「楽天カードの審査」についてお調べですよね?

楽天カードは還元率1%で年会費が無料、楽天市場で使うとなんと3%にアップ!

ポイントがザクザク貯まる、すさまじくおトクなカードです。

そんなおトクなカードなら、ぜひGETしたい!

しかし、クレジットカードなので誰でも審査に通るわけではありません。

  • 楽天カードは審査が通りやすいって聞いたけどホント・・・?
  • どんな人が審査に落ちるの?
  • 審査に通るためには、なにを気をつければいい?

そんな疑問がわいてきますよね!

そして、楽天カードに限らず、「とにかく審査に通ってカードを持ちたいんだ!」という人もいるでしょう。

ということで、

  • 楽天カードの審査は甘いのか?
  • 審査に落ちる原因
  • 審査に通りやすくする方法
  • ほかのカードと比べて、楽天カードの審査はどうなのか?

など、以下でガッツリお話ししていきます!

楽天カードは審査に通りやすいってホント?

年会費が無料ポイントがザクザク貯まる、おトクな楽天カード。

「楽天カードは審査に通りやすい」と言われているのは有名ですよね。

ですが、ホントなんでしょうか?

結論から言うと、楽天カードの審査自体はフツーですが、貯金額などを考慮して審査してくれそうなのでチャレンジする価値はある!ということです。(^_-)-☆

審査に通るか心配なら、とりあえずチャレンジしてみましょう!

カードで払えるようになると、支払いがラクになる上に、ポイントが勝手に貯まるので超おトク( ´艸`)

貯めたポイントを使うと、実質タダで食事ができたり、商品が買えたりします!

うーん、最高!(笑)

楽天カードの審査について、以下で詳しくお話ししていきますね!

楽天カードの申し込み資格は?

まず、楽天カードの申し込み資格は「18歳以上(高校生を除く)」です。

ほかのクレジットカードでも同じですが、高校生は作れません。

18歳以上という条件だけなので、海外に住んでいる人でも作れますが、受け取りには日本の住所が必要です。

18歳以上であれば未成年も申し込めますが、ほかのカードと同じく、親の同意が必ず必要です。

楽天カードでは、電話で親に確認を取りますよ。

楽天カードは主婦・パート・アルバイトでも申し込める

公式サイトには、申し込み資格については「18歳以上(高校生を除く)」としか書かれていませんが、「主婦・パート・アルバイトの方でも、カードはお申し込みいただけます。」とも書かれています。

さらに、「高校生を除く18歳以上の方であればどなたでもお申し込みいただけます!」とも書いています。

主婦でも申し込めるので、申し込む人に収入がなくても、夫に収入があれば審査に通る可能性はあります。

育休中、産休中で収入が0円という人も、同様です。

また、高校生を除く18歳以上なら誰でも申し込めるので、学生も申し込めます

ほかの条件がないので、外国人や留学生でも申し込めますが、受け取りには日本の住所が必要です。

そして、公式サイトに書かれているように、パートやアルバイトでも申し込みが可能です。

つまり、正社員はもちろんのこと、派遣社員、フリーター、自営業、フリーランスも申し込めます。

審査に通るのか不安になる人が多いシングルマザーやシングルファーザー、さらに、クレジットカードの審査に通りにくいといわれる夜のお仕事(キャバ嬢、水商売など)をされている人でも申し込めますよ!(*^ー゚)

楽天カードの審査は無職でも通る可能性がある?!

まず、無職といっても色々ありますよね。

無職でも年金を受給している人、無職でも家賃収入などがある人、無職・無収入で世帯の収入もない人など。

それぞれ分けてお話ししていきますね。

まず、年金や障害者年金をもらっている人は楽天カードに申し込めます。

年金は収入と見なされるからです。

そして、働いていなくても家賃収入などがある人も、収入があるので問題なく申し込めます。

じつは、楽天カードの申し込み画面には、「お勤め先・学校について」という項目で、「お勤めされている方(家賃収入等含む)」という選択肢が用意されているので、働いていなくても収入があるなら審査に通る可能性はありますよ。

最後に、無職・無収入で世帯の収入もない人ですね。

主婦や学生などは、本人に収入がなくても世帯(夫や親)に収入があれば申し込めますが、世帯に収入がない場合はどうなるのでしょうか?

たとえば、無職・無収入・未婚のケースや、退職後に年金を受給するまで夫婦どちらも収入がないケースなどですね。

どちらも、「無職・無収入・世帯の収入なし」になるわけですが、だからといってコレを理由にすぐに審査に落ちるわけではありません。

貯金額や資産を考慮に入れて、審査してくれる可能性があります。

楽天カードの申し込み画面にある「お勤め先・学校について」という項目では、「お勤めされてない方」という選択肢があり、その後に貯金額を入力する項目もあります。

楽天カードは審査が甘いわけではありませんが、貯金額を入力する項目があることで、貯金額などを考慮してくれることがわかります。

そして、貯金額が多いと返済能力があると見なされるので、審査に通る可能性があります。

退職して年金を受給するまでに時間がある場合でも、カードの代金を支払うのに十分な資産があれば、審査に通る可能性があります。

ただし、貯金の金額が100万円未満だと審査に通る可能性は低いので、ある程度の貯金や資産は必要ですよ。

ちなみに、生活保護を受けている場合は、基本的に無職か、働いていても収入が低いです。

最低限の生活をするために生活保護を受給しているので、返済能力はないとされ、審査には通りません。

楽天カードはブラックリストに載っていても通る?!

ネット上には、「ブラックリストに載って5年経たないうちに楽天カードの審査に通った!」という人がいます。

まず、そもそも「ブラックリストに載る」とは、個人信用情報機関に滞納などのネガティブな情報が登録されることです。

ブラックリストという名前のリストが存在しているわけではないですよ(笑)

個人信用情報機関には、アナタのカード履歴やローンの借り入れ状況なども記録されています。

そして、ネガティブな情報が登録される(ブラックリストに載る)のは、次のような場合です。

  • 携帯の料金や奨学金などを3か月以上滞納した
  • カードの支払いを滞納した
  • 債務整理(任意整理、自己破産、個人再生)を行った

そして、このネガティブな情報は、それぞれ一定の期間が過ぎないと消えてくれません。

カードを発行する場合、カード会社は必ずこの機関に登録されている情報をチェックするので、ネガティブな情報が残っていると審査に通るのは難しくなります。

<ネガティブな情報が登録されている期間>

  • 携帯の料金や奨学金を3か月以上滞納 5年
  • カードの支払いを61日以上、または3か月以上滞納 5年
  • 債務整理 5~10年(任意整理は5年、自己破産と個人再生は5~10年)

ブラックリストに載ると、最低でも5年は消えないことがわかりますよね。

そのため、最低でも5年はカードの審査に通りにくくなります。

「5年経たずに楽天カードの審査に通った!」という人もいますが、楽天カードはクレジットカードなので、当然、審査の際にはブラックリストに載っているかどうかの確認はされています。

ネット上の言葉に踊らされずに、5年経つのを待ってから申し込んだ方がいいですね!

なお、ブラックリストに載ってから、情報が登録される期間を過ぎたら、機関に登録されている情報はすべて消えて「ホワイト(真っ白)」と呼ばれる状態になります。

「機関に情報が何もないと、信用力がない」と考えるカード会社もありますが、楽天カードは20代・30代で「機関に情報が何も登録されていない人(スーパーホワイト)」でも申し込めるといわれています。

さらに、40代・50代のスーパーホワイトも申し込めるといわれているのは、個人信用情報機関の情報のほかに、貯金額や資産、収入なども考慮してくれているからだと思われます。

もちろん、楽天カードの審査が甘いわけではないので、ブラックリストに載っていた人が必ず審査に通るわけではありません。

ですが、申し込みフォームの内容からもわかるように、貯金額や資産なども考慮してくれるようなので、挑戦する価値はあると思います。

審査が不安であれば、情報がすべて消えた後に、携帯の端末代などを分割払い(一括払いではダメ)にすると、機関に新しく情報が登録されるのでオススメですよ。

機関に新しく情報が登録されていると、ホワイトよりも審査に有利になります。

ちなみに、「ブラックリストに載ってるけど、何らかの事情で姓が変わったら審査に通る?」と考える人がいるようですが、下の名前と生年月日でバレる可能性が高いのでやめておきましょうね(^0^;)

楽天カードの審査は甘いのか?

ここまでお話ししたことを踏まえると、おそらく楽天カードの審査の基準は、

  • 返済する能力があるか
  • ブラックリストに入っていないか

の2点だと思われます。

つまり、無職で無収入でも、十分な貯金があれば返済する能力があるので、審査に通る可能性はなくはないでしょう。

そして、ブラックリストに載っていた人でも、最低5年経ってから申し込むと、返済能力があれば審査に通る可能性はあります。

また、ほかのクレジットカードの限度額は下限を10万円とするところが多いのですが、楽天カードは限度額の下限を5万円と低く設定しているカードです。

そのため、カードを発行するハードルはほかのクレジットカードより低いのかもしれません。

そして、よく豪華な入会キャンペーンを宣伝していることから、新しいカード会員の獲得に力を入れているので、審査の基準をゆるくしている可能性もあります。

ただし、審査が甘いわけではないので当然、審査に落ちることもありますよ。

ですが、資産や貯金額などを考慮してくれているようなので、チャレンジする価値は十分にあるといえそうです。

楽天カードの審査の手順

つぎに、楽天カードの審査の手順についてお話ししていきます。

申し込みはとてもカンタンですよ!

楽天カードの審査に必要なものは、特になし!

まず初めに、楽天カードの審査を受けるために必要なものですが、特にありません(笑)

強いて言うなら、楽天会員の登録(無料)が必要ですね。

CMでよく見るように、印鑑・免許証も、申し込み時点では必要ありません。

ネットで登録の手続きができない銀行口座を持っている場合には印鑑は必要ですし、免許証はカードを受け取る際の本人確認に使えますが。

また、申し込みに身分証明書のコピーなどもいりません。

さらに、銀行口座を登録しなくても、カードを発行できます。

しかし、口座の登録をしておかないと、カードの代金はコンビニや金融機関で振り込みしなければいけないので、申し込みと同時に銀行口座も登録しておくのが一番ラクですよ。

できれば、楽天銀行の口座を登録するのがオススメ(*^ー゚)

楽天銀行の口座を登録すると、楽天カードの引き落としがある月は口座の金利が上がりますし、楽天市場での還元率もアップしますよ!

申し込みはカンタン!入力する内容は?

楽天カードは楽天会員でないと申し込めないので、会員でない場合はまず楽天会員の無料登録をします。

そして、楽天カードの申し込みフォームに入力する内容は

  • 名前、性別、生年月日
  • メールアドレス
  • 住所、電話番号
  • 世帯の人数や居住の状況(持ち家か借家か、など)
  • 居住の年数や、住宅ローンまたは家賃の支払いの有無
  • 職業
  • 年間でカードの支払いに充てることができる金額
  • 勤務先(バイト先)の住所と電話番号
  • 他社からの借り入れの有無、借り入れの件数と金額、月々の返済額
  • 自動リボサービスに申し込むか否か
  • カードのキャッシング枠をつけるか

などです。

他社からの借り入れには、

  • 他社カードのキャッシング利用分
  • 消費者金融のカードローン利用分

など、無担保のローン、無担保の貸し付けを記入してくださいね。

次のようなローンは、他社からの借り入れに書かなくて大丈夫です。

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン

免許証を持っている場合は、免許証の番号を入力する欄もあります。

申し込みはカンタンなので、5~10分くらいで終わりますよ!

楽天カードの審査の流れ

楽天カードの審査に限らず、クレジットカードの審査は主に次の2つです。

  • 機械による自動審査
  • 機械による審査に引っ掛かると、人の手による審査

機械による審査では、申し込みフォームに記入した個人情報をそれぞれ点数化し、その得点の合計で発行するかどうかを自動的に決めています。

職業や収入、勤続年数、持ち家か借家か、などですね。

もちろん年齢によってはそもそも不可能なものもある(20代で持ち家など)ので、年齢もちゃんと考慮されていますよ(^_-)

また、申し込み時に入力した個人情報だけでなく、過去のカード履歴なども確認されます。

さきほど、「楽天カードはブラックリストに載っていても通る?!」でもお話ししましたが、カードの審査の際には、個人信用情報機関というところに問い合わせて、登録されている情報をチェックします。

過去にアナタが発行したクレジットカードの枚数やカード履歴、借金などがすべて分かるようになっていますよ。

そして、機械によって出された点数と、カード履歴などに問題がなければ審査に通過します。

楽天カードでは、ほとんどの場合、機械の審査だけで終わるので審査が早いといわれています。

もし、機械によって出された点数が低い場合や、カード履歴に問題がある場合は、人の手で審査が行われます。

その場合、本人や職場に在籍確認の電話がかかってくることもありますが、楽天カードでは電話がかかってくることはほとんどないので、そこまで心配は要りませんよ。

楽天カードの審査で在籍確認されるのは、どんな場合?

電話がかかってくることはほとんどないとお伝えしましたが、電話がかかってくることもあります。

本人確認の電話番号は 092-303-5950が多いようですよ。

電話がかかってくる場合は、「楽天カードです」とは名乗らず、個人名を名乗るので、もし職場にかかってきても心配は要りませんね。

そして、ここで知りたいのは「電話がくるのはどんな場合か」ですよね?

できれば、電話がない方がうれしいですからね・・・(;・∀・)

電話がかかってくる原因をまとめてみました。

  • 記入ミスがあった
  • 転職した
  • スーパーホワイト
  • 申込者が未成年

記入ミスがあれば、本人に電話で確認するしかありませんから、仕方ないですね・・・(^_^;

つぎに、転職後に楽天カードの審査を受けて電話がかかってくるのは、すでに別のカードを持っている場合などですね。

審査の際は、個人信用情報機関に登録されている情報がチェックされるとお伝えしていますが、機関にはカード履歴だけでなく、住所や勤務先などの情報も登録されています。

転職すると、楽天カードを申し込んだときに入力した勤務先の情報と、機関に登録されている情報が違うので、新しい職場に在籍確認の電話がかかってくることがあります。

そして、さきほどお話しの中でチラッと登場した「スーパーホワイト」ですが、個人信用情報機関に何の情報も登録されていない状態や人のことをいいます。

いままでに一度もクレジットカードを作ったことがなく、ローンもなく、携帯の端末代などを分割払いで支払った経験もない人は、機関に何の情報も登録されていません。

そのため、カード会社としては審査にOKを出すか判断に迷って、電話をかけてくることがあります。

ちなみに、さきほども言いましたが、携帯の端末代などを分割払い(一括払いはダメ)にすると、その支払い履歴は機関に登録されるので、スーパーホワイトではなくなりますよ。

そして、申込者が未成年の場合、親権者の同意があるかどうかの確認は必ず行われ、楽天カードでは電話で親に確認します。

この4つを気をつけると、電話がかかってくる可能性は低くなりますよ!

審査にかかる時間は、最短で数分!

カードの申し込みをしてから、審査して発行完了のメールが届くまで、最短で数分です(笑)

早すぎてヤバい(*゚д゚*)

平日(営業日)に申し込むと、その日の内に審査が終わる場合がほとんどで、審査にかかる時間は5~6時間が多いようですね。

楽天カードの審査が行われるのは、営業時間内の9時半から17時半までなので、17時半以降に申し込むと、審査の結果が届くのは早くても翌日になります。

そのため、土日・祝日など休みの日に申し込んでも、結果が届くのは早くても休み明けです。

ゴールデンウイークなどの長期休みでも申し込み自体はできますが、同じように、審査が行われるのは休みが明けてからになります。

休みの日に申し込んでも、ほとんどの場合、審査は数日で終わります。

しかし、審査に1週間以上の時間がかかる場合もあります。

審査に時間がかかる原因は?

早い人だと数分で審査が終わる楽天カードですが、人によっては審査に1週間以上の時間がかかることも。

なぜこんなに時間がかかるのでしょうか?

審査が長引いていると、審査に通る可能性は低そうに思えますが、それだけ時間をかけて審査してくれているということなので、審査に通る可能性はありますよ!(*^ー゚)

機械の審査で出た点数が低く、返済能力や信用力に問題がある場合は、人の手による審査が行われるため、時間がかかってしまいます。

主な原因は4つ。

  • 記入ミス
  • キャッシング枠をつけて申し込んだ
  • クレジットヒストリーに傷がある
  • 40代以上でスーパーホワイト

記入ミスの場合、不審な点などを本人に確認しなければいけないので、時間がかかるのは当然ですね。

また、キャッシング枠をつけて申し込むと、ショッピング枠とは別にキャッシング枠の審査が行われるため、キャッシング枠を0円で申し込んだ場合と比べて、時間がかかります。

そして、クレジットヒストリーとは、個人信用情報機関に登録されているカードやローンの支払い履歴のことです。

「カードの代金を支払い忘れた!」という場合などは、クレジットカードヒストリーに傷がつきます。

クレジットカードヒストリーに傷があると、「申込者を信用していいのか?」とカード会社は悩みますよね。

そのため、審査に時間がかかります。

最後に、スーパーホワイトという言葉は先ほども出てきましたが、クレジットカードやローンなどの履歴が一切ない状態の人です。

もちろん、若い人だとクレジットカードを持ったことがないので、履歴がないのは当たり前です。

そのため、スーパーホワイトだからといって審査に落ちることはありませんが、40代以上になってスーパーホワイトだと、ブラックリストに載っていた人と同じように見えるので、人の手によって審査されます。

ブラックリストについてのお話でも触れましたが、ブラックリストに載ると、その情報は最低5年は個人信用情報機関に保管され、時間が経てば情報が消えて、何の情報もない状態「ホワイト(真っ白)」になります。

そして、カード会社から見ると、スーパーホワイトなのかホワイトなのか見分けがつかないので、審査に時間がかかります。

もし「40代以上でスーパーホワイトかも?!」と心配な人は、携帯の端末代や電化製品などをショッピングローンで分割払いにすると、スーパーホワイトではなくなるのでオススメですよ!

また、この4つの原因以外に時間がかかる理由としては、申込者が多い時期に申し込んでいることが考えられます。

楽天カードは入会キャンペーンをよく行っていますが、期間限定でキャンペーンが豪華になる時期が年に何回かあります。

その時はCMなどでバンバン宣伝されるので、バンバン申し込みがきて、審査に時間がかかることがあります。

楽天カードの審査状況を確認する方法は?

楽天カードの審査の状況は、専用サイトから確認できます。

必要なものは、次の3つだけ。

  • カード申し込み受付ID
  • 生年月日
  • 電話番号

「カード申し込み受付ID」は、カード申し込み受付完了メールに書かれていますよ。

カンタンに確認できますね!

ネットだけでなく、電話で問い合わせることもできますよ。

コンタクトセンター(9時半~17時半)に問い合わせましょう。

電話番号は0570-66-6910です。

こちらが通じない場合は、092-474-6287にかけてくださいね。

どちらもフリーダイヤルではありません。

審査結果はメールで届く

カード発行手続き完了のお知らせ」というメールが届くと、審査は無事に終了です。

審査が終わってからカードが手に入るまで、1週間くらいはかかります。

早いと4日で届いたという人も(*゚ロ゚)

もし、審査の結果を知らせるメールがなかなか届かない場合は、「審査に落ちたから連絡がないのかな?」と思ってしまいますが、メールが来ないからといって審査に落ちたわけではありませんよ。

審査に落ちた場合でも「審査結果をご確認ください」というメールが届くので、のんびりメールが来るのを待ちましょう(笑)

楽天カードの審査に落ちる原因は?

楽天カードは審査に通りやすいカードだと言われていますが、クレジットカードなので審査は当然あり、誰でも審査に通るわけではありません。

楽天カードの審査に落ちた場合、考えられる理由は次の6つです。

  • 虚偽の申告をした
  • ブラックリストに載っている
  • 申し込みブラック
  • 過去6か月以内に審査に落ちている
  • スーパーホワイト
  • 本人確認や在籍確認ができなかった

まず、虚偽の申告は当然すべてアウトです。

すべて正直に記入しましょう。

つぎに、「ブラックリストに載っている」とは、個人信用情報機関に滞納や自己破産などのネガティブな情報が登録されているという意味でしたね。

このような情報が残っている状態で申し込むと、信用力がない、返済能力がないとされ、審査に落ちる可能性は高いです。

そして、申し込みブラックとは、一度に何枚ものクレジットカードに申し込む「多重申し込み」のことです。

一般的に、1か月に3枚以上のカードを申し込むと、お金に困っているとカード会社に思われてしまうので、審査に落ちる可能性が高いです。

じつは、カードの申し込み状況も個人信用情報機関に登録されており、その情報は6か月は消えません。

そのため、審査に落ちてから6か月以内に再度申し込むと、審査に落ちる可能性が高いのでやめましょう。

半年は置いてから、再チャレンジしてください。

そして、先ほどから何回もお話に登場するスーパーホワイトですが、年が中高年なのに個人信用情報機関に情報が何もない人は、ブラックリストに載っていた人と見分けがつかないので、落ちる可能性があります。

しかし、楽天カードなら40代・50代のスーパーホワイトでも申し込めるといわれていますから、再チャレンジすると審査に通る可能性はありますね。

最後に、本人確認や在籍確認ができなかった場合です。

必要があって電話をしているので、電話で確認が取れなかった場合は審査に落ちてしまいます。

職場への在籍確認は本人が電話をとれなくても、「〇〇はただいま外出中で・・・」と同僚がいってくれるだけでも在籍確認にはなりますが、そういったこともせずに電話を切ってしまった場合は在籍確認がとれません。

また、未成年の場合は必ず親権者の同意が必要なので、電話で確認することがありますが、電話で確認が取れなければ、カードを発行することはできません。

電話がかかってくる可能性が高そうなら、あらかじめ周囲に伝えておいた方が安心です。

分割払いやリボ払いの残高に注意

他社のクレジットカードで分割払いやリボ払いの残高が多い人は、審査に落ちる可能性が高くなるので注意してください。

分割払いやリボ払いの残高は限度額に影響しますし、多いと審査には通りにくくなります。

というのも、分割払いやリボ払いの残高が多いと、「年間で請求される予定のカード代金」が多いからです。

少し分かりにくいので、「年間で請求される予定のカード代金」についてお話しする前に、まずは限度額がどうやって決まるのかをお話しします。

そもそも、ショッピング枠の限度額は、アナタがムリなく年間でカード代金として支払える「支払可能見込額」の90%以内に設定しなければいけないと決まっています。

「支払可能見込額」とは、アナタの年収から「生活の維持に必要な費用(法律によって決められている)」と「年間で請求される予定のカード代金」を引いた金額です。

つまり、

  • ショッピング枠の限度額≦「支払可能見込額」×0.9
  • 支払可能見込額=年収ー「生活維持に必要な費用」ー「年間で請求される予定のカード代金」

となります。

分割払いやリボ払いの残高が多いと「年間で請求される予定のカード代金」が多いことになるので、「支払可能見込額」が少なくなり、返済能力がないとされて審査に通らない可能性があります。

「他社カードのリボ払いや分割払いの残高を、申し込み時にカード会社に教えてないから大丈夫!」と思うのは間違いですよ。

カード会社は個人信用情報機関を通じて、カード発行時にアナタの「年間で請求される予定のカード代金」をチェックすることができますから。

そして、「支払可能見込額」を超えた限度額を設定することはできないので、「年間で請求される予定のカード代金」がかなり多いと、そもそもカードを発行することができません。

ちなみに、収入がない主婦や学生は、この計算式をそのまま当てはめるとカードが作れなさそうですが、夫や親の収入と合算して計算できるので安心してくださいね(*^ー゚)

また、限度額が30万円未満は原則として「支払可能見込額」を調査する義務は免除されるので、収入が少ない人でも大丈夫ですよ。

収入にもよりますが、「年間で請求される予定のカード代金」が毎月数万円など、生活を圧迫するほどでなければ審査に通る可能性は高いです。

リボ払いや分割払いの残高が多くて心配な人は、減らしてから申し込みましょう。

審査に他社借り入れ額は影響する?

キャッシングや消費者金融のカードローンなど、他社の借り入れがある場合、審査に影響するか不安ですよね。

借り入れがあるからといって、すぐに審査に落ちることはありません。

しかし、収入に対して借り入れ額の割合が多いと、返済能力という点で、審査に通るのは難しくなります。

そして、他社借り入れ額は、キャッシング枠の審査で重要な「総量規制」という規制に関係します。

総量規制とは、「カード会社のキャッシングや消費者金融で借りられるお金は合計で、年収の3分の1まで」という決まりです。

年収の3分の1以上は借り入れできません。

総量規制の対象は、クレジットカードのキャッシング枠や消費者金融のカードローンで、クレジットカードのショッピング枠や住宅ローンなどは含まれません。

キャッシング枠を使っていなかったとしても、その分も含めて合計の借り入れ額を計算して年収の3分の1を超えていないか確認するので、使っていないならキャッシング枠を0円に変更しておいた方が良いですよ。

ちなみに、「他社借り入れ額を正確に書かなかったら、バレないんじゃない?」と思う人がいるかもしれませんが、間違いですよ。

個人信用情報機関に借り入れ状況は記録されているので、フツーにバレます。

審査が心配な人は、借り入れ額を減らしてから申し込みましょう。

キャッシングが不要な場合は、キャッシング枠を0円にして申し込むといいですね。

楽天カードの審査に通りやすくする方法は?

これまでのことを踏まえると、楽天カードの審査を通りやすくするには、

  • 虚偽の申告をしない
  • キャッシング枠を0円にして申し込む
  • 一度に何枚も申し込まない
  • 滞納などはしないようにする
  • ブラックリストに載ったら、最低5年経ってから申し込む
  • リボ払いや分割払いの残高を減らす
  • キャッシングやカードローンの借り入れを減らす

を気をつけましょう。

キャッシングやカードローンなどの借り入れは審査に不利になりますが、住宅ローンや自動車ローンがある場合は逆にプラスになりますよ。

それらのローン審査に通るだけの信用力があると見られるからです。

そして、次の2つも気をつけると、審査に通りやすくなります。

  • 居住の年数や勤続年数は長い方がいい
  • 複数の電話番号を記入する(あれば)

住んでいる年数が長いと、すぐに引っ越す可能性は低いので、審査での評価は高くなります。

夜逃げされないという意味で、です(^0^;)

つぎに、勤続年数が長いと収入が安定しており、今後も収入が増えていくと考えられるため、審査では重視されます。

そして、電話番号ですが、複数あるとそれだけ連絡が取れる可能性が上がりますよね。

なにかトラブルがあった場合、電話で連絡を取るので。

固定電話がある人は、携帯電話と固定電話どちらの番号も書くと、審査に通りやすくなりますよ(^_-)

楽天カードの審査の噂を検証!スナイパーでも審査に通る?!

楽天カードの審査には、いくつか噂があるのをご存知でしょうか?

ウソでしょ?と思うようなものまでありますが、ここで検証していきましょう!

審査に楽天会員ランクや楽天銀行の残高が関係する?

「楽天市場をよく利用している(楽天会員ランクが高い)場合や、楽天銀行の口座の残高が多いと、楽天カードの審査に通りやすい」という噂があります。

自社のサービスを使ってくれる人を、少し優遇するというカード会社もありますが、楽天カードの場合はどうなのでしょうか?

楽天カードと楽天市場などは同じグループ会社でも別の会社なので、楽天カードが楽天市場とそこまで個人情報を共有できるかについては、少々難しいですよね・・・(;´・ω・)

しかし、ここで少し話は変わりますが、基本的に招待制である楽天ブラックカードは、なんと楽天カードを持っていない人でも招待が届くことが過去にありました。

なぜ楽天カード会員でもない人に、いきなりブラックカードの招待状が届いたのでしょうか?

招待状が届いたのは、楽天銀行の口座の残高が3,000万円以上の人や、楽天市場・楽天トラベルなどの楽天サービスを頻繁に利用していた人です。

この点を考えると、楽天カードと楽天サービスは無関係とは言い難いですよね・・・(;’∀’)

そのため、楽天会員のランクをプラチナかダイヤモンドに上げてから申し込むか、口座の残高を増やしてから申し込むと、気休めにはなるかもしれません。

審査に落ちるはずの人が、そうしたことによって審査に通るということはありませんが・・・

申し込み時にリボお支払いコースを選択すると審査に通りやすい?

申し込みの際に、自動的にリボ払いになる「リボお支払いコース」を選択して申し込むと、審査に通りやすくなるという噂があります。

リボ払いには手数料がかかるので、「リボお支払いコース」を選択するとカード会社の利益は増えますよね。

「利益をもたらす客だとカード会社に思わせることで、審査に有利になるんじゃないか?」という理屈からですが、審査に有利になるのでしょうか?

ちょっと想像してみてください。

他社カードでもリボ払いを利用している人が、楽天カードでもリボお支払いコースで申し込むと、逆に「返済能力は大丈夫か?」とカード会社としては不安になりませんか?

リボ払いを利用したことがない人がリボお支払いコースで申し込むと、カード会社にとってはうれしいですが、その場合はわざわざリボ払いにしなくても審査には通りそうですよね・・・(-_-;)

リボお支払いコースで申し込むのは、あまり意味がなさそうですね・・・

スナイパーでも審査に通るってさすがにウソでしょ?

「職業がスナイパーでも閻魔大王でも、楽天カードの審査には通る」という噂がありますが、これはウソですね。

そもそもウソの申告をすると審査に落ちるので、職業にこれらのネタを書いたらアウトです。

楽天カードの公式Twitterにも、「いたずら心満載で面白いですが、残念ながらカード発行には至りません」と書かれています。

いたずら心満載・・・(笑)

公式Twitterに書くということは、それだけ「スナイパーでも審査に通る説」を信じている人が多いんでしょうねw

楽天カードの限度額を増額する場合、審査はある?

楽天カードの限度額を増額したい場合、審査があります。

審査に通れば増額できますよ。

ただし、カード発行時の審査よりも厳しくなります。

限度額を引き上げたい場合

楽天カードのショッピング枠とキャッシング枠の限度額を引き上げたい場合は、審査に通る必要があります。

ショッピング枠とキャッシング枠の増額の申し込みは、どちらも楽天カード会員専用サイト「楽天e-NAVI」の「ご利用可能枠の増枠」から申し込めます。

増額するには、次のような条件があります。

  • カードを発行してから6か月以上経っている
  • 過去に限度額を変更した場合は、その実施から6か月以上経っている

キャッシングの場合は、さらに次の条件が追加されます。

  • 口座振り替えで支払っている人

キャッシングの場合は、収入証明書が必要になることもあります。

一時的に限度額を引き上げたい場合

楽天カードは、ショッピング1回払い(一括払い)の限度額を一時的に増やすことができます。

会員専用サイト「楽天e-NAVI」の「ご利用可能枠の一時的な増枠」から手続きしてください。

審査の結果は、長くかかっても、申し込みから2日後の昼12時までには分かるようになっています。

審査に通っていれば、楽天e-NAVIの「ご利用可能額の照会」画面で、限度額が変更されていることを確認できます。

審査の結果によっては、増額されずに現状をキープしたままの場合や、カードの利用が停止される場合もあります。

審査でOKが出れば、審査が終わってから2か月間は限度額が増えた状態ですが、2か月経ったあとは自動的にもとの限度額に戻ります。

分割払いやリボ払いの限度額を引き上げたい場合

楽天カードは、分割払いやリボ払いの限度額も増やすことができます。

こちらは会員サイト「楽天e-NAVI」ではなく、電話のみで受け付けています。

コンタクトセンター(0570-66-6910または、092-474-6287)で、9時半から17時半まで対応していますよ。

審査を受けるには、次のような条件があります。

  • カードを発行してから6か月以上経っている
  • 過去に増額や減額した場合は、その実施から6か月以上経っている

審査の結果によっては、増額できることもあれば、減額やカードの利用が停止になることもあります。

楽天カードの追加カードも審査はある?

楽天カードでは、国際ブランドVISAの楽天カードを持っていると、違う国際ブランドで2枚目の楽天カードを発行することができます。

つまり、2枚持ちが可能です。

この2枚目については、ほぼ審査はないといわれてるため、すでに1枚目のVISAの楽天カードを持っているなら、すぐに2枚目の楽天カードを発行できます。

そして、追加カードといえばETCカード家族カードですが、すでに楽天カードを持っている場合はどちらも基本的に審査なしで発行できます。

ETCカードの発行に審査はありませんが、発行時にカード履歴がチェックされることもあるので、滞納している場合などは、楽天カードが没収される可能性はあります。

また、家族カードは楽天カードを持っている人(本会員)の信用をもとに発行されるので、本会員のカード履歴がチェックされます。

本会員が滞納などをしていない場合は、問題なく発行できますよ(^_-)-☆

楽天カードの切り替えでも審査はある?

楽天カードは次のようなカードに切り替えることができますが、その場合も審査はあります。

  • 楽天Edy機能付きカード
  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天プレミアムカード

楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードは、いきなり申し込むより、楽天カードから切り替えた方が審査に通る可能性は高いです。

楽天カードを利用した実績があるためです。

とくに、スーパーホワイトの人がいきなりゴールドカードやプレミアムカードを申し込んでも審査に通るのは厳しいですね。

楽天カードを使い続けていると、上位カード(ゴールドカードやプレミアムカード)への招待状(インビテーション)が届くことがあるので、それを待った方が審査に通る可能性は上がります。

しかし、招待状が届いたからといって、審査がないわけではありません。

楽天ブラックカードの招待状をもらった場合も、審査はあります。

審査はありますが、返済能力があるとカード会社から信用されているから招待状が届いたので、審査に通る可能性は高いですね( ´艸`)

楽天カードの切り替えは、このようにアップグレードもできますが、ランクが上のカードから下のカードにダウングレードすることもできます。

ダウングレードする場合でも、審査はあり、限度額も変更になります。

そして、楽天カードを楽天銀行カードに切り替えたい場合は、ほかのカードのようにそのまま切り替えることはできません。

楽天カードをいったん解約してから、楽天銀行カードに申し込む必要があります。

その際にも、もちろん審査があります。

逆に、楽天銀行カードを解約して楽天カードに申し込むこともできますが、同じく審査があります。

そのほか、楽天カードを名義の変更などで作り直す場合にも審査はあります。

紛失や不正利用などで再発行する場合にも審査があるので、新しいカードにする場合、審査はあると覚えておきましょう。

楽天カードの審査に関するよくある質問

ここからは、楽天カードの審査に関するよくある質問についてお話ししていきます!

楽天カードの審査に一度落ちたら、もう申し込めないの?

楽天カードの審査に一度落ちたからといって、申し込めなくなるわけではありません。

再度申し込めますが、落ちてから半年は申し込まないようにしましょう。

申し込みをしたという情報は、個人信用情報機関に6か月は保管されているので、落ちてから半年経たずに申し込んでもまた落ちる可能性が高いです。

カード履歴が何もないスーパーホワイトだと心当たりがある場合は、スマホや電化製品を分割払いで支払うと、それだけで審査には通りやすくなりますよ!

申し込み時に入力した住所と現住所が違うんだけど、どうなる?

申し込み時に入力した住所と、現住所が違う場合があります。

実家の住所を書いた場合などですね。

現住所は本人確認書類で確認するので、入力した住所と現住所が違う場合、本人であると確認できなくなります。

その場合、「顔写真付きの身分証明書」と、「現住所が書かれている公共料金の支払い領収証」の2つをカード受け取り時に提示すると、カードを無事受け取れます。

顔写真付きの身分証明書とは、次のようなものです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書
  • 特別永住者証明書

公共料金の支払い領収証がない場合は、「社会保険料の領収書」か「納税証明書」などでもOKですよ!

もし証明書などを用意するのが難しいのであれば、コンタクトセンター(0570-66-6910または、092-474-6287 9時半~17時半)に連絡しましょう。

楽天カードは入会後も定期的に審査があるってホント?

楽天カードは、カード会員規約にも書かれているように、カード発行後も、定期・不定期で審査があります。

楽天カードだけでなく、ほかのクレジットカードでも入会後に審査は行われていますが、楽天カードはほかのクレジットカードよりも頻度が多いといわれています。

楽天カードは3か月に1回ほどだといわれていますが、ほかのカードの場合は更新時だけか年に1回くらいですね。

入会後にも審査がある理由は、時間の経過とともに申込者の状況も変わっていくからです。

審査はありますが、正しい使い方をしていれば問題はありません。

滞納しない、不正利用しない、など基本的なことを守りましょう。

もし問題がある場合は、カードの利用が停止されたり、強制的に解約されたりします。

そこで心配になるのが、「入会後の審査の時点で、無職になっている場合はどうなるか?」ですよね。

結論から言うと、入会後の審査で、無職だからと審査に落ちることはほとんどありません。

審査の結果、限度額が下がる可能性はありますが・・・(;´∀`)

入会後の審査では、カードを発行してからのカード履歴が重視され、支払いの遅れなどがないかチェックされます。

そして、無職になったことをそもそもカード会社が把握していないため、無職でも問題ないことが多いようです。

入会後の審査では、個人信用情報機関に登録されているカード履歴から、利用の状況を確認するだけなので、職場に在籍の確認をすることはないからです。

「じゃあ、無職になったことをカード会社に伝えなければOKじゃない?」と思いますよね。

しかし、「会員の情報に変更があった場合はカード会社に申告しなければならない」とカードの規約で決められています。

そのため、無職になったら正直に情報を変更しましょう。

ただし、前の職場を退職した後、すぐに再就職するつもりであれば、わざわざ無職と情報を変更するより、再就職した後に新しい職場の情報を記入するだけで十分だと思いますよ(*^ー゚)

奨学金は審査に影響する?

奨学金を借りている人、奨学金を返済している人はたくさんいると思います。

人によっては奨学金の金額は数百万円にもなるので、クレジットカードの審査に影響しないか心配ですよね(^_^;

結論から言うと、奨学金を借りていること、奨学金を返済していることは審査にまったく影響しません

まず、奨学金を借りているかどうかをカード会社は確認することはできません。

奨学金の有無や金額を、カードを申し込む際に記入する「他社借り入れ」の欄に記入する必要はないので、確認しようがないからです。

「奨学金について書いてないじゃないか!」と、あとからカード会社に文句を言われることもないので安心してくださいね。

ですが、奨学金が審査に影響するケースが1つあります。

それは、奨学金を3か月以上滞納したことがある場合です。

奨学金を3か月以上滞納すると、個人信用情報機関にその情報が登録され、5年間は消えません。

審査では、個人信用情報機関に登録されている情報を必ずチェックするので、その情報が残っている間は審査に通りにくくなります。

楽天カードの審査に家賃は関係ある?

楽天カードの申し込みフォームでは、「家賃や住宅ローンの支払いの有無」を入力する箇所があります。

「なぜ家賃や住宅ローンの支払いの有無を入力するのか?」というと、限度額を決める際に使われるからです。

「分割払いやリボ払いの残高に注意」でもお話ししましたが、ショッピング枠の限度額は、アナタがムリなく年間でカード代金として支払える「支払可能見込額」の90%以内です。

支払可能見込額の計算は、

年収ー「生活維持に必要な費用」ー「年間で請求される予定のカード代金」

でしたね。

この「生活維持に必要な費用」は法律によって決められていますが、その金額は世帯の人数や、家賃や住宅ローンの支払いの有無などによって異なります。

そして、当然ですが、家賃や住宅ローンの支払いがない方が、支払いがある場合に比べて、「生活維持に必要な費用」は低くなります。

「支払可能見込額」が多いほど審査には有利になるので、家賃や住宅ローンの支払いの有無は審査に大いに関係がありますね。

ちなみに、実家暮らしと比べると、一人暮らしは家賃の負担がある分、カードの支払いに使えるお金は減ることになるので、実家暮らしの方が審査では有利になりますよ。

転職した直後の審査は厳しい?

勤続年数はクレジットカードの審査で重視されているとお話ししましたね。

勤続年数が長いと、安定した収入があり、今後も収入が増えていくと考えられるからです。

そのため、「転職した直後はクレジットカードの審査は不利になる」といわれていますが、楽天カードの場合はどうなのでしょうか?

楽天カードでも勤続年数は審査の対象になりますが、カード履歴に問題がなければ審査に通る可能性は高いです。

もし心配であれば、転職してから半年以上経ったあとに申し込む方が、審査に通る可能性は高くなりますよ。

しかし、楽天カードを作る予定があるのであれば、転職前に作っておくのが一番オススメです。

転職すると、個人信用情報機関に登録されている勤務先の情報と、申し込み時に記入した情報が違うので、新しい職場に在籍確認の電話がある可能性もありますからね(^^;)

また、転職の回数が増えれば増えるほど、収入は不安定になっていくとみなされるので、審査には不利になりますよ。

カードの支払い遅れが1回でもあると審査に影響する?

クレジットカードを使っていると、「うっかり口座に入金し忘れて、支払いできなかった!」ということがあります。

ワタシなんてもうトシなので、とくに・・・(笑)

1回でも支払い遅れがあると、個人信用情報機関に登録されてしまうのでしょうか?

本来は、たった1日でも支払いが遅れるとカード会社は個人信用情報機関に登録する権利がありますが、実際に登録するかどうかはカード会社によって異なります。

支払い遅れにすぐに気づいて、引き落とし日から数日中に支払いをすれば、機関に情報は登録されないことが多いようです。

うっかり忘れてしまうことはよくあるので、いちいちすべてを機関に登録していてはカード会社も大変ですからね・・・(;・∀・)

ただし、数日の支払い遅れを何回もやって、悪質と判断されれば機関に情報が登録されます。

情報を登録されたくないなら、支払い遅れがないように気を付けましょう。

楽天カードとどちらが審査に通りやすい?

楽天カードの審査について調べているアナタは、審査に通るかどうか不安なはず。

できれば審査に通りやすいカードを選びたいですよね!

「どちらが審査に通りやすいか?」を比較するのは難しいですが、それぞれのカードで、審査の特徴を比べてみましたよ。

エポスカードの方が通りやすい?

エポスカードは年会費無料で、還元率は0.5%です。

申し込み資格は、「18歳以上の人(高校生は除く)」と楽天カードと変わりません。

そのため、主婦や学生、フリーターやパート、派遣社員などでも申し込めるというのは同じですね。

しかし、エポスカードの申し込み画面には、楽天カードのような「お勤めされてない方」という選択肢はなく、無職の場合は「その他(家事手伝いなど)」を選ぶしかありません。

さらに、年収は記入しますが、貯金額などについては入力する箇所がありません。

そのため、貯金が十分にあるけど収入のない無職の人には、楽天カードの方が向いていますね!

ヤフーカードの方が通りやすい?

つぎに、Yahoo!Japanカード(ヤフーカード)です。

年会費無料で、還元率が1%のカードです。

公式サイトで、申し込み条件は「主婦や学生でも、18歳以上で安定した継続収入があればお申し込みは可能(高校生は除く)」と書かれています。

主婦や学生の場合は、本人に安定した収入がなくてもOKです。

条件に「安定した継続収入」と書かれているので、フリーターやアルバイトでも、継続して収入を得ていれば申し込めますね。

逆に、無職やニートの場合は難しいですね・・・

収入が低くても継続的に収入があるならヤフーカードでもいいですが、収入がなくて貯金がある場合は楽天カードの方が良いですね!

セゾンカードの方が通りやすい?

クレディセゾンが発行するカードをまとめて「セゾンカード」と言います。

セゾンカードは永久不滅ポイントが貯まるカードで、セゾンカードインターナショナルや三井ショッピングパークカードなど、たくさんの種類があります。

たとえば、セゾンカードインターナショナルの申し込み資格は「18歳以上で連絡可能な方」です。

そして、「主婦・パート・アルバイト・学生・年金受給者の方も受付中。」とも書かれています。

ここまでは楽天カードとほとんど同じですが、セゾンカードは少し変わった基準で審査しているといわれています。

それは、発行後にカードを使ってくれるかどうか?という基準です。

ほかのカードの審査では高い評価を得るような年収・職業・勤続年数などの人でも、使ってくれそうなら審査に通りやすく、使ってくれなさそうなら審査に通るのは難しくなるようです。

珍しいカードですね・・・

どうやってカードを使ってくれそうかを判断しているのか不思議ですよね?

じつは、すでに持っているカードの数や、過去6か月以内にほかのカードに申し込んでいないか(申し込みの情報は信用機関に6か月保管されるので確認できる)などで判断しているといわれています。

セゾンカードをメインカードにする予定であれば審査に通る可能性は高くなりますが、そうでない場合や、すでに何枚もクレジットカードを持っている場合は楽天カードの方がよさそうですね・・・(;’∀’)

楽天カードの審査の口コミは?

楽天カードの審査に関する口コミを集めてみました!

  • 楽天カードは審査がとにかく早い
  • 個人事業主でもすぐに発行された
  • 債務整理の情報が信用機関から消えた後、1枚目に楽天カードに申し込んだら通った!
  • 30代・40代のスーパーホワイトだけど、審査に通った
  • 楽天カードの切り替えの審査は1時間かからなかった
  • 国際ブランドを変えるために解約してから再申し込みしたが、審査に通った
  • 楽天カードの審査に落ちた原因は、楽天銀行カードを持っていたからだった
  • 楽天カードの審査に落ちたけど、原因はたぶん申し込みブラック・・・

今まで滞納などの問題がなく、何らかの収入がある人なら、問題なく審査に通る人が多いようです!

そして、ブラックリストに載った人であっても、情報が消えた後に楽天カードに申し込むと通る可能性はありますね。

スバラシイ!( ´艸`)

楽天カードの審査に落ちた人は、「楽天カードの審査に落ちる原因」でお話しした原因のどれかに当てはまっているようです。

楽天カードの審査の難易度は?

楽天カードの申し込み資格や、楽天カードの審査に落ちる原因、口コミなどから判断すると、楽天カードの審査自体は甘くないが、資産や貯金額を考慮して審査してくれそうだと分かります。

審査に落ちる可能性もありますが、それだけ考慮してくれるのなら、どんどんチャレンジしていきたいですね!

もちろん、「楽天カードの審査に落ちる原因」でお話しした点には気をつけてくださいね。

ほかのカードと比較しても、貯金額を配慮してくれそうなのは楽天カードなのでおすすめです。

豪華な入会キャンペーンを見逃すな!

そんな楽天カードですが、審査をクリアして、ポイントがザクザク貯まるウハウハ生活を送る前に!

さらにウハウハになれる方法を知っておきませんか?(笑)

じつは今、豪華な入会キャンペーンが開催されています。

キャンペーン開催中に申し込むだけで、ポイントが大量にもらえるので、もはやタダでお金をGETするようなもの!

しかも、エントリーは必要ないので、誰でもカンタンにポイントがGETできちゃいます!

スバラシイ!(≧∀≦)

つまり、楽天カードをGETするだけで、さらにお小遣いまでGETできます!

すごくないですか?

すさまじくおトクですけど、すぐに申し込んでおかないとメチャ損するかもしれないです(;゚ロ゚)

なぜなら、キャンペーンがいつ終わるのかは公開されていないからです!

急に終わることも考えられますから、なるべく早くもらっておくべきだと思うのですよ。

気づいたらキャンペーンが終わってた、じゃ悲しすぎますし(・_・、)

お小遣い、すぐにGETしちゃってくださいね!

(参考)楽天カードのキャンペーン