三菱UFJデビットは、いま使った分をすぐに銀行口座から引落して支払うことができる、「現金感覚」のカードです。

こういうカードをデビットカードといいますが、デビットカードはクレジットカードのようにある種の「借金」をしながら使っていくのではなく、今使った分の支払いがその場ですべて完了するところに大きな特徴があります。

口座の残高が利用限度額になるので使いすぎる心配が全くなく、とても安全で使いやすいカードだということで、いま、とても注目を浴びています。

その上、現金にはない便利なでおトクな機能がてんこ盛りになってますから、ハッキリ言って現金を持ち歩く理由がなくなってしまうんじゃないか、という気さえしてきますよ。

コンビニでもスーパーでもネットショッピングでも世界でも、どこでも使えてメチャ便利

まず、三菱UFJデビットは、その名のとおりVISAカードやJCBカードの一種ですから、VISAやJCBのもつ、世界中の膨大な加盟店網をフル活用できます。

近所のコンビニやスーパー、飲食店、量販店などに始まり、ネットでのショピングはもちろん、世界中のVISAやJCBの加盟店で支払いに利用することができます。

ひとことで言うと「どこでも使えてメチャ便利」。

これにつきます。

使い方もカンタン

使い方だって、いたってカンタン。

クレジットカードと同じように、支払いの場面でカードを提示して、「一回払いで」というだけ。

あとは暗証番号を入力するかサインをすればそれでおしまい。

スマートに支払いが終わります。

また、さらに便利なことに、三菱UFJデビットはJCBを選べばGoogle Payを使うことができますし、VISAブランドを選べばVisaのタッチ決済を使うことができます。

Google Payの方はアンドロイドスマホでいとも簡単にキャッシュレス決済ができますし、Visaのタッチ決済も、SuicaやICOCA、PASMOと同じように、レジでカードをリーダーにかざすだけ。

暗証番号もサインもいりません。

Google PayやVisaのタッチ決済ができるお店は世界中でドンドン拡大していますから、国内だけでしか使えない交通系の電子マネーでは到底マネできないレベルの快適な使い心地です。

快適すぎて、一度使ったら元にはもう戻れない体になってしまいますよ。

支払いが終わったらすぐに通知が来て安心な上、負債も残らない

冒頭でお話ししたように、三菱UFJデビットで支払いが終わったら、同時にあなたの銀行口座から使った金額が引き落とされ、すぐに利用明細のメールが届くので、クレジットカードのように負債も残らないし、知らないうちに誰かが不正に利用してしまう心配もありません。

なかなかイイでしょ?

やっぱりお金は借りないのが一番ですからね。

また、デビットカードで全ての支払をしていく習慣がつけば、ATMを利用することがほとんどなくなりますから、たまに時間外にATMを使って払わされていたATM利用料なども全くかからなくなります。

こういう見えにくい、細かいコストの節約って、意外と大事なんですよね。

ATM手数料までタダに!

さらに、三菱UFJデビットの利用者は、三菱UFJ銀行のATMを何回使っても無料ですし、セブン銀行、ローソンATM、E.netのATM、ゆうちょATMでも月に2回までは無料ですから、どうしても現金が必要なときでも、たいてい無料で済んじゃうんですけどね。

スバラシイ!

履歴をいつでも確認できるし不正利用も補償されるから安心

さらに安心なのが、お金を使った履歴がいつでもネットで見れること。

自分で家計簿やお小遣い帳を使うのはおっくうで全然続かない方も多いと思いますが、いつも三菱UFJデビットで支払う習慣を身につければ、あなたの経済生活は全部、明細に履歴として残り、スマホやパソコンからいつでも確認できるようになります。

こうなればもう、しめたもの。

あなたは無駄遣いをしなくなるし、計画的にお金を使う習慣も身についていきます。

便利さと合わせて一石二鳥ですね。

海外ATMでの現地通貨の引出しもカンタン

さらに良いことがあります。

例えば海外旅行では、ふだん現金しか使っていない方なら両替をして現金をたくさん持っていくか、クレジットカードを作って持って行くなどの方法を取る必要があります。

でも、三菱UFJデビットさえ持っていれば、海外でもたいていの場面でそのままデビットカードを使った支払いができる上、現金が必要な場面でも、現地のATMから自分の口座にある金額まで現地通貨で引き出すことができるんです。

海外ATMの利用手数料も1回110円(税込)と安く、三菱UFJ銀行の海外事務手数料も取引金額に対して、JCBならJCBが定める基準レート+JCBが指定した料率(1.6%)+海外事務手数料(3.0%)が、VISAならVisaが定める基準レート+海外事務手数料(3.0%)とお安いので、ホントに気軽です。

スゴイでしょ?

キャッシュバックやショッピング補償まで付いているので現金よりもおトク

さらに三菱UFJデビットには現金にない、素晴らしいおトク機能がついています。

ポイント還元やキャッシュバックがうれしい

そう、三菱UFJデビットで支払いをすると、毎月利用した金額のうちの何%かをポイントや現金の形で返してもらえます。

JCBブランドのカードなら1000円(税込)の支払いごとに1Oki Dokiポイント(還元率は交換商品によって0.3~0.5%・キャッシュバックもOK)をもらえ、VISAブランドのカードなら毎月の利用額の0.2%分を自動でキャッシュバックしてもらえます。

その上、JCBのOki Dokiポイントには、もらえるポイントを2倍~20倍にできる特設サイトが用意されていますし、VISAのキャッシュバックにはお誕生日月や前の年の利用金額に応じたキャッシュバック率の上昇もあるなど、大判振る舞いの大還元をしてくれるんです。

ただ、普通に生活をしてお金を使っているだけなのに、無条件で全ての支払いを割引してくれているのと同じですね。

これは現金で使っていたら絶対に受けられない特権です。

保障だってスゴイ

それから、三菱UFJデビットには「ショッピング保険」や「不正利用保障」がついています。

万一、カードが不正利用されてしまったりしたときでも、JCBなら1事故あたり最大500万円まで、VISAなら年間100万円まで補償してくれるんです。

安心ですよね。

こんなことは現金だとあり得ないので、デビットカードを使わない理由はないんじゃないかと思います。

さらに、クレジットカードの国際ブランド企業であるVISAやJCBの方で独自にキャンペーンや優待サービスが催されているときには、もちろんそれによるメリットも受けられますよ。

支払い方法を現金からデビットカードに切り替えただけなのに、おトク感がスゴイでしょ?

15歳以上(中学生を除く)ならOK

それから、ここが大切なところですが、三菱UFJデビットは、信用の供与(つまり借金の性質)がありませんから、未成年の方でも持つことができます。

15歳以上(中学生を除く)であれば大丈夫なので、未成年だけどネットで買い物したい方や、カードの利用方法を覚えるための橋渡しとして使っていくのもいいかもしれませんね。

お子様にお金についての教育をするのってとても難しいですが、三菱UFJデビットなら、お金教育のスタートに活用するカードとして、とてもふさわしいと思いますよ。

発行手続きもカンタン

発行手続きはとてもカンタンです。

三菱UFJ銀行の口座がある方なら今すぐに

まず、三菱UFJ銀行の口座がある方なら、申し込みページから口座番号や必要事項を入力するだけでOKです。

三菱UFJダイレクトから申し込むこともできますよ。

三菱UFJ銀行の口座がない方なら「スマホアプリ」や「テレビ窓口」で口座開設→カードの発行

次に、まだ三菱UFJ銀行の口座を持っていない方は、スマホアプリの「スマート口座開設」でカンタンに申し込みができます。

また、ウェブサイトの申し込みページから事前に受付をしておいて、ご自宅から一番近い三菱UFJ銀行の店頭にある「テレビ窓口」のブースでカンタンに手続きをすることもできます。

テレビ窓口は平日、土曜、祝日も18時まで空いているので忙しい方でも訪れやすいのではないでしょうか。

年会費もおトク

これだけ豊富なメリットが満載なのに、コストはとても安いんですよ。

まず、年会費は税込みで1,100円(税込)なんですが、初年度と23歳以下の方は無料です。

さらに素晴らしいのは、年間10万円以上の利用があれば、翌年の年会費は無料になります。

年間10万円ってことは、月に8,333円です。

普通に生活していれば、月にそれくらいは使いますよね。

三菱UFJデビットはVISAカードやJCBカードと共通の、とんでもなく大きな加盟店網の全てで利用できますから、いつもこのカードで支払う習慣を身につけておけば、この程度の金額は余裕でクリアします。

その結果、年会費なんてほとんど払うことはないことに、あなたはすぐに気づかれるでしょう。

それでもまだ心配だというアナタ。

実は、さらに嬉しいことに、2019年7月1日(月)より、三菱UFJデビットが年会費無料になったそうです。

2019年7月1日から2020年6月30日までに新しく三菱UFJデビットに入会した方は、少なくともそのカードの有効期限である5年間は、年会費を無料にしてもらえるそうです。

その上、その期間は延びる可能性すらあるそうです。

いやー、太っ腹ですね。

5年ですよ、5年。

最低5年間も、確実にタダ。

おトクなこと、この上なし。

万一、5年後に年会費が発生するようになる場合も、ちゃんと予め書面で連絡してくれるそうですから、シレっと課金され始める心配もまるでありません。

やっぱり日本を代表する最大手クラスの財閥企業は一味違いますね。

丁寧なもんです。

 

長々と書いてしまいましたが、三菱UFJデビットはハッキリ言ってデビットカード界のエース級のカードだと思いますよ。

今すぐ作っておいて、損はなし。

自信を持ってイチオシしておきます。