショナル、とても良いですよ。

「永久不滅ポイント」だから、有効期限なし!

クレジットカードを用いるメリットとして、キャッシュレス生活ができることの次に大きいのが、買い物や公共料金の支払いのたびに貯まっていくポイントを、好きな商品に交換できるという点です。

ところが、このポイントシステムは意外とクセモノで、たいていのクレジットカードのポイントには有効期限がついています。一番多いのは、有効期限が2年というもので、ほかには1年、3年や、最後にカードを使った日から1年、のようなものあります。

一方、クレジットカードは、その時どきの暮らしぶりの変化により、よく使うカードが一時的に変わることがあります。

たとえば、引っ越しで最寄りのスーパーがイオンになったのでサブカードとしてイオンカードを作ったら、しばらくはそればかり使うようになったけど、2年後にまた引っ越しをすることになり、今度はイオンが近くにないので、前に使っていたメインカードばかり使うように戻った、というようなケースです。

こんなとき、もしメインカードのポイントの有効期限が2年しかなかったら、メインカードに戻ってきた頃には、ずっと前からコツコツためていたポイントが、きれいサッパリ、消えてしまっていることになります。

また、ポイント交換の商品は、交換に必要なポイント数が高いものに良いものが多くあるため、じっくりと腰をすえて貯めることがとても大切です。

それなのに、しばらくの間使わなかっただけで、それまでに頑張って積み上げたポイントが、あっさりとなくなってしまうなんて、どうにも納得できない気持ちになります。

かく言う私も、かつてポイントに有効期限のあるカードを使っていたときに、約2万円相当のポイントをふっ飛ばしてしまった前科があります。あの時の恨みがましい気持ちと言ったら…あー、また思い出した(涙)。

だから、声を大にして言いたいと思います。

ポイントシステムは、有効期限のないものを選びなさい!と。

この点、セゾンカード インターナショナルのポイントシステムは、有効期限が全くない永久不滅ポイントです。少しずつ、コツコツと、長い期間ポイントを貯めて、ぜひともステキな商品と交換して頂きたいと思います。

永久不滅ポイントは、普段の生活でクレジットカードを普通に使っているだけで、いつの間にかたくさん貯まっています。

まるで、忘れていた記念日に、大切な人から、突然大きなプレゼントをもらえたような気持ちになります。

なんだかちょっと、嬉しい気分です。

「永久不滅.com」でポイントが最大30倍に!

永久不滅ポイントのスゴイところは、有効期限がないことにとどまりません。

最近はインターネットでお買い物をすることが増えましたが、そのネットショッピングの際に、「永久不滅.com」というポイントサイトを経由してからお目当てのショッピングサイトに移動し、買い物をすると、その買い物によって増える永久不滅ポイントが、最大で普段の30倍にも跳ね上がります。

もちろん、お目当てのショップが永久不滅.comと提携していなければ意味がありませんが、そこはご安心を。

永久不滅.comは、ポイントサイトとして日本最大級の人気サイトで、その提携サイトは、楽天、amazon、ヤフーショッピング、ヤフーオークション、ベルメゾンネット、ニッセン、ニトリ、DHC、じゃらん、ショップチャンネル、無印良品、アップルストア、セブンネット、ユニクロ、ヤマダ電機などなど、日本を代表するネットショッピングサイトをほぼ網羅しています。その数、530以上。

事実上、ほぼ全てのネットショッピングでポイントをガツン!と増やして貯めることができるんです。

それに、永久不滅.comを経由すると言っても、実際は、「かんたん経由ボタン」という便利ツールを一回だけ設定しておけば、二回目からは経由すら要りません。つまり、実際には、単に買い物するだけで、永久不滅ポイントがザクザク貯まっていくことになるワケです。

そして、ザクザク貯まったポイントは、もちろんステキな商品と交換です。

ほかの人はもうすでにこれを使っているって考えると、なんだかちょっと悔しい気もしてくるくらいです。

正直言って、永久不滅.comは使ったほうがいいですヨ。ほんとに。

ETCカードも、家族カードも、ずっと無料

かつては多かった年会費が無料のETCカードや家族カードも、最近はどんどん減ってきています。クレジットカード各社にとって、安定した収入が永く見込める年会費は、とても大きなメリットがあるからです。

でも、セゾンカード インターナショナルはひと味ちがいます。ETCカードも家族カードも、ずーっと年会費無料。もちろん発行手数料だってかかりません。

よくある並のカードなら、ETCカードは毎年1500円、家族カードも1枚につき毎年1000円程度がかかります。

たとえば将来、ETCカード1枚と、配偶者および子ども1人分で合わせて2枚の家族カードを発行する必要が出てくるとすれば、発行したときから、毎年3500円のコストアップになってしまいます。

ところが、これを避けるために、その時になって初めて別のクレジットカードに変えるとなると、これがなかなか大変です。

カード代金の支払い銀行や公共料金の引き落とし情報の登録、ネットショッピングのクレジットカード情報の登録なども全て書き換えなければなりません。

ハッキリ言ってこれ、めちゃくちゃ面倒くさいです。時間もかなりかかります。私ならイヤです。やりたくないです。

また、それまでに積み上げたポイントも、中途半端なところで貯まるのが止まってしまうことになります。目標にしていたアノ商品までもう少しのところでこんな事態になってしまったら、かなり悔しい気分になるのではないでしょうか。

だからこそ、メインカードとしてはじめに選ぶカードは、イニシャルコストも、ランニングコストも、将来に増えるかもしれないコストも、なるだけ小さくなるように、初めからよく考えて決める必要があるのです。

その点、セゾンカード インターナショナルなら、自分自身の本会員カードも、ETCカードも、家族カードも全て、発行手数料、年会費ともに永久無料です。そう、全部タダなんです。すごくないですか?

クレジットカード業界では、カード会社がカード会員1名を維持するためのコストは、1年あたりおよそ1000円程度であると言われています。カード会社はその固定費用を年会費としてカード会員に請求しているということです。

でも、セゾンカード インターナショナルを発行するクレディセゾンでは、企業努力により、このコストを社内でまかなえるように頑張ってくれています。このような企業努力が、2800万枚(2014年)という、日本でも屈指の発行枚数につながっていると言ってよいでしょう。

繰り返しになりますが、メインカードとして永く使うカードほど、ランニングコストがかからないことがとても大切です。セゾンカード インターナショナルは、この要請をみごとに実現してくれています。

JCBでも、VISAでも、マスターでも、あなた次第

メインカードの要件としてランニングコストの低さと並んで大切なものに、「決済性の高さ」が挙げられます。カンタンに言えば、そのカードがどれだけ多くのお店やショッピングサイトで使うことができるかが重要だということです。

もっとも、日本国内で用いるのなら、JCBか、VISA、マスターのいずれかであれば、ほぼ問題なくどこでも用いることができます。

ちがいは、海外旅行に行ったときの便利さです。

まず、JCBは、主に日本人がよく行く場所では問題なく使えます。特にハワイやグアム、サイパン、韓国、台湾、北京、上海、香港、シンガポール、バンコクなどの日本人が行くようなお店ではたいてい大丈夫です。

また、JCBのカードを持っていれば、世界60ヶ所の主要都市にあるJCBプラザで、日本語によるとても手厚いサポートを受けられます。

英語をはじめ、旅行先での会話が心配な海外旅行中に、このJCBプラザの存在はとても心強いものがあります。JCBプラザを利用するためにJCBブランドを選ぶ人もたくさんいるくらいです。

こうした理由から、日本人であれば、JCBカードは1枚持っていても損はないと思います。

特に、今ならセゾンカード インターナショナルでJCBを選んだ方に、もれなく永久不滅ポイント400ポイント(amazonギフト券なら2000円相当)をプレゼントしてくれるキャンペーンをやっているので、あまり海外旅行はしないし、行くとしても上に挙げたような日本人好みの場所にしか行かないなぁ、というような方は、JCBがベストだろうと思います。

次に、VISAカードですが、これはクレジットカードが使える店なら世界中のほぼどこでも使えます。VISAカードはこの決済性の高さを追求しているカードですので、とにかくどこでも使えることが重要なら、VISAがよいでしょう。特に北米ではVISAが圧倒的です。

また、マスターカードも決済性が高いカードですが、米国のマスターカードがかつてヨーロッパにあったユーロカードを吸収合併して大きくなった経緯もあり、ヨーロッパ方面でとても強いブランドです。ヨーロッパ方面によく旅行される方なら、マスターカードを選ぶのがよいでしょう。

セゾンカードインターナショナルは、この3つの代表的な国際ブランドを、各人の生活スタイルに合わせて選ぶことができる点で、とても気が利いています。

西友、LIVIN、サニーの近くなら、さらにお得

セゾンカード インターナショナルには、まだまだメリットがあります。

というのも、セゾンカード インターナショナルを持っていると、毎月5日、20日の西友、LIVIN、サニーでのお買い物が、無条件で5%オフになるからです。近くに西友やLIVIN、サニーがある方にとって、これはとても嬉しい割引サービスです。

セゾンカードに申し込みして新規入会するだけで、今なら2000円相当をもらえるらしい

セゾンカード インターナショナルでは、期間中にJCBブランドを選んで新規発行を申し込んだ方全員に対し、永久不滅ポイント400ポイント(amazonギフト券なら2000円相当)をプレゼントするキャンペーンを行っています。

どのみちカードを作るなら、お金をもらいながら作れる方が、断然いいですよね。

VISAやマスターを希望する方には適用されませんが、JCBがいいという方は、審査にかかる期間も考えて、余裕をもった早めの時期に申し込みをするのが良いでしょう。