ANAゴールドカードって、たくさんあるけど一体どれがいいんだろう?

かなり多くの方からこの質問をいただきます。

このページにたどり着いたあなたも、「ANAの飛行機によく乗るからANAカードが欲しいんだけど、マイルが一番貯まるヤツがいいし、空港ラウンジも使いたいし、旅行傷害保険も一般カードレベルじゃちょっとねー」と思っていらっしゃいますよね?

そんなあなたが、まず第一の選択肢として考えるべきなのは、お察しの通り、ANAカードの上級版であるANAゴールドカードでしょう。

正解です。

もっとも、冒頭でも触れたとおり、ANAカードというのは、ANAと提携したいろんなクレジットカード会社がそれぞれに発行しているANA提携カード(例えばANA JCBカードやANA VISA/マスターカード、ANAアメックスカードなど)の総称なので、ANAゴールドカードにもいろんな種類があり、サービス内容もそれぞれに異なります。

そこで、このページでは、ANAゴールドカードのオーナーのうち、多くの方がこれを「メインカードとして用いている」というアンケート結果に照らし、「ANAゴールドカードをメインカードとして使うなら、どれが一番いい?」というとてもストレートな問題を解決するため、当研究所が積み重ねてきた知見からみて、もっとも総合力の高いANAゴールドカードのベスト3を選んだ上で、ランキングしました。

その選考にあたっては、ANAゴールドカードで最も大切な、以下の4点を特に重視し、10点満点で採点しました。

  1. ANAマイルの貯まりやすさ(配点2.5点):ANAゴールドカードの価値の中核である、ANAマイルの貯まりやすさが優れていること。
  2. 済性(配点2.5点):ふだんの生活や国内外への旅行中のなるだけ広い場面でカード払いや電子マネー払いができること
  3. 旅行時の便利さ、快適さと補償(配点2.5点):航空機を用いた旅行が、なるだけ利便性に富み、カード保有者にもたらされる様々なベネフィットによって快適になること。
  4. コスト(配点2.5点):そのカードを保持するためにかかるコストが受けられるベネフィットに対して適正以下であること。

この4つの条件で良い評価を得るANAゴールドカードなら、あなたのアクティブな人生における優れたパートナーとして、末永く役立ってくれるでしょう。

以下のANAゴールドカードは、どれをとっても上の条件をしっかり満たしていますので、安心して選んで頂くことができます。

自信を持っておすすめいたします。